メインメニューを開く
 
紀淑人
時代 平安時代前期 - 中期
生誕 不明
死没 不明
官位 従四位下河内守
主君 醍醐天皇朱雀天皇村上天皇
氏族 紀氏
父母 父:紀長谷雄
兄弟 淑望淑人、淑信、淑光、淑行、淑間、淑方、淑久、淑江
宗定
テンプレートを表示

紀 淑人(き の よしと/よしひと)は、平安時代前期から中期にかけての貴族歌人中納言紀長谷雄の次男。官位従四位下河内守。子に宗定がいる。

経歴編集

左近衛将監六位蔵人を経て、延喜13年(913年従五位下叙爵。のち醍醐朝では右兵衛佐左衛門権佐と武官を務めた。

朱雀朝に入り、承平5年(935年)に河内守に任ぜられ地方官に転じる。翌承平6年(936年)正月に従四位下に叙されるが、不穏な動きを見せていた伊予国日振島海賊を封じるため、同年5月に伊予守南海道追捕使に任じられ、瀬戸内へ下向した。淑人は前伊予守・藤原元名の一族で現地に土着化していた藤原純友を配下に迎え、海賊に田畑を与え農業に従事させるなどの投降策をとった[1]。しかし、天慶2年(939年)純友は海賊と謀って反乱を起こしている(藤原純友の乱)。

その後も、天慶6年(943年丹波守天暦2年(948年)河内守に再任と地方官を歴任した。

勅撰歌人として、『古今和歌集』に和歌作品が1首採録されている。

官歴編集

※日付は旧暦

※『紀氏系図』(『続群書類従』巻第168所収)に式部少輔とも見えるが、任官時期は不明。

紀淑人が登場する作品編集

脚注編集

  1. ^ 扶桑略記