メインメニューを開く

紅葉川 孝市(もみじがわ こういち、1895年3月5日-1967年12月9日)は埼玉県北埼玉郡(現在の鴻巣市)出身の大相撲力士。最高位は小結。本名は岡戸 孝市(おかど こういち)。身長171cm、体重90kg。引退後は年寄として後進の指導につとめた。

目次

来歴編集

大相撲常設館落成の明治42年6月場所に友綱部屋から初土俵を踏む。祖父の兄弟は杣ヶ花渕右エ門

若い頃はなかなか出世せず、神経痛に苦しんだ時期にはフグで自殺を図り自ら捌いて食したが死なないどころか逆に毒が薬になったのか神経痛が治りそれ以降地力を増して大正3年5月新十両、5年5月新入幕を果たし9年1月と10年5月は小結を務めた。

身長171cm体重90kgという小兵ながら、立合いに相手に当たってからの鋭い出足と突き押しでの速攻は威力があった反面、組まれると脆かった。

横綱常ノ花(当時大関)に弱く入幕前の1回を含め10回の対戦があるが全敗だった。

大正14年5月場所後引退、年寄松ヶ根を襲名し、一時期部屋を経営した。弟子のなかからは、甲斐錦勝が十両に昇進したが、そこで部屋を閉じ、弟子を二所ノ関部屋に譲った。甲斐錦はその後幕内に昇進した。

主な成績編集

  • 通算成績:95勝107敗1預23休(26場所)
  • 幕内成績:73勝97敗1預23休(19場所)

各段優勝編集

  • 十両優勝:1回
  • 三段目優勝:1回

改名歴編集

  • 紅葉川 孝市(もみじがわ こういち)1909年6月場所-1922年5月場所
  • 紅葉川 孝一郎(もみじがわ こういちろう)1923年1月場所
  • 紅葉川 規矩朗(もみじがわ きくお)1923年5月場所-1925年1月場所
  • 紅葉川 規知朝(もみじがわ きくお)1925年5月場所