メインメニューを開く

紀元前539年(きげんぜんごひゃくさんじゅうきゅうねん)は、西暦ローマ暦)による年。

世紀 前7世紀 - 前6世紀 - 前5世紀
十年紀 前550年代 前540年代
前530年代
前520年代 前510年代
前542年 前541年 前540年
紀元前539年
前538年 前537年 前536年

紀元前1世紀共和政ローマ末期以降の古代ローマにおいては、ローマ建国紀元215年として知られていた。紀年法として西暦(キリスト紀元)がヨーロッパで広く普及した中世時代初期以降、この年は紀元前539年と表記されるのが一般的となった。

目次

他の紀年法編集

できごと編集

中東編集

中国編集

  • の游吉が少姜の葬儀に参列するためにに赴いた。
  • 景公が宰相の晏嬰を晋に使節として派遣した。晏嬰は晋の重臣であった羊舌肸(叔向)と会い、斉の政権がやがては陳氏(田氏)のものになるだろうと述べた[2]
  • 鄭の簡公が晋に赴いた。
  • 晋の韓起(韓宣子)が斉に赴き、少姜に代わる公女を迎えた。子尾(公孫蠆)が公女を自分の娘とすり替えた。
  • の大夫が恵公の寵臣を殺害したため、恵公は斉に亡命した。

死去編集

脚注編集

  1. ^ 堀口「バビロン」『時間都市:時間のポリフォニーとしての都市像』東京電機大学出版局、2003年、181頁。ISBN 4501620005 Google books
  2. ^ 司馬遷. “齊景公”. 史記. 32. "九年,景公使晏嬰之晉,與叔向私語曰:「齊政卒歸田氏。田氏雖無大德,以公權私,有德於民,民愛之。」"  - この予想は、紀元前386年田斉の成立によって現実のものとなった。

関連項目編集