メインメニューを開く

紀元1年が、こんなんだったら!?』(原題: Year One)は、2009年アメリカ映画。日本では劇場未公開。したまちコメディ映画祭in台東で初上映された。

紀元1年が、こんなんだったら!?
Year One
監督 ハロルド・ライミス
脚本 ハロルド・ライミス
ジーン・スタプニツキー
リー・アイゼンバーグ
原案 ハロルド・ライミス
製作 ハロルド・ライミス
ジャド・アパトー
クレイトン・タウンゼント
製作総指揮 ロドニー・ロスマン
音楽 セオドア・シャピロ
撮影 アラー・キヴィロ
編集 クレイグ・P・ハーリング
スティーヴ・ウェルチ
配給 アメリカ合衆国の旗 コロンビア映画
公開 アメリカ合衆国の旗 2009年6月19日
上映時間 97分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $60,000,000[1]
興行収入 $60,236,431[1]
テンプレートを表示

目次

ストーリー編集

狩猟と採取で生活している原始人さながらの村で、狩りも満足にできないゼド(ジャック・ブラック)は禁断の果実を食べたことにより追放された。その際に火をつけられて居場所のなくなったオー(マイケル・セラ)も一緒についてくる。途中、2人は弟を殺したカインと一緒になり、さらに大きな町・ソドムにたどり着く。そこは旱魃が続くため神への生贄として処女を捧げる司祭長や、古代ローマを思わせる軍隊の衛兵などがおり、男色もはびこる退廃した町だった。セドはオーと共に司祭長しか入れない禁断の間に入り、その罪で殺されそうになるが、「禁断の間に入っても死ななかった俺は選ばれし者だ」という強弁で町の反乱を招き、司祭長を生贄として火の中に放り込むと雨が降ってくる。町が平和になったのを後に、ゼドとオーは別れを告げて別の町を目指す。

キャスト編集

脚注編集

  1. ^ a b Year One (2009)”. Box Office Mojo. 2009年12月5日閲覧。

外部リンク編集