紀里谷和明

日本の映画監督、写真家

紀里谷 和明(きりや かずあき、1968年4月20日 - )は、日本映画監督。KIRIYA PICTURES所属。

きりや かずあき
紀里谷 和明
紀里谷 和明
本名 岩下 和裕
生年月日 (1968-04-20) 1968年4月20日(54歳)
出生地 日本の旗 日本熊本県球磨郡あさぎり町(旧免田町
身長 180cm
血液型 A型
職業 映画監督
配偶者 宇多田ヒカル2002年 - 2007年
事務所 KIRIYA PICTURES
公式サイト kiriya.com
主な作品

映画
CASSHERN
GOEMON
ラスト・ナイツ
『The Little Star』MIRRORLIAR FILMS Season2
小説
『トラとカラスと絢子の夢』

『地平線を追いかけて満員電車を降りてみた』
 
受賞
高崎映画祭
若手監督グランプリ
第19回『CASSHERN
テンプレートを表示

シンガーソングライター宇多田ヒカルは元妻。

略歴編集

熊本県球磨郡あさぎり町(旧免田町)出身。1968年、熊本県宮崎県で手広くパチンコ店を経営する岩下兄弟社代表の父・岩下博明と、軍人の娘である母・道子の長男・和裕として生まれる[1]。免田町の小・中学校に進学したが、1983年、中学2年終了と同時に中退し、単身アメリカサンディエゴに向かう[1]マサチューセッツ州にあるアートハイスクール、Cambridge School of Westonに進学して、デザイン・音楽・絵画・写真などを学ぶ。卒業後の1987年にパーソンズ美術大学(Parsons The New School for Design)環境デザイン科に進み建築を学ぶが、2年で中退。学生時代当初はビジネスマンを目指していたが、英語が通じない時に自分が描いた絵を渡して喜ばれた経験からアートの世界を志向するようになった。21歳のときデザイン会社を設立するもうまくいかず、ヨーロッパアフリカを放浪[1]。大学中退後の5年間は、自ら「暗黒の時代」と語っている[1]

NY在住時26歳のときに知り合いから頼まれた音楽雑誌『VIBE』用の作品をきっかけに写真の仕事を始め、ジェイ・Zなど多くのアーティストの写真を手掛けるようになる。以降、日本国内外でPV制作も数多く手掛ける[1]。CM、広告、雑誌のアートディレクションなど幅広く活躍。

撮影を通じて知り合った宇多田ヒカルと2002年に結婚。しかし、5年ほど経った2007年に離婚した。

2004年、子供のころ好きだった『新造人間キャシャーン』を映画化し、映画監督デビュー。2009年には2作目『GOEMON』を制作し、明智光秀役で俳優としても出演。2012年チェコで、クライヴ・オーウェンモーガン・フリーマン出演の映画『ラスト・ナイツ』を撮影、2015年公開。

毛皮反対プロジェクト - 『毛皮製品の残酷な生産実態を伝える映像』を創作し公開する。 「美しいものと、醜いものを合わせたものが毛皮…その生産現場は残酷。この違和感に忠実になってほしい」と紀里谷は語る-2014年10月

小説「悼む人」をハリウッドが実写映画化。紀里谷和明が監督&プロデュースすると米Deadlineが発表する-2019年

対話形式の自己啓発小説「地平線を追いかけて満員電車を降りてみた」(文響社)が2020年8月6日に出版される。総制作日数は四年半。YouTubeチャンネル「学識サロン」でもオススメの一冊と紹介される。

映画プロジェクト『新世界』のパイロットムービーを、自身のYouTubeチャンネルで公開-2021年1月31日 ※諸事情により制作一時中断

短編映画製作プロジェクト『MIRRORLIAR FILMS』に参加。 MIRRORLIAR FILMS Season2ではショートフィルム「The Little Star」を監督-2022年2月劇場公開。

Season3では山田孝之監督のショートフィルム「沙良ちゃんの休日」で俳優として参加する。女優南沙良と共演-2022年5月劇場公開

2022年7月27日〜9月10日、最新作映画に向けて撮影が日本国内で行われた。日本のインディペンデントな映画作品になると紀里谷本人がTwitterのスペースにて語る。※公開予定は2023年

作品編集

映画編集

公開年 作品名 備考
2004年 CASSHERN
2009年 GOEMON 明智光秀役として自身も出演
2015年 ラスト・ナイツ[2][3] クライヴ・オーウェンモーガン・フリーマン出演
2022年 The Little Star MIRRORLIAR FILMS Season2 山田孝之松本まりか出演
2023年 タイトル未公開(2022年7月撮影開始)  日本映画(インディペンデント作品)2023年公開予定

MV編集

発表年 アーティスト名 作品名 備考
2000年 THE BACK HORN 風船
2001年 空、星、海の夜
ひとり言
中村俊介 雪がとける前に…
宇多田ヒカル FINAL DISTANCE
traveling
2002年
SAKURAドロップス
Deep River
2004年 誰かの願いが叶うころ 監督作品『CASSHERN』主題歌
2005年 UTADA You Make Me Want to Be a Man
宇多田ヒカル Be My Last
Passion
2006年 Keep Tryin'
GLAY
2015年 三代目J Soul Brothers Unfair World
2017年 saisa Vicissitudes
2020年 R1SE周震南 中国人アーティスト
2021年 LUX OMNIA VINCIT featuringシシド・カフカ  無重力の夜 紀里谷自身が楽曲製作に参加。パイロットMOVIE「新世界」の主題歌『I Will 彼方の君へ』(featuring黒木華)も同様

演出編集

写真編集

他多数

小説編集

  • トラとカラスと絢子の夢(幻冬舎)- 戦後自決した軍人の祖父・棚橋真作と、その記憶を語る叔母・絢子の話をもとにしたファンタジー小説-2009年5月1日出版
  • 地平線を追いかけて満員電車を降りてみた(文響社)- 人生に行き詰まった男女が不思議な劇場に迷い込み、支配人と名乗る初老の男性との対話によって新たな気づき、可能性を見出していくストーリー。対話形式の自己啓発小説-2020年8月6日出版

[1]

舞台演出編集

  • ハムレット」(シェイクスピア原作、長屋晃一脚本 2016年12月9日〜11日)

その他編集

他多数

受賞歴編集

宇多田ヒカルPV監督作品

  • traveling」 
  • SAKURAドロップス
    • 第17回日本ゴールドディスク大賞「ソング・オブ・ザ・イヤー」受賞
  • 誰かの願いが叶うころ
    • 映画「CASSHERN」主題歌 。映画の出演者と共演。第19回日本ゴールドディスク大賞「ソング・オブ・ザ・イヤー」受賞
  • Be My Last
    • 第20回日本ゴールドディスク大賞「ソング・オブ・ザ・イヤー」受賞

メディア出演編集

テレビ編集

ラジオ編集

  ※公式ユーチューブチャンネルあり。

YouTube編集

  • YouTubeチャンネル『FREEWORLDtube』にて、様々な業界からゲストを招いて紀里谷自身がインタビュー-2012年
  • 『紀里谷和明KAZUAKI KIRIYA』

 Official YouTubeチャンネル開設-2019年

  • 堀潤のYouTubeチャンネル『8bit News』にて、対談-2020年4月
  • 近藤麻理恵のYouTubeチャンネル『こんまりちゃんねる』にて、こんまり夫妻と対談-2020年10月

その他活動編集


来歴編集

  • 父親が経営するパチンコ店の工事現場を見ていた子供のころの経験が、大人数を取りまとめなくてはならない映画制作の現場に役立ったという。「パチンコ屋の息子でなかったら、今の自分はなかった」とも述べている[1]
  • 軍人だった祖父が太平洋戦争ののち自決したことを子供の頃に聞かされ[1]冷戦湾岸戦争下のアメリカで青春を過ごしていたことから監督作品の『CASSHERN』『GOEMON』にて「世界平和」をテーマにしている。小説『トラとカラスと絢子の夢』は、この祖父の実話をもとにしている[4]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h パチンコ文化史 「息子の主体性に賭けた・岩下博明」⑥日本遊技関連事業協会広報誌 2010年8月号
  2. ^ Last Knights (IMDb)
  3. ^ 紀里谷和明『ラスト・ナイツ』 孤独の軍師が見つけた映画の愉楽”. GOETHE. 2022年6月9日閲覧。
  4. ^ 夕刊フジ2009年7月8日

外部リンク(SNS等)編集

[現在(2022年)は主にTwitterが一番使用されている] 紀里谷和明 (@kazuaki_kiriya) - Twitter

[3] - YouTube