紫カントリークラブ

紫カントリークラブ(むらさきカントリークラブ)は、 千葉県野田市目吹に事務所があるゴルフ場。野田市目吹に「すみれコース」、同市鶴奉に「あやめコース」のゴルフ場がある。

紫カントリークラブ
すみれコース
Murasaki Country Club
Sumire Course
紫カントリークラブ
紫カントリークラブすみれコースの空中写真。
2019年6月26日撮影の2枚を合成作成。国土交通省 国土地理院 地図・空中写真閲覧サービスの空中写真を基に作成。
所在地 日本の旗 日本
千葉県野田市目吹111番地 
座標: 北緯35度57分35.87秒 東経139度53分59.74秒 / 北緯35.9599639度 東経139.8999278度 / 35.9599639; 139.8999278
Nuvola apps kolf.svg 概要
開業 1961年昭和36年)4月16日
運営 メンバーシップコース
設計 小林 英年、改造 ダミアン・パスクーツォ、スティーブ・ペイト
運営者 紫興業株式会社
トーナメント ・1972年 第40回 日本プロゴルフ選手権大会
・2020年 第85回 日本オープンゴルフ選手権競技大会
・2022年 第55回 日本女子オープンゴルフ選手権競技大会予定
Nuvola apps kolf.svg コース

OUT IN
HOLE PAR YARD HOLE PAR YARD
1 4 415 1 4 423
2 4 426 2 3 172
3 4 463 3 5 495
4 5 566 4 4 425
5 4 435 5 4 451
6 3 181 6 3 227
7 5 579 7 4 428
8 3 251 8 4 465
9 4 404 9 5 572
36 3720 36 3658

Nuvola apps kolf.svg その他
公式サイト 紫カントリークラブすみれコース
テンプレートを表示
紫カントリークラブ
あやめコース
Murasaki Country Club
Ayame Course
紫カントリークラブ
紫カントリークラブあやめコースの空中写真。
2019年6月26日撮影の2枚を合成作成。国土交通省 国土地理院 地図・空中写真閲覧サービスの空中写真を基に作成。
所在地 日本の旗 日本
千葉県野田市鶴奉463-1番地
Nuvola apps kolf.svg 概要
開業 1961年昭和36年)8月20日
運営 パブリックコース
設計 小林 英年
運営者 紫興業株式会社
Nuvola apps kolf.svg コース
EASTコース

OUT IN
HOLE PAR YARD HOLE PAR YARD
1 4 375 1 5 510
2 3 180 2 4 386
3 4 357 3 3 175
4 3 195 4 4 415
5 5 510 5 4 307
6 4 346 6 4 380
7 4 411 7 3 150
8 4 364 8 4 406
9 5 511 9 5 482
36 3249 36 3211
WESTコース

OUT IN
HOLE PAR YARD HOLE PAR YARD
1 4 322 10 4 321
2 3 127 11 4 353
3 4 375 12 4 369
4 3 176 13 4 355
5 5 450 14 5 458
6 4 392 15 5 444
7 5 453 16 3 158
8 4 353 17 4 328
9 4 323 18 3 157
36 2971 36 2943

Nuvola apps kolf.svg その他
公式サイト 紫カントリークラブあやめコース
テンプレートを表示
紫興業株式会社
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
278-0003
千葉県野田市鶴奉463-1
北緯35度57分14.79秒 東経139度53分38.61秒 / 北緯35.9541083度 東経139.8940583度 / 35.9541083; 139.8940583座標: 北緯35度57分14.79秒 東経139度53分38.61秒 / 北緯35.9541083度 東経139.8940583度 / 35.9541083; 139.8940583
設立 1959年8月29日
業種 サービス業
法人番号 6040001071551
事業内容 ゴルフ場の管理運営
代表者 代表取締役会長 小佐野隆正
代表取締役社長 梶原宏氏
資本金 9,600万円
純利益 1億0629万3000円(2020年03月31日時点)[1]
総資産 74億7751万3000円(2020年03月31日時点)[1]
主要株主 国際興業
外部リンク http://www.murasaki-cc.co.jp/
テンプレートを表示

概要編集

紫カントリークラブは、1955年昭和30年)、千葉県野田市目吹地区の地主たちが、地元の野田醤油株式会社に働きかけたことに始まる[2]1960年(昭和35年)、新たなゴルフ場建設に向け、「すみれコース」18ホール、「あやめコース」18ホールのコース建設のため母体会社「紫興業株式会社」が設立された[2]

ゴルフ場建設用地のうち、パブリックコースのあやめコースの用地は、野田醤油の茂木一族の所有地である[2]。コース設計を小林英年に依頼した、地形は申し分ないと小林はいった、計画は地主の総意に支えられ順調に進行した[2]1960年(昭和35年)10月、コースの工事は着工され、1961年(昭和36年)3月、すみれコース18ホールが完成、同年4月16日、コースは開場された[2]。同年8月20日、あやめコース9ホールを開場した[2]1977年(昭和52年)、あやめコース9ホールを増設、総ホール数36ホールのコースとなる[2]

1979年(昭和54年)、国際興業グループとなる。2010年(平成22年)9月、コース設計家であるダミアン・パスクーツォとスティーブ・ペイトの2Pゴルフコースデザイン社によってコース改造が行われた[3][4]

日本のプロゴルフメジャー大会の1つ、日本プロゴルフ協会主催競技でもあり、日本選手権大会に相当する、日本プロゴルフ選手権大会など多くの大会開催の実績がある。

すみれコース編集

所在地編集

〒278-0001 千葉県野田市目吹111番地 

コース情報編集

  • 開場日 - 1961年4月16日
  • 設計者 - 小林 英年、改造 ダミアン・パスクーツォ、スティーブ・ペイト
  • コースタイプ - 林間コース
  • コース - 18ホールズ、パー72、7,378ヤード、コースレート75.1(Aグリーン、トーナメントティー)
  • グリーン - 2グリーン、ベント(ペンクロス)
  • フェアウエイ - コーライ
  • ラフ - ノシバ
  • ハザード - バンカーの77、池が絡むホール7
  • プレースタイル - 歩行でのラウンド、全組キャディ付き
  • 練習場 - 9打席 250ヤード
  • 休場日 - 毎週月曜日、12月31日、1月1日、8月15日[5]

ギャラリー編集

交通アクセス編集

メジャー選手権編集

あやめコース編集

所在地編集

〒278-0003 千葉県野田市鶴奉463-1番地

コース情報編集

  • 開場日 - 1961年8月20日
  • 設計者 - 小林 英年
  • 面積 - 883,000m2(約26.7万坪)
  • コースタイプ - 林間コース
  • コース - 36ホールズ、パー144、ヤード イーストコース6,460ヤード、ウェストコース5,914ヤード、コースレート イーストコース70.5、ウェストコース59.5
  • グリーン - 2グリーン、ベント(ペンクロス)
  • フェアウエイ - コーライ
  • ラフ - ノシバ
  • ハザード - バンカーの77、池が絡むホール7
  • プレースタイル - 乗用カート、セルフまたはキャディ付き
  • 練習場 - 9打席 25ヤード
  • 休場日 - 毎週月曜日、12月31日、1月1日、8月15日[10][11]

ギャラリー編集

交通アクセス編集

エピソード編集

  • 1959年昭和34年)、第1次ゴルフブーム頃、野田市周辺で先に開場していた「千葉カントリークラブ 野田コース、川間コース」では、土・日曜になると車の列が続いた。地元の地主たちは、それを見て羨ましく思った[13]
  • 醤油のことを俗に「むらさき」という、「紫カントリークラブ」の「紫(むらさき)」は、それからという説がある。本当は、吉川英治の「紫といえば、武蔵野が浮かんでくる。紫草と武蔵野の土とは、切っても切れない縁である。」という命名による。後に、吉川英治は終身会員となった[13]
  • コース設計した小林英年は、1953年(昭和28年)、幻に終わった隣接の梅郷コース計画で、設計を担当した小林英年、監修の藤田欽哉、井上誠一の、その経験を買われたのだろうか[13]
  • すみれコースのティグラウンドの動物像、1番ホールの「ライオン」に始まって、18番ホールの「鹿」で終わるが、太平洋美術会・今里龍生の作品である[13]
  • すみれコースの16番ホール、ティグラウンドに動物像「駱駝コブ」であるが、コブに見立てた二つの砲台グリーンがある[13]
  • 1番距離の長い13番ホール、ティグラウンドに動物像「の背」は、フェアウェイは広いが、背中だから微妙に左右の林に傾斜があり、二つのグリーンが象の大きな耳の形である[13]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 紫興業株式会社 第61期決算公告
  2. ^ a b c d e f g 『美しい日本のゴルフコース BEAUTIFUL GOLF CULTURE IN JAPAN 日本のゴルフ110年記念 ゴルフは日本の新しい伝統文化である』、ゴルフダイジェスト社「美しい日本のゴルフコース」編纂委員会編、「紫カントリークラブ すみれコース」、東京 ゴルフダイジェスト社、2013年12月、2021年2月2日閲覧
  3. ^ 「紫カントリークラブすみれコース」、ヒストリー、2020年8月29日閲覧
  4. ^ 「紫カントリークラブあやめコース」、会社概要、2020年8月29日閲覧
  5. ^ 「紫カントリークラブすみれコース」、コース案内、2020年8月29日閲覧
  6. ^ 「紫カントリークラブすみれコース」、アクセス、2020年8月29日閲覧
  7. ^ 「日本プロゴルフ選手権大会」、日本プロゴルフ協会、2020年8月29日閲覧
  8. ^ 「日本オープンゴルフ選手権競技」、日本ゴルフ協会、2020年9月9日閲覧
  9. ^ 「日本女子オープンゴルフ選手権競技」、日本ゴルフ協会、2020年8月29日閲覧
  10. ^ 「紫カントリークラブあやめコース」、コース案内、基本情報、2020年8月29日閲覧
  11. ^ 「紫カントリークラブあやめコース」、ゴルフダイジェスト、ゴルフ場詳細、2020年8月29日閲覧
  12. ^ 「紫カントリークラブあやめコース」、アクセス、2020年8月日閲覧
  13. ^ a b c d e f 『美しい日本のゴルフコース BEAUTIFUL GOLF CULTURE IN JAPAN 日本のゴルフ110年記念 ゴルフは日本の新しい伝統文化である』、ゴルフダイジェスト社「美しい日本のゴルフコース」編纂委員会編、「紫カントリークラブ すみれコース」、東京 ゴルフダイジェスト社、2013年12月、2021年2月2日閲覧

関連文献編集

  • 『新建築』、「紫カントリークラブ 都市建築研究所」、東京 新建築社、1961年6月、2020年8月29日閲覧
  • 『月刊ゴルフマネジメント』、26 (通号 253)、「ゴルフ倶楽部を考える(228)紫カントリークラブの創設」、井上勝純著、東京 一季出版、2005年4月、2020年8月29日閲覧
  • 『ゴルフ場ガイド 東版』2006-2007、「紫カントリークラブあやめコース(千葉県)」「カントリークラブすみれコース(千葉県)」、東京 ゴルフダイジェスト社、2006年5月、2020年8月29日閲覧
  • 『月刊ゴルフマネジメント』、30 (通号 319)、「クローズアップ21(その108)機械化と立地や規模の利便性を強調する 紫カントリークラブあやめコース 親しみやすさで女性などの新規顧客獲得へ」、東京 一季出版、2009年12月、2020年8月29日閲覧
  • 『美しい日本のゴルフコース BEAUTIFUL GOLF CULTURE IN JAPAN 日本のゴルフ110年記念 ゴルフは日本の新しい伝統文化である』、ゴルフダイジェスト社「美しい日本のゴルフコース」編纂委員会編、「紫カントリークラブ すみれコース」、東京 ゴルフダイジェスト社、2013年12月、2020年8月29日閲覧

関連項目編集

外部リンク編集