メインメニューを開く

糸魚川シーサイドバレースキー場

新潟県糸魚川市のスキー場

糸魚川シーサイドバレースキー場(いといがわシーサイドバレースキーじょう)は、新潟県糸魚川市にあるスキー場である。営業日は12月中旬から4月上旬まで。

糸魚川シーサイドバレースキー場
Itoigawa Seaside Valley 2.JPG
所在地 〒949-0554
新潟県糸魚川市大字山口151-1
座標 北緯36度56分29秒
東経137度53分58秒
座標: 北緯36度56分29秒 東経137度53分58秒
標高 740 m / 500 m
(標高差) (240m)
コース数 8本
最長滑走距離 3,000m
最大傾斜 38
索道数 6 本
ウェブサイト 公式ウェブサイト

特色編集

6本のコースで構成される。殆どのコースの平均傾斜が10〜20度くらいであるため、初級者でも簡単に滑走することができる。

長野県と新潟県の県境に位置しているが、糸魚川市街から近い上、新潟県内で最も富山県に近いスキー場であるため、富山県からのスキーヤーも多く訪れる。長野方面からも国道148号を利用すれば短時間で来る事ができる。

ゲレンデ山頂からは日本海が一望でき、天気が良ければ遠く佐渡島まで見る事ができる。海が見えるスキー場としても有名。またゲレンデ前方には日本百名山のひとつでもある雨飾山が見える。

ゲレンデに隣接しているホテル「ホワイトクリフ」には天然温泉が湧き出ている。入浴すると本当に肌がツルツルすることから「美人の湯」という名で知られており、美肌促進に効果があるとされている。一般の客も利用可能で、スキー、ボードを終えた客の多くが「美人の湯」を訪れる。雨飾温泉と共に、地元では有名な温泉。

有名なスキー場ではないが、白馬・富山・上越方面からのアクセスの良さ、ゲレンデが空いていること、温泉があることなどもあって穴場なスキー場として一部スキーヤーの間では有名。

コース編集

コースは大きく2つのエリアに分けられる。第1ゲレンデ、第2ゲレンデ、第3ゲレンデ、明星尾根コースは初〜中級車向け、第5ゲレンデ、第6ゲレンデは中〜上級者向けとなる。それぞれのエリアへ移るには、山頂付近の迂回路を利用する。クロスカントリーコスーもある。

特に第1ゲレンデは、初心者用コースとしては、かなり長いコースとなる。コースが繋がっているところがあり、最長3kmのロングランが楽しめる。

知る人ぞ知る、穴場スキー場という事もあり人が多くない。よって、リフトに並ばなくて済む、ゲレンデを思いっきり滑走できる、練習やレッスンが非常にやりやすい、などといった利点がある。

  • 第1ゲレンデ(滑走距離1600m 平均傾斜15°)
  • 第2ゲレンデ(滑走距離900m  平均傾斜20°)出だしは最高38°で急斜面が楽しめる。急斜面が滑れない初心者のための迂回路(短い林間300m)がある。ボードパークがありスノーボーダーに人気。また深雪コースや未圧雪部分ある。
  • 第3ゲレンデ(滑走距離1200m 平均傾斜21°)
  • 第5ゲレンデ(滑走距離750m  平均傾斜16°)
  • 第6ゲレンデ(滑走距離800m  平均傾斜20°)
  • 明星尾根コース(滑走距離950m  平均傾斜16°)
  • 第3林間コース(滑走距離1700m 平均傾斜15°)
  • 第5林間コース(滑走距離900m  平均傾斜12°)
  • 第6林間コース(滑走距離900m  平均傾斜12°)

施設編集

  • レストラン
    • リブラ(200人収容 第2ゲレンデ横)
    • アリエル(100人収容 第5,第6ゲレンデ中間)
    • マリンブルー(120人収容 センターハウス前)
    • ホテルホワイトクリフ(100人収容 スキー場横)
  • レンタルショップ
    センターハウス前 
  • ホテル 
    ホワイトクリフ(120名収容)
  • スキー教室
    • 「糸魚川スキー学校」
    • 「オーストリアスキー教室」(NAISG)
  • リフト
    (クワッド4人乗り1本、ペア4本)
  • 駐車場
    (1,000台、無料)

経営編集

1980年にオープンした当初は、地域で数少ないスキー場であり優れた集客力を有していたが、1980年代後半から県境を越えた白馬地域や上越地域のスキー場に圧され始め低迷。隣接する能生町(当時)に、シャルマン火打スキー場が開業すること決まると閉鎖が検討され始めた。このため1998年シーズンから、土地・建物は糸魚川市が所有し、新しい運営会社である株式会社糸魚川シーサイドバレーが使用賃借契約を締結することで存続されることとなった。2005年からは、スキー場に隣接するホテルホワイトクリフに日帰り入浴が可能な温泉をオープン、集客の努力が続けられている。

交通編集

公共交通
糸魚川駅日本海口から糸魚川バス05 根知線」(別所方面)に乗車(所要約50分)[1]。「シーサイドバレースキー場前」下車後すぐ。
北陸自動車道 糸魚川ICから約20分。

周辺編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 糸魚川バス路線図・時刻表”. 頸城自動車. 2019年8月15日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集