メインメニューを開く

糠平ダム

北海道上士幌町にあるダム

糠平ダム(ぬかびらダム)は、北海道十勝総合振興局河東郡上士幌町にある十勝川水系一級河川音更川中流部に築造されたダム大雪山国立公園内に位置する。

糠平ダム
NukabiraDam1.JPG
所在地 北海道十勝総合振興局
河東郡上士幌 黒石平31-3
位置
河川 十勝川水系音更川
ダム湖 糠平湖
ダム諸元
ダム型式 重力式コンクリートダム
堤高 76.0 m
堤頂長 293.0 m
堤体積 460,000
流域面積 387.8 km²
湛水面積 822 ha
総貯水容量 193,900,000 m³
有効貯水容量 160,500,000 m³
利用目的 発電
事業主体 電源開発
電気事業者 電源開発
発電所名
(認可出力)
糠平発電所
(42,000kW) [1]
施工業者 大林組
着手年/竣工年 1953年/1956年
出典 糠平ダム - ダム便覧
備考 大雪山国立公園
テンプレートを表示
糠平湖
大雪山国立公園に指定されている

概要編集

十勝糠平系電源一貫開発計画の一環で築造され、電源開発が管理を行う発電専用ダムである。水力発電により、道東の重要な電源となっている。

道内3位の湛水面積と4位の貯水量であり、十勝川水系のダムでは首位の湛水面積と貯水量、および3位の堤高である。ダムによって形成された人造湖糠平湖(ぬかびらこ)で、観光地ともなっている(後述)。

糠平湖編集

総貯水容量:193,900,000 m3、湖面標高:520.0m、周囲:33.0km[2]、最大水深:60.0m[2]で天然湖の赴きを呈した人造湖である。ヤマメワカサギが放流され、冬はワカサギ釣りで賑わう。その他に、ニジマスアメマスコイウグイブラウントラウトハナカジカオショロコマ[3]も生息している。

水位が下がると、かつて日本国有鉄道士幌線が通っていたタウシュベツ川橋梁が姿を現す。厳冬期には水面が凍結し、湖底から湧き上がるメタンガスなどの泡が氷中に取り残される「アイスバブル」現象を見ることができる[4]

ギャラリー編集

観光・山岳編集

脚注・出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ 水力発電所一覧 : 電源開発株式会社
  2. ^ a b 糠平ダム・糠平湖展望台 - Ekinavi 北海道観光情報
  3. ^ 『角川日本地名大辞典Ⅰ 北海道 上巻』角川書店、1987年
  4. ^ 雪原に「幻の橋」北海道・糠平湖日本経済新聞』2019年1月31日(社会面)2019年2月7日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集