紀元前619年は、西暦ローマ暦)による年。紀元前1世紀共和政ローマ末期以降の古代ローマにおいては、ローマ建国紀元135年として知られていた。紀年法として西暦(キリスト紀元)がヨーロッパで広く普及した中世時代初期以降、この年は紀元前619年と表記されるのが一般的となった。

世紀 前8世紀 - 前7世紀 - 前6世紀
十年紀 前630年代 前620年代
前610年代
前600年代 前590年代
前622年 前621年 前620年
紀元前619年
前618年 前617年 前616年

他の紀年法編集

できごと編集

中国編集

  • 霊公は解揚を派遣して匡・戚の田地をに返還し、公婿池の封土となっていた申から虎牢までの地をに返還した。
  • 軍が晋に侵攻して、武城を奪った。
  • 晋の趙孟との襄仲が衡雍で会合して盟を交わした。
  • の襄夫人が戴氏の族を動員して、孔叔や公孫鍾離や公子卬らを殺害した。司城の蕩意諸は魯に亡命した。
  • 晋で箕鄭父・先都・士縠・梁益耳・蒯得らが反乱を起こした。

誕生編集

死去編集

脚注編集

[脚注の使い方]