メインメニューを開く

概説編集

同じ富士五湖の西湖、本栖湖と同一の水脈を有しているので水面標高も同じく約900mで、湖水の水位が連動する傾向がある。最大水深は15.2mで河口湖と並び3番目の深さ。0.5平方キロメートルと五湖中でもっとも湖水面積が狭く、流入河川および流出河川はない。

2013年(平成25年)6月22日、「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」の構成資産(富士山域)の一つとして、世界文化遺産(日本の文化遺産としては13箇所目)に登録された。

成因編集

富士山火山活動によって形成された堰止湖で、本栖湖西湖と同じ水位である。かつては単一の大きな湖(剗の海;せのうみ、「背の海」の意か)であったと考えられている[4]が、富士山溶岩流でまず南西の本栖湖と分断され、『日本三代実録』に拠る864年(貞観6年)の貞観大噴火の溶岩流によって西湖と分断された。この際には、溶岩流が湖水と接触したことによって水蒸気爆発が起こり、半円形のクレーターが形成されている(地図[5]

名前の由来編集

精進湖という湖名は、富士参詣者が湖で沐浴して精進潔斎したことに由来する説や、(かつての単一湖「せの海」という名称も関連し)富士の背にあたることから「背地」(せのち)と呼ばれたとする説[6]がある(『甲斐国志』による)。

水質と生物相編集

栄養湖プランクトンが多く、湖色も緑色。1930年代の調査でも富栄養化していた[7]がそれ以降も富栄養化は進行している[8]ため、透明度は3m程度で有る。赤潮が発生することもある[9]ヘラブナワカサギブラックバス[10]タニシなどが生息している。

周辺編集

右岸には、甲府から右左口宿を経て駿河国へ至る軍用道路である中道往還(現国道139号)が通る。 精進湖北側から見る富士山は手前に大室山を配しているため、「子抱き富士」とも呼ばれる。前景は青木ヶ原樹海であり、樹海の中に中道往還国道139号)が走っているため、精進湖北側から望む富士山は手前に建造物がなく樹海の緑に覆われ、絶景である。

かつては湖北部に集落があったが、西湖で増水による被害が発生したのを受け、似たような地形にあった集落は、1972年頃に湖南部の中道往還国道139号)沿いの青木ヶ原樹海内に移住し、新居住地は移住地と呼ばれている。移住地には民宿が点在している。

中世の精進湖編集

中世には甲斐・駿河間の主要街道のひとつとして中道往還(国道358・139号)が利用された。中道往還は甲府盆地南部の右左口宿から右左口峠を越えて富士北麓に至り、精進湖・本栖湖を経て現在の静岡県富士宮市へ向かう。中世・近世には海産物の利用にも用いられ、女坂峠(阿難坂・精進峠)を抜けて甲府方面へぬける山道は「魚道」と呼ばれた。

観光編集

河口湖や山中湖と異なり開発されていない大自然の絶景地であり、都心から2時間半ほどで行ける。古民家も古くなり、空き家も目立ってきた。その対応として、「The Shoji」を代表するスポットを体験できるフットパスプログラム[11]などが実施されている。

  • 毎年、カヌーの全国大会が開催されている。(ただし2007年佐賀県で開催された。)
  • パノラマ台:子供の足でも1時間ほどで登れる、精進湖と本栖湖の間にある標高1,325mの山。精進湖と本栖湖湖畔からハイキングコース入口があり、山下には本栖湖、精進湖、西湖河口湖が見え、富士山青木ヶ原樹海が一望でき、晴天ならば富士山の横から駿河湾が見え、北西部側には日本アルプスが望める絶景に出会える。
  • 諏訪神社:天井には百人一首が描かれている。
  • 精進の大杉:国の天然記念物で諏訪神社の入口にそびえる別名「千年杉」。御神木とされ高さ45m、根回り13.6m。
  • 遊歩道:青木ヶ原樹海の中を通る東海自然歩道、自然観察路がある。

ジャパン・ショージ JAPAN SHOJI編集

イギリス人のハリー・スチュワート・ホイットウォーズは、1895年富士山が綺麗に見られる避暑地「ジャパン・ショージ」として日本国外に宣伝した。そのため多くの外国人観光客が訪れ、精進湖に当時日本有数の避暑地として「精進湖ホテル」が創業された。

その他編集

2015年12月27日、国際天文学連合の惑星システム命名ワーキンググループ (WGPSN: Working Group for Planetary System Nomenclature) によって、土星衛星タイタンの「湖 (Lacus)」と呼ばれる地形の一つに、精進湖にちなんだ Shoji Lacus という名前が付けられた[12]

関連画像編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 国土地理院 (2015年3月6日). “平成26年全国都道府県市区町村別面積調 湖沼面積 (PDF)”. 2015年3月24日閲覧。
  2. ^ 湖沼の概要 (PDF) 山梨県
  3. ^ 富士箱根伊豆国立公園の区域図 (PDF)”. 環境省. 2012年2月1日閲覧。
  4. ^ 富士五湖の水位変動機構 水工学論文集 Vol.39 (1995) P31-36
  5. ^ 静岡大学 小山真人 - Twitter、2019年8月閲覧
  6. ^ 「セノチ → セウヂ → ショージ」という一種のウ音便は想定できる。cf. ミョウガ
  7. ^ 本栖湖及び精進湖の観測資料 / 1930年頃との比較 陸水学雑誌 Vol.20 (1959) No.3 P97-100
  8. ^ 渡辺仁治:精進湖の富栄養化 日本水処理生物学会誌 Vol.5 (1969) No.1 P8-11
  9. ^ 精進湖で発生した赤潮について 山梨県衛生公害研究所年報 (44), 58-61, 2000]
  10. ^ 山梨県西湖及び精進湖における近年の魚類相の変化と国内外来魚の侵入 野生生物保護 : Wildlife conservation Japan 13(2), 59-66, 2012-05-31
  11. ^ 「精進湖観光協会」「ヤマザキYショップ」「レストランことぶき」
  12. ^ Planetary Names: Lacus, lacūs: Shoji Lacus on Titan”. 国際天文学連合 (2015年12月28日). 2017年1月11日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集