紅海県(こうかいけん、アラビア語: البحر الأحمر (محافظة)‎)またはバフル・アル=アフマル県は、エジプト南東部にあるムハーファザの一つ。「バフル・アル=アフマル」はアラビア語を直訳したもので、「紅海」は意訳である。県庁所在地はフルガダ

紅海県

محافظة البحر الأحمر

バフル・アル=アフマル県
紅海県の旗
紅海県の位置
紅海県の位置
 エジプト
県庁所在地 フルガダ
面積
 • 合計 120,000 km2
人口
(2018年)
 • 合計 366,000人
 • 密度 3.1人/km2
等時帯 UTC+2 (EET)
ISO 3166コード EG-BA

概要編集

人口希薄地域だが、面積は大きい。なお、ハラーイブ・トライアングルと呼ばれるスーダンとの国境紛争地帯や双方ともに領有権を主張していないビル・タウィールの大半が紅海県の管轄になっているため、面積値は変動する場合がある。(ちなみに、ハラーイブ・トライアングルはエジプトが実効支配しており、ビル・タウィールに関してはエジプト・スーダン共に統治していない)

地理編集

ナイル川と紅海に挟まれたエリアで、南はスーダン紅海州と国境を接している。

隣接する県編集

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集