メインメニューを開く

紀元前505年(きげんぜんごひゃくごねん)は、西暦ローマ暦)による年。

世紀 前7世紀 - 前6世紀 - 前5世紀
十年紀 前520年代 前510年代
前500年代
前490年代 前480年代
前508年 前507年 前506年
紀元前505年
前504年 前503年 前502年

当時、古代ローマにおいては、「ウォルスストゥベルトゥス共和政ローマ執政官に就任した年」として知られていた。紀元前1世紀共和政ローマ末期以降においてはローマ建国紀元249年とされた。紀年法として西暦(キリスト紀元)がヨーロッパで広く普及した中世時代初期以降、この年は紀元前505年と表記されるのが一般的となった。

他の紀年法編集

できごと編集

共和政ローマ編集

中国編集

  • 軍がに侵攻した隙をついて、が呉を攻撃した。
  • が申包胥の援軍要請を受けて楚を救援し、呉の夫概を沂で破った。
  • 楚の子西が呉軍を軍祥で破った。
  • 楚の子期と秦の子蒲がを滅ぼした。
  • 陽虎が仲梁懐を追放し、公何藐を殺し、季孫斯(季桓子)と盟約して、国内の粛清を敢行した。
  • 楚の昭王に帰還した。
  • 士鞅鮮虞を包囲した。

誕生編集

死去編集

脚注編集

注釈

出典

[ヘルプ]

関連項目編集