メインメニューを開く

紀淡連絡道路(きたんれんらくどうろ)は、紀淡海峡を横断し、和歌山県和歌山市兵庫県洲本市淡路島)を結ぶ道路構想である。地域高規格道路候補路線に指定されている。

目次

概要編集

#関係団体・自治体に挙げる関西四国の自治体や経済団体が推進活動を行っている。既に大鳴門橋(鳴門大橋)があるため、実現すると淡路島経由で南近畿と四国(徳島県)が道路で結ばれることになる。本州側の起点は和歌山市の北西端付近であるが、関西国際空港を擁する大阪府泉南地域との境界付近でもある。

現在、紀淡海峡(洲本市由良港 - 和歌山市加太港間)を連絡するフェリー旅客船が無く(以前は少し北の大阪湾南部を横断して深日海運南海淡路ライン洲本パールラインが運航されていたが、現在は廃止・休止)、洲本市 - 泉南・和歌山県間は直線距離では短いが阪神地区経由もしくは徳島 - 和歌山間の南海フェリー経由のルートを使用する必要がある。そのため、この道路の必要性を唱える人がいる。

紀淡連絡道路実現期成同盟会の予想案によると、海峡部は友ヶ島を経由する道路単独橋とし、淡路側の由良瀬戸には世界最長となる全長約4,700 mの吊り橋を設けるとする。当初はトンネル案やカートレイン案もあった。技術的には可能とされているが、一方で費用面や開通後の需要などの課題も残る。また、紀淡海峡一帯は瀬戸内海国立公園内に入っており、吊橋を建設する上での紀淡海峡付近の景観友ヶ島の砲台跡など歴史的遺産に関する問題もある。

また、この道路を鉄道併用橋とし、四国新幹線を通す計画も提唱されている。この場合、完成後も未使用のままである大鳴門橋の鉄道部を活用することとなる。

関係団体・自治体編集

紀淡連絡道路実現期成同盟会 (1992年7月設立)
泉大津市和泉市高石市岸和田市貝塚市泉佐野市泉南市阪南市忠岡町熊取町田尻町岬町淡路市南あわじ市洲本市和歌山市海南市紀の川市橋本市岩出市かつらぎ町紀美野町九度山町高野町徳島市阿南市
紀淡海峡交流会議 (1992年9月設立)
大阪府兵庫県奈良県和歌山県徳島県香川県高知県関西経済連合会、四国経済連合会、大阪府商工会議所連合会、兵庫県商工会議所連合会、奈良県商工会議所連合会、和歌山県商工会議所連合会、徳島県商工会議所連合会、香川県商工会議所連合会、高知県商工会議所連合会
大阪湾環状紀淡連絡道路建設推進協議会 (1994年6月設立)
大阪府、兵庫県、和歌山県、徳島県、奈良県、滋賀県京都府京都市大阪市神戸市
紀淡連絡道路建設促進協議会 (1996年7月設立)
関西経済連合会、四国経済連合会、大阪商工会議所、和歌山商工会議所、徳島商工会議所、大津商工会議所、京都商工会議所、神戸商工会議所、奈良商工会議所、高松商工会議所、高知商工会議所、洲本商工会議所、鳴門商工会議所、堺商工会議所、泉佐野商工会議所

通過自治体編集

沿革編集

  • 1994年:地域高規格道路候補路線に指定

周辺の主な道路編集

関連項目編集

外部リンク編集