メインメニューを開く

納屋(なや)とは、主に別棟に建てられた物置小屋のことである。特に農家では農作物農機具などを収納しておく小屋を指す。漁村では、を収納する小屋、もしくは若い漁師を起居させる網元が用意した小屋の事である。

目次

倉庫との違い編集

[器具や収穫物、家庭内の消耗品や現ない 納しておく物置小屋は「納屋」、 商業的に原材料製品などを収納する建物、他人の物を収納することを目的とした建物

納屋と呼ばれていた建物編集

  • 江戸時代河岸に建てられた商業用の倉庫を納屋と呼んでいた。
  • 室町時代末期、海岸近くに建てられた貸倉庫を納屋と呼んでいた。それらの貸付業務を商っていた豪商達は納屋衆(納屋貸衆)と呼ぶ。特に、堺の納屋衆が会合衆として有名である。[1]

海外の納屋編集

海外でも、その国独自の文化と建築様式に従った農機具などを収めた納屋を建設している。石材が安い時代や文化では石材で建設されたが、大抵は木材で建てられる。現在は、金属フレームを使う場合が多い。

参考文献編集

  1. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

関連項目編集