紫式部文学賞

紫式部文学賞(むらさきしきぶぶんがくしょう)は、京都府宇治市と市の教育委員会が主催する、同市ゆかりの文学者紫式部の名が冠された文学賞である。前年1月1日から12月31日までに発表された、女性作家による日本語の文芸作品・文学研究を対象とする。受賞者には正賞としてブロンズ像、副賞として200万円が授与される。

紫式部文学賞
Tosa Mitsuoki 002.JPG
受賞対象 女性が書いた文学作品
会場 宇治市文化センター
日本
授与者 宇治市と宇治市教育委員会
初回 1991年
公式サイト http://www.city.uji.kyoto.jp/0000002609.html

目次

受賞作一覧編集

第1回から第10回編集

回(年) 受賞者 受賞作 刊行
第1回(1991年度) 受賞 石丸晶子 『式子内親王伝――面影びとは法然』 1989年12月 朝日新聞社
第2回(1992年度) 受賞 江國香織 きらきらひかる 1991年5月 新潮社
第3回(1993年度) 受賞 石牟礼道子 『十六夜橋』 1992年5月 径書房
第4回(1994年度) 受賞 岩阪恵子 『淀川にちかい町から』 1993年10月 講談社
第5回(1995年度) 受賞 吉本ばなな 『アムリタ』【上下】 1994年1月 福武書店
第6回(1996年度) 受賞 田中澄江 『夫の始末』 1995年10月 講談社
第7回(1997年度) 受賞 村田喜代子 『蟹女』 1996年6月 文藝春秋
第8回(1998年度) 受賞 斎藤史 『齋藤史全歌集 1928-1993』 1997年5月 大和書房
第9回(1999年度) 受賞 川上弘美 『神様』 1998年9月 中央公論社
第10回(2000年度) 受賞 三枝和子 『薬子の京』【上下】 1999年1月 講談社

第11回から第20回編集

回(年) 受賞者 受賞作 刊行
第11回(2001年度) 受賞 富岡多惠子 『釋迢空ノート』 2000年10月 岩波書店
第12回(2002年度) 受賞 河野裕子 『歩く 河野裕子歌集』 2001年10月 青磁社
第13回(2003年度) 受賞 大庭みな子 『浦安うた日記』 2002年12月 作品社
第14回(2004年度) 受賞 俵万智 『愛する源氏物語』 2003年7月 文藝春秋
第15回(2005年度) 受賞 津島佑子 『ナラ・レポート』 2004年9月 文藝春秋
第16回(2006年度) 受賞 梨木香歩 『沼地のある森を抜けて』 2005年8月 新潮社
第17回(2007年度) 受賞 馬場あき子 『歌説話の世界』 2006年4月 講談社
第18回(2008年度) 受賞 伊藤比呂美 『とげ抜き 新巣鴨地蔵縁起』 2007年6月 講談社
第19回(2009年度) 受賞 桐野夏生 『女神記』 2008年11月 角川書店
第20回(2010年度) 受賞 川上未映子 『ヘヴン』 2009年9月 講談社

第21回から編集

回(年) 受賞者 受賞作 刊行
第21回(2011年度) 受賞 多和田葉子 『尼僧とキューピッドの弓』 2010年7月 講談社
第22回(2012年度) 受賞 岩橋邦枝 『評伝 野上彌生子――迷路を抜けて森へ』 2011年9月 新潮社
第23回(2013年度) 受賞 赤坂真理 『東京プリズン』 2012年7月 河出書房新社
第24回(2014年度) 受賞 森まゆみ 『『青鞜』の冒険
女が集まって雑誌をつくるということ』[1]
2013年6月 平凡社
第25回(2015年度) 受賞 佐藤愛子 『晩鐘』[2] 2014年12月 文藝春秋
第26回(2016年度) 受賞 平田俊子 『戯れ言の自由』[3] 2015年10月 思潮社
第27回(2017年度) 受賞 津村記久子 『浮遊霊ブラジル』[4] 2016年10月 文藝春秋

選考委員編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集