メインメニューを開く

素敵にドキュメント

素敵にドキュメント(すてきにドキュメント)は、1987年10月23日から1992年9月25日まで、テレビ朝日系列局で放送された朝日放送(ABCテレビ)制作のドキュメンタリー番組である。放送時間は毎週金曜21:00 - 21:54 (JST)。

素敵にドキュメント
ジャンル ドキュメンタリー番組
放送時間 金曜日21:00 - 21:54(54分)
放送期間 1987年10月23日 ‐ 1992年9月25日
放送国 日本の旗 日本
制作局 朝日放送
プロデューサー 郷田美雄
大熊邦也(ABC、CP)
出演者 江森陽弘
山瀬まみ
逸見政孝
テンプレートを表示

目次

概要編集

それまで、『ザ・ハングマンシリーズ』などが放送されたドラマ枠をドキュメンタリー枠に転換し、放送が開始された。

放送開始当初は、ジャーナリスト江森陽弘を司会に迎え、「知りたい時が見たい時」とのサブタイトルが付された。1988年に山瀬まみが加わり、1989年には逸見政孝に司会が交代し、同時にサブタイトルも「いつみの情報案内人」と改められ、タイトルロゴも変更された。番組では毎回、時の人物を追跡した物や社会派作品、季節の話題等硬軟問わず数多くのテーマを取り上げていた。

1992年頃からはサブタイトルを外し、『素敵にドキュメント』とのタイトルで放送された。

後述の番組不祥事により、1992年9月25日の放送をもって終了した。

出演者編集

キャスター編集

情報案内人編集

リポーター編集

ほか

ナレーター編集

ほか

やらせ発覚・突然の番組終了編集

1992年9月に同年7月17日放送分の女性の性行動をテーマにした回のナンパ行為を取り上げた映像でやらせ行為(登場した女性が無名のタレント)が発覚し、逸見が激怒。「テレビマン、特にドキュメント番組の制作者が最もやっていけない事をやったのは失格です。私自身一人の放送人として我慢できません。タイトルに『いつみの情報案内人』と私の名前がついている以上、私の知らない所で行われた行為とは言え視聴者に対する責任を負わなければなりません」と謝罪して番組を降板すると共に番組も消滅した。

この事件はテレビ朝日系全国ネット番組では1985年10月の『アフタヌーンショー』のやらせリンチ事件以来のやらせ発覚であり、キー局・準キー局がやらせ問題を引き起こしたことや、同時に1992年10月16日放送分が未収録だったことも判明したことで、制作局のABCやキー局のテレビ朝日が各メディアから非難された他、本番組を放送していたネット局にも更なる大打撃を与え、さらには開局がやらせ発覚の約1週間後に控えた秋田朝日放送は開局前から出鼻をくじかれた格好となった。最後の放送では、『アフタヌーンショー』同様にスポンサーも全て降板し、公共広告機構(現:ACジャパン)のCMに差し替えられ、番組の最初と最後にブラックバックでお詫びのテロップを流した。

番組終了後、ABCは11月4日付で郵政省(現:総務省)から厳重注意の行政指導を受けた[1][2]。ABCは番組宣伝部を通じて「最大の鉄則である真実のリポートを踏み外した以上、けじめが必要と判断し、番組の打ち切りを決めた」と番組終了の経緯を述べ、「問題のシーンの撮影は外部の番組制作会社のスタッフが行っていて、現場にABCの人間はおらず、チェックが出来なかった」と説明した。

その2か月後に読売テレビが関西ローカルで放送していた『超近未来遭遇!! どーなるスコープ』でもやらせが発覚し、短期間に在阪2つの放送局制作の番組が相次いでやらせ問題を引き起こし、打ち切りになる不祥事となった。

番組打ち切り後編集

本番組の打ち切りに伴い金曜21時台の同時ネット局であるANNフルネット18局と山形放送1993年3月31日まで日本テレビ系とのクロスネット局)における金曜ABC製作枠の対応については、1992年10月2日から1993年3月26日までは以下の対応を取った。

1992年10月2日に、ANNフルネット18局で20:00 - 21:54に放送された2時間スペシャル番組は、当初は『素敵にドキュメント』のタイトルを付けて放送する予定だったが、番組の打ち切りに伴い『素敵にドキュメント』のタイトルを外して放送した(ただし、逸見はこのスペシャル番組のキャスターも務めている)。なお山形放送は金曜20時台が日本テレビ系同時ネット枠だったため、別番組を放送した。

1992年10月16日から1993年3月26日までは、ANNフルネット18局と山形放送のANN19局はつなぎ番組として『金曜ファミリープレゼント』(1992年10月16日 - 12月25日)を、『インディ・ジョーンズ〜若き日の大冒険』(1993年1月8日 - 3月26日)を放送した。1993年4月16日からは『驚きももの木20世紀』がスタートした。

また、系列局である福島放送・秋田朝日放送などでは唐突な打ち切りで間に合わなかったためか、同局から発行された1992年10月分の番組表の金曜21時枠には、『素敵にドキュメント』の文字がそのまま残され、また、CM NOWでは、テレビ朝日の金曜21時枠の欄に「新企画」と表記された。

『アフタヌーンショー』のやらせリンチ事件に次ぐ本番組のやらせ発覚がきっかけとなり、テレビ朝日系列局では信頼を大きく失墜したうえ視聴率も低下し、打ち切り半年後の1993年4月にはワイドショー大幅改編を実施した他(『モーニングショー』並びに『海江田万里のパワフルサタデー』終了、平日正午枠のテレビ朝日系列外局への時差ネット廃止)、さらには本番組放送当時フジテレビ系列だった山形テレビのテレビ朝日系列へのネットチェンジ(ANN再加盟申請は本番組打ち切りと同日、1993年4月1日にFNN/FNS脱退・ANN加盟)が山形県民の猛反発を買う[3]など[4]、テレビ朝日系列局全体の低迷に更なる拍車をかけることとなった。

ネット局編集

系列は打ち切り当時の系列。

放送対象地域 放送局 系列 ネット形態 備考
近畿広域圏 朝日放送(現在の朝日放送テレビ) テレビ朝日系列 制作局
関東広域圏 テレビ朝日 同時ネット
北海道 北海道テレビ
青森県 青森朝日放送 1991年10月開局から
岩手県 岩手放送 TBS系列 遅れネット [5]
宮城県 東日本放送 テレビ朝日系列 同時ネット
秋田県 秋田テレビ フジテレビ系列 遅れネット [6]
山形県 山形放送 日本テレビ系列
テレビ朝日系列
同時ネット
福島県 福島放送 テレビ朝日系列
新潟県 新潟テレビ21
長野県 長野朝日放送 1991年4月開局から
静岡県 静岡けんみんテレビ(現在の静岡朝日テレビ) [7]
富山県 富山テレビ フジテレビ系列 遅れネット [8]
石川県 石川テレビ 1991年9月まで
北陸朝日放送 テレビ朝日系列 同時ネット 1991年10月開局から
福井県 福井テレビ フジテレビ系列 時差ネット
中京広域圏 名古屋テレビ(メ~テレ) テレビ朝日系列 同時ネット
島根県
鳥取県
山陰中央テレビ フジテレビ系列 遅れネット
広島県 広島ホームテレビ テレビ朝日系列 同時ネット
香川県
岡山県
瀬戸内海放送
福岡県 九州朝日放送
長崎県 長崎文化放送 1990年4月開局から
熊本県 熊本朝日放送 1989年10月開局から
鹿児島県 鹿児島放送

※1992年10月に開局を控えた秋田朝日放送では、開局前のサービス放送で最終回のみが放送された。

テーマソング編集

スタッフ編集

  • タイトル制作:東洋リンクス(初期)、白組(中期)
  • 企画:鷹野正(ABC)、石田隆一(電通
  • 構成:岩井田利治、小松範任ほか
  • プロデューサー:大森善行、小関道幸、郷田美雄(ABC)
    • 桜庭邦明、マリアンネ和田
    • 小野耕人、田中憲吾(東映)

ほか

  • チーフプロデューサー:大熊邦也(ABC)
  • ディレクター:大久保邦孝、小松範任ほか
  • 企画協力:三木プロダクション(中期から後期まで)
  • 制作協力:RYUHON、マックスコム、タキオン、東映ほか
  • 制作著作:ABC(朝日放送)

派生番組編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 鈴木秀美・山田健太・砂川浩慶 編『放送法を読みとく』p.83 2009年 商事法務
  2. ^ テレビ朝日も『アフタヌーンショー』のやらせリンチ事件や「椿事件」で郵政省から放送免許剥奪も検討されていたが、条件付きで放送免許剥奪は免れた。
  3. ^ 当時はフジテレビ系列の番組の視聴率がドラマ・バラエティ番組を中心に最も安定していた時期だった。
  4. ^ これを受けて山形テレビの当時のキー局だったフジテレビは1992年12月から1993年3月まで山形テレビに対してFNN/FNSネットワークセールス番組のスポンサーとの交渉を山形テレビだけ単独で行わせるペナルティを課した。
  5. ^ 現社名は『IBC岩手放送』。
  6. ^ 不定期で放送されていた。
  7. ^ 1993年9月までの社名は『静岡県民放送』(通称:静岡けんみんテレビ)で、同年10月に現社名に変更された。
  8. ^ タイトルを『水曜ドキュメント』と改題したうえで放送されていた。

関係項目編集

ABCテレビ制作、テレビ朝日系列 金曜21:00枠
前番組 番組名 次番組
ハングマンGOGO
【ここまでドラマ枠】
知りたい時が見たい時 素敵にドキュメント

いつみの情報案内人 素敵にドキュメント

素敵にドキュメント