メインメニューを開く

紀元前281年は、ローマ暦の年である。

世紀 前4世紀 - 前3世紀 - 前2世紀
十年紀 前300年代 前290年代
前280年代
前270年代 前260年代
前284年 前283年 前282年
紀元前281年
前280年 前279年 前278年

当時は、「ルキウス・アエミリウス・バルブラクィントゥス・マルキウス・ピリップス共和政ローマ執政官に就任した年」として知られていた(もしくは、それほど使われてはいないが、ローマ建国紀元473年)。紀年法として西暦(キリスト紀元)がヨーロッパで広く普及した中世時代初期以降、この年は紀元前281年と表記されるのが一般的となった。

他の紀年法編集

できごと編集

小アジア編集

ギリシア編集

  • セレウコス1世はトラキアを引き継ぎ、続いてマケドニアを攻撃しようとした。しかし、彼はトラキアのリュシマキア付近でプトレマイオス・ケラウノスが仕掛けた罠にはまった。プトレマイオス・ケラウノスはセレウコス1世を殺害し、マケドニア王国を自分のものとした。
  • ピュロスの助言者として仕えていたテッサリア人のシネアスは、ローマ攻撃の失敗の後、ピュロスにイタリア南部の侵略を断念させた。

セレウコス朝編集

  • セレウコス1世の後を継いで、アンティオコス1世がセレウコス朝の王となった。彼はすぐに(恐らくエジプトのプトレマイオス2世に扇動された)シリアでの反乱とアナトリア北部の独立運動に悩まされることとなった。
  • ギリシアにはほとんど地盤がなかったにも関わらず、アンティゴノス2世はマケドニアの王位を主張したが、アンティオコス1世に否定された。

中国編集

  • を攻撃し、石城を陥落させた。
  • 秦の穣侯魏冄が再び丞相となった。
  • とともにを攻撃するべく、まずはを併呑しようと計画した。周の赧王は東周の武公を使者として、楚の令尹の昭子を説得し、計画を取りやめさせた。

誕生編集

死去編集

  • リュシマコス - トラキアとマケドニア王国の王(紀元前360年生)
  • セレウコス1世 - シリア、イラン、セレウコス朝の王(紀元前354年生)

脚注編集

注釈

出典

[ヘルプ]

関連項目編集