メインメニューを開く
坂の頂上、青少年センター前からみなとみらい方面を望む

紅葉坂(もみじざか)とは、山下長津田線(桜川新道)紅葉橋交差点を坂下の起点とし、そこから横浜駅根岸道路戸部1丁目交差点の方向に上っていく[1]。全長およそ340mの、一直線で比較的急な坂である[1]。以前は美しい石畳の坂道で、波紋状の模様が美しい石畳が特徴だったが、2006年に改修されて石畳ではなくなった[2]1872年に沿道にカエデが植樹され、「紅葉坂」と命名された[2]起点の紅葉橋交差点は横浜ランドマークタワーから西側に約300m進んだ場所にあり、横浜みなとみらい21のビル群などが間近に見られる絶景ポイントである。[要出典]

目次

地理編集

紅葉坂はちょうど横浜市西区宮崎町紅葉ケ丘の境界に位置する。この付近は横浜開港以来、今日まで重要な史跡や文化施設、公園が存在する貴重な場所である。

斜面の低い位置にあり、南北(南南東-北北西)に細長く伸びた形状である花咲町は、紅葉坂によって中区側の1〜3丁目と西区側の4〜7丁目が分かれている。

近隣施設編集

 
1874年明治7年)の横浜における金星の太陽面通過観測を記念して建てられた「金星太陽面経過観測記念碑」
神奈川県立青少年センター入口付近。

関連文学作品編集

脚注編集

  1. ^ a b M.Ogawa (2011年2月16日). “坂のプロフィール 紅葉坂”. 坂学会. 2018年7月16日閲覧。 - ただし、記述に「国道133号」とあるのは誤り。
  2. ^ a b 【横浜の坂道】紅葉坂(西区)”. THE YOKOHAMA STANDARD. 2018年7月16日閲覧。
  3. ^ はまれぽ編集部「横浜・川崎を舞台にした漫画『恋は雨上がりのように』。登場するスポットから物語を読み解く」、2018年03月19日。
  4. ^ はまれぽ編集部「映画『恋は雨上がりのように』公開記念! 劇中に登場するロケ地を巡ってみた」、2018年05月25日。

関連項目編集