橐離国(たくりこく、朝鮮語: 고리국)は、夫余の建国者である東明王が誕生した国である[1]

橐離国は、夫余の北に位置するとされる[2]

国名表記編集

橐離国は史料により様々に表記される[3]

なお、夫余建国者の東明王の最も古い記録は、中国後漢王充の『論衡』である[3]

  • 論衡』巻二・吉験篇では、「橐離国」(たくりこく)とある。
  • 三国志』巻三〇・魏書三〇・烏丸鮮卑東夷・夫餘所引『魏略』では、「槀離之国」(こうりこく)とある。
  • 後漢書』巻八五・東夷七五・夫餘、『北史』巻九四・列伝八二・百済では、「索離国」とある。

建国説話編集

三国志』巻三〇・魏書三〇・烏丸鮮卑東夷・夫餘所引『魏略』には以下の記述がある。

昔北方有槀離之國者,其王者侍婢有身,王欲殺之,婢云:「有氣如雞子來下,我故有身。」後生子,王捐之於溷中,豬以喙嘘之,徙至馬閑,馬以氣嘘之,不死。王疑以爲天子也,乃令其母收畜之,名曰東明,常令牧馬。東明善射,王恐奪其國也,欲殺之。東明走,南至施掩水,以弓撃水,魚鱉浮爲橋,東明得度,魚鱉乃解散,追兵不得渡。東明因都王夫餘之地。 〈昔、北夷の槀離之国があり、王は侍女が妊娠したので殺そうとした。侍女は「以前、空にあった鶏の卵のような霊気が私に降りてきて、身ごもりました」と言い、王は騙された。その後、彼女は男子を生んだ。王が命じて豚小屋の中に放置させたが、豚が息を吹き掛けたので死ななかった。次に馬小屋に移させると、馬もまた息を吹き掛けた。それを王は神の仕業だと考え、母に引き取って養わせ、東明と名づけた。東明は長ずると、馬に乗り弓を射ること巧みで、凶暴だったため、王は東明が自分の国を奪うのを恐れ、再び殺そうとした。東明は国を逃れ、南へ走り施掩水にやって来て、弓で川の水面を撃つと、魚や鼈が浮かび上がり、乗ることが出来た、そうして東明は夫余の地に至り、王となった。〉

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 赤羽目匡由『渤海王国の政治と社会』吉川弘文館、2011年10月13日、90頁。ISBN 978-4642081504
  2. ^ 赤羽目匡由『渤海王国の政治と社会』吉川弘文館、2011年10月13日、92頁。ISBN 978-4642081504
  3. ^ a b 赤羽目匡由『渤海王国の政治と社会』吉川弘文館、2011年10月13日、110頁。ISBN 978-4642081504