メインメニューを開く

純喫茶・谷村新司』(じゅんきっさ・たにむらしんじ)は2000年4月3日から2013年3月29日まで、文化放送NRN系列局で、平日午前中に放送されていたラジオ番組

純喫茶・谷村新司
ジャンル トーク番組
放送方式 録音
放送期間 2000年4月3日 - 2013年3月29日
放送時間 毎週月曜 - 金曜11:40 - 11:50
放送局 文化放送
ネットワーク NRN
パーソナリティ 谷村新司
吉田涙子
テンプレートを表示

パーソナリティ(マスター)は、谷村新司。アシスタント(ウエイトレス)は、吉田涙子(文化放送アナウンサー)。

番組名通り、番組を喫茶店に見立てており、マスターがオープニングでは「まもなく開店」といい、終了間際には「まもなく閉店のお時間」と言う。したがって、開店後わずか十分足らずで閉店する喫茶店ということになる。

2009年4月3日までは、トヨタ自動車一社提供だったが、その後はスポンサー無しの状態になり、2010年3月1日からはヤクルト(前半はヤクルト本社・後半はヤクルトヘルスフーズ)が単独スポンサーとなっていた(開始当初はヒューディンが単独スポンサーだった)。


概要編集

キー局の文化放送では、11:40〜11:50(「くにまるジャパン」内)で放送。

月〜木曜日は、リスナーからの葉書を元にトークをし、金曜日はリスナーからのリクエストを募る、フライデー・リクエストとして、谷村新司・アリスの曲を流す。
時折、谷村が、他のアーティストに作った曲のリクエストを行うこともある。

番組のオープニングに鳴る、ドア開閉時の鈴の音の直後の曲は「蒼いノクターン」(ポール・モーリア)である。

また、カウキャッチャーとして、QUICPayJU伯方の塩ヒッチハイクとして、日野自動車、荒木田修法律事務所(3月のみ、郵便貯金・簡易生命保険管理機構)のCMが放送される。[1]番組の後には、「川中美幸 人・うた・心」と同じエンディングBGMが放送される[2]

2013年3月29日をもって番組終了。13年の放送に幕を下ろした。文化放送を含む大半のラジオ局の後継番組は『氷川きよし節』。

ネット局・放送時間編集

系列各局は、午前10時台・11時台に放送している所が多いが、毎年9月1日に放送される『防災の日スペシャル』(文化放送制作・11:00〜12:00放送)や、高校野球中継などの放送がある時は、地域によっては、その日だけ番組を休止し、スポンサーのCMのみ流すこともある。

各ネット局との関係・つながり編集

2016年2月現在も放送中である。
  • 山陰放送では前番組である「ご近所わいど今日もハレルヤ!」の月曜(板井文昭担当)では、ラスト5分程度を使って谷村新司に所縁のある曲を流し、その流れのまま純喫茶本編にスムーズに移行させる「純喫茶・バトンタッチゾーン」という企画を独自に行なっている。(曲をかける前には「純喫茶・谷村新司、まもなく始まるよー。」とコールする。)板井は谷村のラジオ番組である「青春キャンパス」で山陰放送のキャンパスリーダー(当時の愛称はゴジラ)を務めていた。純喫茶本編でもこのコーナーが取り上げられている。
  • 東海ラジオではこの番組が放送されているかにタク言ったもん勝ちのハト時計の声(オリジナルジングル)に谷村の声が使用されており、この番組が放送される前後に流される。

備考編集

  • 年に2回ほど、谷村新司が、ラジオ関西の「ばんばひろふみ・ラジオ・DE・SHOW!」に出演することがある。ラジオ関西は独立局で「純喫茶・谷村新司」が放送されることが無い為、谷村は、その日に限り、立派なダブルブッキングになる。
  • 先代のウエイトレスは、文化放送 元アナウンサー(現・編成局編成部)の藤木千穂
  • キユーピー・メロディホリデーと重なる日は、ネット局のみの放送となっている[3]
  • 文化放送など、大半の放送局で、年始は「新春スペシャル」番組編成の影響で、休止の局が多い。このため、文化放送では年始初回の放送が、普通の挨拶で始まるケースが多い(2006年は1月4日(水)スタート。2007年は1月4日(木)スタートだった)。年始の放送を通常通りに放送しているのは、STVラジオ・東海ラジオ・ラジオ大阪・ラジオ沖縄の4局と見られる[4]
  • 文化放送では「キユーピー・メロディホリデー」以外の祝日の日に当たる放送分も、休止になる場合が多く、トヨタ自動車とネットスポット各社分は2つに分かれて、別のワイド番組などへ振り返られるケースが多い[5]
  • しかし、2008年以降は編成上、年始特番が13:00以降にずれたため、文化放送でも、元日から放送される(2日・3日は「箱根駅伝」のため、休止)。
  • 文化放送では、2008年8月11日〜の2週間は、北京オリンピックの日本人選手出場競技の生中継の影響で、放送時間が12時40分〜12時50分へ移動したり、休止(スポットCMとトヨタの提供枠は別枠に振り替え)になるケースもあった。
  • 2011年3月15日〜3月24日の放送分は文化放送へネットせず、谷村新司の楽曲をかけるなどの対応で処理した[6]。3月28日放送分で「このたびの東日本大震災で被災された皆様に、お見舞いとご冥福を申し上げます」と、谷村がコメントをしていた。
  • 番組が終わりに近づくと、谷村が「純喫茶、閉店のお時間です」と挨拶し、続いて、吉田涙子がリスナーからのメッセージ募集要領等を読み上げ、番組を締める。

脚注編集

  1. ^ 過去には本編前にてヤクルト本社、伯方の塩、太陽生命アダプトゲン製薬エルセラーン化粧品日新火災海上保険など。提供スポンサー読みの後で、読売新聞yorimo)(2007年12月〜2008年1月中旬)、伯方の塩、図書カード、強力ジャンボ(除草剤)も流れた。
  2. ^ なお、この共通のエンディングBGMは「ping-pong-song」(ゴンチチ)であり、東海ラジオラジオ大阪では流れていない。
  3. ^ トヨタ自動車とネットスポット各社分は別時間に振り替えて、CMのみ放送されている。
  4. ^ 1月2日・3日の箱根駅伝が、JRNNRNのクロスネット局で、生中継されているため。
  5. ^ 例えば、2007年10月8日の場合、11時前と12:53〜12:55のスポット枠、プロ野球クライマックスシリーズパリーグ第1ステージ第1戦の番組内スポットの3つに分かれて放送していた。2007年11月23日の場合はフジノンと日野自動車が12:53頃に、エルセラーン化粧品は「大竹まこと ゴールデンラジオ!」内の「リスナー交差点」前に、アダプトゲン製薬は同じく、「大竹まこと ゴールデンラジオ!」内 13:59頃に放送し、トヨタ自動車は13時台に流れていた。
  6. ^ 文化放送では諸般の事情で、3月14日は誤って放送されていた。福島・宮城・岩手は3月14日より3月25日まで番組を休止し、東日本大震災関連の生活情報や最新情報を伝える報道特番体制で放送していた。

前番組編集

この放送枠は、パーソナリティ・番組名称の変更を繰り返しているものの、全国ネットとしては長寿枠の類である。かつては、高島忠夫立川志の輔といった文化放送の朝ワイド番組のパーソナリティが、全国ネット枠もそのまま担当していた。