メインメニューを開く

紀 広浜(き の ひろはま)は、平安時代初期の貴族大納言紀古佐美の長男。官位正四位下参議

 
紀広浜
時代 平安時代初期
生誕 天平宝字3年(759年
死没 弘仁10年7月2日819年7月27日
官位 正四位下参議
主君 桓武天皇平城天皇嵯峨天皇
氏族 紀氏
父母 父:紀古佐美
兄弟 咋麻呂広浜、男仲、與須賀、道成、
末成、女子
善峯長江
テンプレートを表示

経歴編集

延暦14年(795年長門介に任ぜられる。延暦16年(797年)父の大納言紀古佐美の薨去に前後して少判事に遷ると、式部大丞勘解由判官と京官を務め、延暦18年(799年従五位下肥後守に叙任される。延暦24年(805年)従五位上。

平城朝に入ると俄に重用され、大同2年(807年正五位下右中弁、大同3年(808年従四位下と急速に昇進し、嵯峨朝初頭の大同4年(809年)には畿内観察使に任ぜられ公卿に列す。翌大同5年(810年)観察使制度の廃止により参議となり、右大弁に大学頭を兼ねる。

嵯峨朝では議政官として右大弁・右兵衛督と文武の官職を兼帯したのち、弘仁7年(816年)には大宰大弐を兼ねる一方、弘仁6年(815年)には従四位上に叙せられている。また、弘仁3年(812年多人長を博士として行われた『日本書紀』の講義にも参席した[1]。弘仁10年(819年)正月に正四位下に至るが、同年7月2日卒去享年61。最終官位は参議正四位下行大宰大弐。

官歴編集

注記のないものは『日本後紀』による。

系譜編集

尊卑分脈』による。

脚注編集

  1. ^ 『日本後紀』弘仁3年6月2日条
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 『公卿補任』

参考文献編集

  • 森田悌『日本後紀 (中)』講談社学術文庫、2006年
  • 森田悌『日本後紀 (下)』講談社〈講談社学術文庫〉、2007年
  • 『公卿補任 第一篇』吉川弘文館、1982年
  • 『尊卑分脈 第四篇』吉川弘文館、1958年