メインメニューを開く

紅 ゆずる(くれない ゆずる、8月17日[1] - )は、日本女優。元宝塚歌劇団星組トップスター[1]

くれない ゆずる
紅 ゆずる
生年月日 8月17日
出生地 大阪府大阪市
身長 173cm
血液型 A型
職業 女優
ジャンル 舞台
活動期間 2002年 -
活動内容 2002年:宝塚歌劇団入団、星組配属
2016年:星組トップスター就任
2019年:宝塚歌劇団退団、芸能活動開始
事務所 松竹エンタテインメント
公式サイト 紅ゆずる公式プロフィール
主な作品
宝塚歌劇
オーム・シャンティ・オーム
THE SCARLET PIMPERNEL
Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀
霧深きエルベのほとり
備考
宝塚歌劇団卒業生
テンプレートを表示

大阪府大阪市[2]東大谷高等学校出身[2]。身長173cm[1]。血液型A型[1]。愛称は「さゆみ」、「さゆちゃん」、「ゆずるん」、「べに子」[2]

所属事務所は松竹エンタテインメント[1]

来歴編集

2000年、宝塚音楽学校入学[1][3]

2002年、宝塚歌劇団に88期生として入団[1][3]。入団時の成績は47番[4]。星組公演「プラハの春LUCKY STAR!」で初舞台[3][5]。その後、星組に配属[5][1]

新人公演時代は大きな役がつくことも無かったが[5]、2008年、入団7年目となる最後のチャンスで、「THE SCARLET PIMPERNEL」の新人公演初主演に抜擢される[3][5][6][7]

2011年、「メイちゃんの執事」(バウホール日本青年館公演)で、バウホール・東上公演初主演[6][7]

2012年、「ジャン・ルイ・ファージョン」(バウホール・日本青年館公演)で、2度目の東上公演主演[7]

2013年、第一回台湾公演「宝塚ジャポニズム/怪盗楚留香/Étoile de TAKARAZUKA」に、選抜メンバーとして出演[6]

2014年、星組2番手として「風と共に去りぬ」で、全国ツアー公演初主演[6][8]

2015年、「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」(赤坂ACTシアター・ドラマシティ公演)で、3度目の東上公演主演[6]

2016年11月21日付で、北翔海莉の後任として星組トップスターに就任[9]。相手役に綺咲愛里を迎え、年末の「タカラヅカスペシャル2016」でプレトップお披露目[9][10]

2017年、自身の新人公演主演作の再演となる「THE SCARLET PIMPERNEL」で、大劇場トップコンビお披露目を果たす[9]

2018年、第三回台湾公演「Thunderbolt Fantasy/Killer Rouge」に出演[11]。5年ぶり2度目となる台湾公演で、主演として凱旋を果たした[11]

2019年10月13日、「GOD OF STARS/エクレールブリアン」東京公演千秋楽をもって、宝塚歌劇団を退団[1][12]。同年11月1日付で松竹エンタテインメント所属となり、芸能活動を開始[1][13]。トップスター出身のタレントとしては同社の第一号となる[13]

人物編集

出生時、身長51cm・体重3520gで、病院内で一番大きな赤ちゃんだった[14]。目の両端に赤い痣があったため、看護婦から「絶対花魁の生まれ変わり」と言われたという[14]

2歳下と7歳下の弟がいる。子どもの頃はやんちゃな悪ガキで、毎日なにかしらイタズラをしていた[14]

小学3~4年の頃、ミュージカル「ピーターパン」を観劇してはまり、緑色の服を買ってもらい、1年ほど自分はピーターパンだと思い生活していた[14]

背が高かったため、近所の人から「宝塚に入れば?」とよく言われていたが、当時は興味がなかった[14]

小学5年の時、たまたまTVで放映されていた雪組公演「雪之丞変化サジタリウス」を観て宝塚にはまり、タカラジェンヌになると決意した[14]。宝塚初観劇は、雪組公演「仮面のロマネスクゴールデン・デイズ[14]

音楽学校受験のためにバレエを習いたいと親に頼むも、それまで剣道や柔道を習い始めても2回と続かず、道具ごと弟におしつけていたため相手にされなかった[5]。そのため録画した宝塚歌劇のビデオを観て、自己練習とイメージトレーニングを繰り返していた[14]。その姿にようやく両親が折れ、受験前の半年弱だけバレエと声楽を習うことを許された[14]

2次試験の面接では特技の俳句を披露し[14]、1度目の受験で合格した[5]

宝塚歌劇団時代の主な舞台編集

初舞台編集

星組時代編集

  • 2002年6月 - 8月、『プラハの春』『LUCKY STAR!』(東京宝塚劇場
  • 2002年11月 - 2003年3月、『ガラスの風景バビロン -浮遊する摩天楼-
  • 2003年1月、バウワークショップ『恋天狗おーい春風さん
  • 2003年5月、日生劇場公演『雨に唄えば
  • 2003年7月 - 11月、『王家に捧ぐ歌
  • 2004年2月 - 6月、『1914/愛/タカラヅカ絢爛』
  • 2004年10月 - 12月、『花舞う長安/ロマンチカ宝塚'04』
  • 2005年2月、バウホール公演『それでも船は行く』
  • 2005年5月 - 8月、『長崎しぐれ坂/ソウル・オブ・シバ!』
  • 2005年10月、シアター・ドラマシティ、日本青年館公演『龍星』達懶(だらん)
  • 2006年1月 - 4月、『ベルサイユのばら -フェルゼンとマリー・アントワネット編-
  • 2006年6月、バウホール公演『フェット・アンペリアル』トーマス
  • 2006年8月 - 11月、『愛するには短すぎるネオ・ダンディズム』新人公演:デイブ・キャシディ(本役:和涼華
  • 2006年12月 - 2007年1月、ドラマシティ・日本青年館公演『ヘイズコード』リチャード・ホープ
  • 2007年3月 - 7月、『さくら/シークレットハンター』新人公演:ダゴベールの父(本役:英真なおき
  • 2007年8月、博多座公演『シークレットハンター/ネオ・ダンディズム!Ⅱ』
  • 2007年11月 - 2008年2月、『エル・アルコン-鷹-/レビュー・オルキス―蘭の星―』新人公演:リカルド(本役:にしき愛
  • 2008年4月、バウワークショップ『ANNA KARENINA(アンナ・カレーニナ)』アレクセイ・カレーニン
  • 2008年6月 - 10月、『THE SCARLET PIMPERNEL』ベン、新人公演:パーシー・ブレイクニー(本役:安蘭けい新人公演初主演[3][5][6]
  • 2008年11月、日本青年館・バウホール公演『ブエノスアイレスの風』ビセンテ
  • 2009年2月 - 4月、『My dear New Orleans/ア ビヤント』エリック・ジョンソン
  • 2009年6月 - 9月、『太王四神記Ⅱ-新たなる王の旅立ち-』チュムチ
  • 2009年10月 - 11月、シアタードラマシティ・日本青年館公演『コインブラ物語』アントニオ
  • 2010年1月 - 3月、『ハプスブルクの宝剣/BOLERO-ある愛-』アンドラーシュ・オルツィ
  • 2010年5月、バウホール・日本青年館公演『リラの壁の囚人たち』ジョルジュ・ルビック
  • 2010年7月 - 8月、梅田芸術劇場・博多座公演『ロミオとジュリエット』マーキューシオ
  • 2010年10月 - 12月、『宝塚花の踊り絵巻-秋の踊り-/愛と青春の旅だち』シド
  • 2011年1月 - 2月、バウホール・日本青年館公演『メイちゃんの執事-私の命に代えてお守りします-』柴田理人 バウ・東上初主演[6][7]
  • 2011年4月 - 7月、『ノバ・ボサ・ノバ −盗まれたカルナバル−』オーロ、マール、メール夫人(役替わり)/『めぐり会いは再び』ブルギニョン
  • 2011年8月 - 9月、博多座・中日劇場公演『ノバ・ボサ・ノバ −盗まれたカルナバル−』オーロ、メール夫人(役替わり)/『めぐり会いは再び』ブルギニョン
  • 2011年11月 - 2012年2月、『オーシャンズ11』テリー・ベネディクト
  • 2012年3月 - 4月、シアター・ドラマシティ・日本青年館公演 柚希礼音スペシャル・ライブ『REON!!』
  • 2012年5月 - 8月、『ダンサ セレナータ』/『Cerebrity』ホアキン・アドリアーノ
  • 2012年9月、バウホール・日本青年館公演『ジャン・ルイ・ファージョン-王妃の調香師-』ジャン・ルイ・ファージョン 東上主演[7]
  • 2012年11月 - 2013年2月、『宝塚ジャポニズム〜序破急〜/めぐり会いは再び2nd〜Star Bride〜/Étoile de TAKARAZUKA』ブルギニョン
  • 2013年3月 - 4月、中日劇場・台湾公演『宝塚ジャポニズム〜序破急〜/怪盗楚留香外伝-花盗人-/Étoile de TAKARAZUKA』薛斌(せつひん)[6]
  • 2013年5月 - 8月、『ロミオとジュリエット』ティボルト、ベンヴォーリオ(役替わり)
  • 2013年9月 - 10月、東京国際フォーラム・博多座公演 柚希礼音スペシャル・ライブ『REON!!II』
  • 2014年1月 - 3月、『眠らない男・ナポレオン -愛と栄光の涯に-』マルモン
  • 2014年5月 - 6月、東急シアターオーブ公演『太陽王〜ル・ロワ・ソレイユ〜』ムッシュー
  • 2014年7月 - 10月、『The Lost Glory -美しき幻影-/パッショネイト宝塚!!』ロナルド・マーティン
  • 2014年11月 - 12月、全国ツアー『風と共に去りぬ』レット・バトラー 全国ツアー初主演[6][8]
  • 2015年2月 - 5月、『黒豹の如く/Dear DIAMOND!!-101カラット永遠の輝き-』ビクトル・デ・アラルコン
  • 2015年3月、柚希礼音ディナーショー『The REON!!』
  • 2015年6月 - 7月、赤坂ACTシアター・梅田芸術劇場公演『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』フランク・アバグネイル Jr. 東上主演[6]
  • 2015年8月 - 11月、『ガイズ&ドールズ』ネイサン・デトロイト
  • 2016年1月、ディナーショー『STELLA ROSSA〜フリーダムにランダムに〜』(宝塚ホテル・第一ホテル東京)  
  • 2016年3月 - 6月、『こうもり …こうもり博士の愉快な復讐劇…/THE ENTERTAINER!』ガブリエル・フォン・アイゼンシュタイン侯爵
  • 2016年7月、『宝塚巴里祭2016』
  • 2016年8月 - 11月、『桜華に舞え -SAMURAI The FINAL-ロマンス!!(Romance)』衣波隼太郎

星組トップスター時代編集

宝塚歌劇団退団後の主な活動編集

舞台編集

コンサート編集

TV出演編集

CM出演編集

受賞歴編集

  • 2008年、『阪急すみれ会パンジー賞』新人賞
  • 2011年、『宝塚歌劇団年度賞』2010年度努力賞
  • 2013年、『宝塚歌劇団年度賞』2012年度努力賞
  • 2016年、『宝塚歌劇団年度賞』2015年度努力賞
  • 2019年、『宝塚歌劇団年度賞』2018年度特別賞

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u “紅ゆずるプロフィール”. 松竹エンタテインメント. (2019年11月1日). http://www.shochiku-enta.co.jp/actress/kurenai 2019年11月1日閲覧。 
  2. ^ a b c 『宝塚おとめ 2019年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2019年、100頁。ISBN 978-4-86649-089-2
  3. ^ a b c d e f g h “紅ゆずる、女優に転身!11月から松竹エンタテインメント入り、バラエティーにも意欲”. サンスポ. (2019年10月30日). https://www.sanspo.com/geino/news/20191030/geo19103005050002-n3.html 2019年10月30日閲覧。 
  4. ^ 小林公一・監修『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日、114頁。ISBN-9784484146010。
  5. ^ a b c d e f g 日刊スポーツ 宝塚プレシャス 2008年7月7日号より
  6. ^ a b c d e f g h i j 変幻自在の天才詐欺師 早変わりに臨む/紅ゆずる日刊スポーツ
  7. ^ a b c d e 香り立つ色男/紅ゆずるプレシャス!宝塚
  8. ^ a b 紅ゆずる再び休演…病名は発表されずデイリースポーツ
  9. ^ a b c d フランス調部屋でくつろぐコテコテ大阪人/紅ゆずる日刊スポーツ
  10. ^ 宝塚歌劇星組の次期トップスターに紅ゆずる、次期トップ娘役に綺咲愛里ステージナタリー
  11. ^ a b c 台湾を紅色に 5年ぶり挑戦はセンターで/紅ゆずる日刊スポーツ
  12. ^ a b 紅ゆずる、17年間の宝塚人生に別れ(サンスポ)
  13. ^ a b “紅ゆずる、女優に転身!11月から松竹エンタテインメント入り、バラエティーにも意欲”. サンスポ. (2019年10月30日). https://www.sanspo.com/geino/news/20191030/geo19103005050002-n1.html 2019年10月30日閲覧。 
  14. ^ a b c d e f g h i j 「波瀾爆笑!?我が人生 紅ゆずる」『宝塚GRAPH』2010年4月号、阪急コミュニケーションズ、2010年、94-96頁。
  15. ^ “金爆・歌広場、憧れの元宝塚・紅ゆずるとコンサートで共演!「僕が爆発しないか心配」”. デイリースポーツ. (2019年10月30日). https://www.daily.co.jp/gossip/2019/10/30/0012832936.shtml 2019年10月30日閲覧。 
  16. ^ 宝ニュース宝くじ公式サイト

外部リンク編集