細井広沢

七言律詩 正徳5年 東京国立博物館

細井 広沢 (ほそい こうたく、万治元年10月8日1658年11月3日) - 享保20年12月23日1736年2月4日))は、江戸時代中期の儒学者書家篆刻家知慎(ともちか)、は公謹。通称次郎太夫(じろうだゆう)。広沢は。別号に玉川、室号に思胎斎・蕉林庵・奇勝堂などがある。

目次

略伝編集

万治元年(1658年)10月8日に遠江国掛川において細井玄佐知治(松平信之の家臣)の次男として生まれた。母は山本氏。

11歳の時に父とともに江戸へ入り、朱子学坂井漸軒に学び、書道を北島雪山に学んだ。ほかにも兵学・歌道・天文・算数などあらゆる知識に通じ、博学をもって元禄前期に柳沢吉保に200石で召抱えられた。また剣術を堀内正春に学び、この堀内道場で師範代の赤穂浪士堀部武庸と親しくなった。

赤穂事件でも堀部武庸を通じて赤穂浪士に協力し、討ち入り口述書の添削をおこない、また『堀部安兵衛日記』の編纂を託された。吉良邸討ち入り計画にかなり深い協力をしており、武庸からの信頼の厚さが伺える。

この事件の間の元禄15年(1702年)に柳沢家を放逐された。広沢が幕府側用人松平輝貞高崎藩主)と揉め事を抱えていた友人の弁護のために代わりに抗議した結果、輝貞の不興を買い、広沢を放逐せよとしつこく柳沢家に圧力をかけるようになり、吉保がこの圧力に屈したというのが放逐の原因である。しかし、吉保は広沢の学識を惜しんで、浪人後も広沢に毎年50両を送ってその後も関係も持ち続けたといわれる。

享保20年(1735年)12月23日に死去。著書に『国字国訓弁』『紫微字様』がある。

書・篆刻編集

広沢は書道に多大な貢献をしている。書に関する著述には『観鵞百譚』『紫微字様』『撥蹬真詮』など多数。筆譜に『思胎斎管城二譜』がある。

また日本篆刻の先駆とされる初期江戸派のひとりである。蘭谷元定松浦静軒などに学び、唐寅や一元に師法し、羅公権の『秋間戯銕』などから独学した。また榊原篁洲池永一峰今井順斎らとの交流で互いに研鑽した。とりわけ池永一峰とともに正しい篆文の形を世に知らしめようと『篆体異同歌』を著した。また法帖の拓打について新しく正面刷りの方法を考案して『太極帖』を刻している。広沢と子の細井九皋の印を集めた印譜『奇勝堂印譜』があり日本における文人篆刻の嚆矢とされている。

門弟に関思恭柳沢淇園などがいる。

墓所は東京都世田谷区等々力満願寺にある。この寺に広沢の自刻印が二十数顆伝わっている。

出典編集

関連項目編集