累積投票(るいせきとうひょう、英:cumulative voting)とは、複数人の当選者を決める選挙方法である。選挙人は、複数の票を投票できるが、連記投票とは異なり、一人の候補に対して複数の票を投票することができる。

概説編集

累積投票においては、各選挙人は複数の票が与えられる。選挙人は、この複数の票を候補者達に対して任意に分配して投票することができる。すなわち、累積投票においては、一部の票を同一人に重複して投票することができる。特に、持っている票のすべてを一人の候補に対して集中して投票することもできる。当選者は、相対的な得票数の多い順に決定する[1]

Voting options
     
上記のようなポイント式は、もっともよく使われている。選挙人は縦の列ごとに一つだけマークすることができる。

歴史編集

累積投票はJames Garth Marshallによって推進され、1953年にケープ植民地の第二院において採用された[2]。また、 イリノイ州下院[3] において、1870年から1980年に廃止されるまで用いられた[4][5][6]。また19世紀後半のイングランドにおいて教育委員の選出に用いられた。

2012年3月現在、50を超えるアメリカ合衆国の自治体が累積投票を用いているが、 これらはすべて投票権法 (1965年)の下で起こされた訴訟の結果である。このような自治体の中には、市議会の半数を選ぶイリノイ州ピオリア、郡議会および教育委員会を選ぶ アラバマ州チルトン郡 、および教育委員会および大学理事会を選ぶ テキサス州アマリロなどがある[7]

裁判所は、投票権法の下で起こされた訴訟において、投票権法違反の是正として累積投票法の使用を命じることがあった。その一例は、2009年のニューヨーク州ポートチェスターの例であり[8][9] 、2010年に最初の累積投票を評議員会について行った[10]

特徴編集

累積投票の特徴は、選挙人の過半数以下の少数派にも代表を選出する権利を与えるところにある。実際、n 議席を選出する選挙では、全有権者の保有する票が均等な場合、 全有権者の1/n+1を超える集団は、一人の候補へ票を集中させることによって、集団外の有権者の行動にかかわらず、必ず一人の当選者を出すことができる。したがって、累積投票は、少数代表制に分類される[11]

林田亀太郎は、単記非移譲式投票を日本の衆議院選挙に導入するにあたって、イリノイ州の累積投票を参考にした[12]

使用編集

 
Corporate ballot

株式会社による取締役の選任編集

累積投票は株式会社における取締役選任で用いられることがある。

日本の会社法342条は、累積投票による取締役の選任について定めている。それによれば、複数の取締役の選任にあたっては、定款に別段の定めがあるときを除き、株主からの請求があった場合、一株につき選任する取締役の数と同数の票を持つ累積投票によって取締役が選出される。ただし、日本の企業の多くは定款によって累積投票を排除している[13]

日本の株式会社の累積投票は、アメリカ法の影響を受けた1950年の商法改正によって導入された。導入当初から1974年に改正されるまでの間は、定款による絶対的排除は認められておらず、発行株式の1/4 を所有する株主の請求に対してはこれに応じなけらばならなかった[14]

公的機関編集

アメリカ合衆国のいくつかの自治体において累積投票は使用されている。イリノイ州下院においては、1870年から1980年まで、3人選出の選挙区において、一人三票の累積投票によって議員が選出されていた[15]

脚注編集

[脚注の使い方]

註釈編集

出典編集

  1. ^ 森口繁治 (1925)「比例代表法の研究」有斐閣
  2. ^ 森口繁治 (1925)
  3. ^ Cumulative Voting: The great debate over Illinois' unique system of electing legislators: No----ii760912”. en:Northern Illinois University. Illinois Issues (12 – 14 November 1976). 2015年5月17日閲覧。
  4. ^ Daily Herald | Some say Quinn's '79 initiative created environment for corruption”. Daily Herald (2009年5月19日). 2016年3月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年5月17日閲覧。
  5. ^ FairVote - Illinois' Drive to Revive Cumulative Voting”. en:FairVote. 2015年5月17日閲覧。
  6. ^ Homeowners Associations: CUMULATIVE VOTING” (2003年8月2日). 2008年5月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年5月17日閲覧。
  7. ^ Newman, Brad (2008年5月11日). “Two new faces join AC regents | Amarillo.com | Amarillo Globe-News”. en:Amarillo Globe-News. http://amarillo.com/stories/051108/new_10304035.shtml 2015年5月17日閲覧。 
  8. ^ FairVote.org | Port Chester will use Cumulative Voting”. en:FairVote. 2015年9月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年5月17日閲覧。
  9. ^ “Landmark Port Chester Cumulative Voting Election to Be Set for June 2010 -- PORT CHESTER, N.Y., Dec. 17 /PRNewswire-USNewswire/”. en:PR Newswire. (2009年12月17日). http://www.prnewswire.com/news-releases/landmark-port-chester-cumulative-voting-election-to-be-set-for-june-2010-79549122.html 2015年5月17日閲覧。 
  10. ^ Page 2”. Port chester votes. 2015年2月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年5月17日閲覧。
  11. ^ 森口繁治 (1925)
  12. ^ 林田亀太郎「改正衆議院議員選挙法釈義」1902年 東京専門学校出版部
  13. ^ ⽇経⾦融新聞1998年06月11日
  14. ^ 堀口勝 (2010) 「累積投票制度に関する若干の考察」東洋法学54-1
  15. ^ Fair Vote Fair Representation Voting in the United States

関連項目編集