メインメニューを開く

細山田 武史(ほそやまだ たけし、1986年4月29日 - )は、鹿児島県出水市出身[1]の元プロ野球選手捕手)。右投右打。現在はトヨタ自動車硬式野球部でプレーを続けている[2]

細山田 武史
トヨタ自動車 #36
Hawks00-Hosoyamada.jpg
ソフトバンク時代
(2015年7月1日、福岡ヤフオク!ドームにて)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 鹿児島県出水市[1]
生年月日 (1986-04-29) 1986年4月29日(33歳)
身長
体重
179 cm
74 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 2008年 ドラフト4位
初出場 2009年4月4日
最終出場 2015年8月28日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

経歴編集

プロ入り前編集

大龍小学校3年生から野球を始め、小学6年時鹿児島選抜のメンバーに選ばれた。同年秋、大口スポーツ少年団正捕手キャプテンとして県大会優勝、大口中学校では3年春に鹿児島大会ベスト4となった[3]。2年時に観戦した夏の鹿児島大会決勝で大差で敗れたにも関わらず笑顔の選手に驚き、「笑える野球がしたい」と卒業後は鹿児島城西へ進学した[4]

鹿児島城西高等学校では1年夏から正捕手となった[3]2003年・2年夏の甲子園鹿児島大会では鹿児島商業との準決勝で延長12回サヨナラ負けを喫した[5]2004年・3年夏の甲子園鹿児島大会では全試合フル出場したが準々決勝で鹿児島実業に2対7で敗れた[6]

スポーツ推薦早稲田大学スポーツ科学部に進学した[7]。1年春からベンチ入りし、2006年・2年秋には正捕手となり[3]明治神宮野球大会では宮本賢大谷智久らをリードしたが決勝戦で亜細亜大学に2対5で敗れた[8]

2007年・3年時には前年の夏の甲子園で話題となった斎藤佑樹が入学し、入学当初からバッテリーを組み、以後2年間『斎藤佑樹(佑ちゃん)の恋女房』と報道される事が増えた[9]。3年春のリーグ戦では松下建太須田幸太斎藤佑樹福井優也らをリードして2季連続の優勝、首位打者(打率.424)とベストナインも獲得した[10][11]。リーグ戦途中から2番打者となった。全日本大学野球選手権大会東海大学を破り33年ぶりの優勝となった[12]。6月25日に日米大学野球選手権大会の代表に選出され[13]、日本の優勝が決まった第4戦以外の4試合にフル出場して2勝2敗だった[14][15]。秋のリーグ戦も制して3季連続の優勝に貢献、ベストナインも獲得した[16]。優勝パレードの壇上では「花は桜木、男は細山田」と叫んだ[17]。明治神宮野球大会は決勝戦で東洋大学大場翔太に完封負けを喫して準優勝となった[18]

2008年

4年夏は6月23日に第4回世界大学野球選手権大会の日本代表に選出された[19]。7月18日からチェコ共和国ブルノ市で行われた同大会では第1戦と決勝戦以外の7試合に出場し、3試合で先発マスクを被った[20]台湾との1次リーグ第1戦は先発予定だったがユニフォームを宿舎に忘れて急遽大野奨太に変更された[21]カナダ代表との第2戦では延長11回一死二三塁の場面で自身が右翼へサヨナラ犠飛を放ち勝利した[22]韓国との第3戦の朝に父の訃報が伝えられ、先発マスクを外されたが4点リードの7回から斎藤佑樹と共に出場、2人で2イニングを無失点に抑え、9回も武内久士と組み無失点に抑え勝利した[23][24]。韓国との準決勝では斎藤とのコンビでフル出場して9回を1失点に抑えて河原井正雄監督の誕生日に勝利した[25]。決勝ではマスクを被らず、チームは敗れた[26]

10月30日のドラフト会議横浜ベイスターズから4位指名を受けた[27]。リーグ優勝が懸かる早慶戦が近いという理由で早稲田大学が記者会見を行わなかった[28]。秋のリーグ戦では先制二塁打などの活躍で慶應義塾大学を破り優勝し[29][30]、3年春から4季連続でベストナインも獲得した[9]。11月5日に横浜ベイスターズから指名挨拶を受けた[31]。なお1969年荒川事件以来、同球団と早稲田大学は39年間絶縁状態だった。明治神宮野球大会は準決勝の東北福祉大学戦でフル出場し、先発・斎藤佑樹を8回無失点とリードしたが延長10回同点一死三塁の場面で大石達也がサヨナラスクイズを決められ0対1で敗れた[32][33]。リーグ通算70試合に出場、214打数60安打、打率.280、1本塁打、32打点、6盗塁、ベストナイン4回を記録。

11月30日に横浜と契約を結び、背番号は36に決まった[34]。12月12日に大学日本代表でチームメイトだった松本啓二朗山崎憲晴と共に入団発表を行った[35]

横浜・DeNA時代編集

2009年

横浜は前年の正捕手・相川亮二FA移籍し、阪神から野口寿浩がFA加入し、監督の大矢明彦から正捕手候補として期待されていた[36]。キャンプでアピールを重ね[37][38]、オープン戦で工藤公康とバッテリーを組み、工藤は「打たれて勉強することもある」と細山田のサインに首を振ることなく投球した[39]。新人ながら同期の松本啓二朗、山崎憲晴と共に開幕一軍入りを果たした[40]。4月4日の対中日ドラゴンズ戦(ナゴヤドーム)で5点ビハインドの5回裏の守備から途中出場し、4人の中継ぎ投手をリードして4イニングを1失点に抑え、プロ初出場を果たした[41]。打撃は吉見一起の前に2打数無安打と抑えられた[42]。野口が開幕マスク4連敗したため4月8日の対読売ジャイアンツ戦でプロ初となる先発マスクを被り、工藤公康とのバッテリーを組んだが、制球が定まらず本塁打を4本浴び、5イニング8失点で敗戦した。2打席目に福田聡志から二塁打を放ってプロ初安打、その後内藤雄太のゴロで生還して初得点を記録した[43][44]。先発マスクで2連敗したため再び正捕手は野口に戻ったが、4月下旬から奪い返した。4月24日の対東京ヤクルトスワローズ戦では初めて三浦大輔とバッテリーを組み8回2/3で無失点に抑え、代わった石井裕也で後続も断ち、捕手としてプロ入り初の完封勝利を果たした[45][46]。4月26日の同カードでは由規から押し出し四球でプロ初打点を挙げた[47]。4月28日の対阪神タイガース戦では6回1点ビハインド二死満塁の場面で走者一掃の二塁打を放ち、プロ初タイムリー打と初マルチヒットを記録した[48][49]。5月8日の対阪神戦では三浦が完封勝利し、プロ入り初めて先発投手を完封に導いた[50]。翌日5月9日の同カードでも完封リレーで自身初の連続完封勝利となり[51]、投手陣や首脳陣の信頼を得た[52]。5月18日から無期限休養となった大矢に代わって、湘南シーレックス田代富雄が指揮を執り始めると、新沼慎二武山真吾の起用機会も増え、6月以降は新沼とのスタメン併用、7月以降は黒羽根利規、武山との併用となっていった。田代体制ではスクイズや盗塁アシストなど小技を見せる機会が増えた[53][54]。5月29日から6月26日の10試合で先発マスクで10連敗した。バント処理の遅れを指摘されたり[55]、8月27日の対阪神戦の7回に見逃しと空振りでリーグ31人目となる1イニング2三振を記録するなど[56][57]、攻守に課題も見せていた。8月下旬以降は打率.160前後で、被盗塁も多くバントミスもあり[58][59]、三浦先発時に2試合連続チームが敗戦したことなどから9月9日に二軍降格となった[60]。降格後の9試合で29打数10安打、打率.345を残したが、9月18日のイースタン・リーグ千葉ロッテマリーンズ戦の5回フライ捕球守備の際に三塁手村田修一と交錯し、左太腿を強打して筋挫傷となり、そのまま二軍でシーズンを終え、フェニックス・リーグも不参加となった[61]。最終的にチーム捕手最多となる88試合に出場したが[62]、盗塁阻止率はリーグワーストの.173、打率も.158と課題を残した。チームの盗塁阻止率は.181であり、セントラル・リーグのチームの盗塁阻止率が2割に満たなかったのは1997年の中日ドラゴンズ以来12年ぶりの失態となった[63]。62試合で先発マスクを被り、フル出場した30試合では17勝13敗、3完封勝利だった。三浦大輔との15試合では7勝6敗だったが、最も多く組んだレス・ウォーランドとのコンビでは18試合で5勝9敗、その他の先発とは29試合で3勝14敗と大幅に負け越した。

2010年

前年正捕手が固定されなかった事もあり球団は橋本将を獲得し、同年から監督に尾花高夫が就任した。春季キャンプは発熱による遅れがあったものの、合流後は盗塁阻止率改善に向けて、内股気味に踏み出す左足の矯正に取り組んだ[64]。途中で二軍キャンプ行きとなったが[65]、開幕は一軍で迎えた。主に橋本を休ませる目的で起用された[66][67]。シーズン中には尾花からスローイング、バントの指導も受けていたが[68]、打率.111だったこともあり6月16日に二軍へ降格された。チームの借金が40を越えた9月28日に再昇格したが活躍する事無くシーズンを終えた。先発マスクは11試合で、フル出場した6試合で4勝2敗だった。なお4月21日から10月3日までの先発マスク8試合でわずか1勝しか挙げられなかった。

2011年

開幕を一軍で迎え、抹消される事無く一軍で過ごした[69]。5月6日の対阪神戦ではチームとして10戦ぶりとなる先制打を放った[70]。同試合では山本省吾との初バッテリーで結果を出し[71]、プロ3年目にして初のヒーローインタビューを受けた[72]。この日を境に先発出場の機会が増え、5月・6月は武山真吾と併用、7月から新沼慎二が加わり、8月中旬以降は黒羽根利規との併用となった。8月5日の対中日戦では球団が2008年から11連敗していた吉見一起から先制打を含む2安打と活躍して連敗を4で止めた[73][74]。9月28日の対巨人戦では福田聡志からプロ1号となる先制ソロ本塁打を放ったが、抑えの山口俊が9回に逆転され敗戦した[75]。10月8日の対阪神戦の9回1点ビハインド二死二三塁の場面で藤川球児から逆転の2点タイムリー打を放ってプロ初のサヨナラ打を記録した[76]。最終的にチーム捕手最多の54試合で先発マスクを被り、フル出場した22試合では15勝6敗1分け、4完封勝利だった。15試合と最も多く組んだ高崎健太郎とは3勝8敗、加賀繁との8試合で3勝1敗だった。山本省吾とは7試合組み、前述の1勝目の後に6連敗し、山本がリリーフへ配置転換される一因を作った。打撃面では打率が初めて2割台に乗り、勝利打点4はチーム3位の数字だった[77]。守備面では守備率1.000でリーグ1位となった反面[78]、2009年に続きリーグワーストの盗塁阻止率.188と課題を残した[79]

2012年

FAで復帰加入した鶴岡一成、ドラフト2位の高卒新人・高城俊人、強肩の黒羽根の台頭もあり、今季から新しく監督に就任した中畑清からは春季キャンプからシーズン終了まで一度も一軍に呼ばれずに終わった。二軍公式戦でもわずか20試合(捕手13試合)の出場だった[80]。オフは事実上の戦力構想外となり、下交渉の時点で大幅減額を飲むか自由契約かの二択を迫られた。11月22日の契約更改交渉で減額制限を大幅に越える1,100万円ダウン(65パーセント減)の年俸600万円で更改し(金額は推定)、「これから食事は松屋吉野家にする。」と発言した[81]

2013年

春季キャンプの前に血栓が原因の右腕血行障害を発症してボールが投げられず、手術を受けて完治したが同年も一軍に上がる事なくシーズンを終えた[82][83]。二軍でも5月・6月は欠場し、公式戦は6試合の出場に終わった[84]

ブルペン捕手や職員で球団に残る道も提示されたが現役続行を希望したため[82]、10月3日に球団から戦力外通告を受けた[85][86]

11月10日に第1回12球団合同トライアウトに参加した[87]

ソフトバンク時代編集

2013年

12月12日福岡ソフトバンクホークス育成選手として細山田と契約したことを発表し、背番号は125に決まった[88]。トライアウト後にソフトバンクから合格の電話を受けた際は「ドラフトで指名された時とは比べ物にならないくらい嬉しかった。」と述べている[89]。なお、2013年12月30日にTBS系列で放送された『プロ野球戦力外通告・クビを宣告された男達』(TBS制作)では、戦力外通告の直後からソフトバンクへの入団に至るまでの経緯を、細山田への密着取材映像を交えながら紹介した[90]。12月24日に勧野甲輝松冨倫と共に入団会見を行った[91][92]

2014年

育成選手の主戦である三軍で67試合に出場して159打数39安打、打率.245、2本塁打、14打点だった[93]。二軍公式戦はわずか4試合(捕手3試合)の出場だった。

10月31日に育成選手の規約に則り自由契約公示されたが[94]、11月27日再びソフトバンクと育成選手契約を結んだ[95]

2015年

同年も三軍を中心に出場していたが、3月上旬に細川亨が骨折、3月下旬に開幕から起用されていた山下斐紹が靭帯損傷で離脱したため[96]4月3日支配下選手登録され、背番号が00へと変更された[97][1]。球団から連絡を受けたのが4月2日だっため、「エイプリルフールかと思った」とコメントした[98]。同日一軍へ昇格し、4月18日の対千葉ロッテマリーンズ戦(QVCマリン)で7回の守備から出場して移籍後初出場を果たし、二保旭を2イニング無失点とリードし、三塁ベンチ前でスライディングキャッチする好守も見せた[99][100]。出場機会が無く4月23日に二軍降格となったが、5月中旬に鶴岡慎也が骨折し、首脳陣が交流戦前に捕手3人制にするため5月24日に再昇格を果たした[101]。6月5日の対巨人戦(福岡 ヤフオク!ドーム)で移籍後初・自身4年振りの一軍スタメンマスクを任される[102][103]と、同点で迎えた4回裏1死2・3塁の打席で内海哲也から勝ち越しの2点二塁打を放った。この一打によって、一軍公式戦では自身4年振りの安打と打点を記録した。さらに走者として三塁へ進むと、今宮健太の打席で一塁走者・中村晃とのダブルスチールを敢行、自身5年振りの盗塁となるホームスチールを成功させるなど1イニングで3点を稼いでチームの勝利に貢献した[104]。ドーム内で観戦していた球団会長の王貞治は「一生懸命やったら、いいこともあるよね。頑張って野球をやってきて良かったじゃないか」と称賛のコメントを寄せている[105]。10月4日に球団から自身2度目の戦力外通告を受けた[106]が、12球団合同トライアウト(11月10日)には参加しなかった。

アマ復帰後編集

2015年11月11日に、トヨタ自動車硬式野球部へ加入することが発表された[2]。選手としてトヨタ自動車に加入したプロ野球経験者は、的場寛一(元・阪神、2006年 - 2012年に所属)に次いで2人目である。

2016年第87回都市対抗野球では正捕手として全試合に出場。早稲田大学の先輩でエースの佐竹功年投手を中心とした投手陣を好リードで引っ張り、打っては準々決勝の対東京都(NTT東日本)戦で延長10回裏にサヨナラ打を放つなど攻守共に活躍、豊田市トヨタ自動車硬式野球部)の都市対抗野球大会初制覇に大きく貢献した。なお同年の学生野球資格回復研修を受講した上で、翌2017年2月7日に日本学生野球協会より学生野球資格回復の適性認定を受けたことにより、学生野球選手への指導が可能となった[107]第28回BFAアジア選手権の代表(捕手)に選ばれた[108]2018年アジア競技大会の日本代表に選ばれた[109]。2019年の第90回都市対抗野球大会でも決勝まで勝ち進んだが、大学・横浜/DeNA時代のチームメイトだった須田を擁するJFE東日本に敗れた。

プレースタイル編集

 
レガースをつける細山田(2009年、阪神甲子園球場)

プロ入り前は大学で3季連続のリーグ優勝に導いた頭脳的なリード、投手の特徴を引き出すインサイドワーク、肩の強さ、長打力と小技を兼ね備えている点などをプロに評価されていた[110][3][111]。横浜ベイスターズでの同僚捕手・高森勇旗は細山田を身体能力が低く、パワーと肩に関してプロの捕手としては平均以下とした上で、投手への気配り、配球を含めたリード、野手への的確なポジショニングの指示など試合をコントロールする技術に長けていると評価した[112]。また、プレーは泥臭く、配球やリードに対しても研究熱心でプロとの差を埋めるために夜間練習の終了後もバッテリーコーチの福澤洋一の部屋で遅くまでミーティングしていたという[113]。トライアウトの際もシーズン中の試合同様投手とコミュニケーションをとり、野手にまで指示を出していた[114]

盗塁阻止編集

プロ入り前は盗塁阻止とボールを後逸しない点を自身の持ち味と述べており[115]、遠投距離は110メートルと言われていた[116]。プロ1年目の春に大矢からは送球時のモーションの速さを評価された[117]が、2009年と2011年にリーグワーストの盗塁阻止率[118][119]を記録した。3盗塁を許した試合では、走者を気にする余り先発投手の球数が激増したことを指摘された[120]

リード編集

バッテリーを組んだ投手と心で向き合えるキャッチャーであることを信条にしている[17]。プロ1年目の春季キャンプでは大矢明彦から達川光男みたいなしつこいリードと評された[38]。2011年の5月6日から5月11日に全試合で先発マスクを被りチームが5連勝した際に、総合コーチの岡本哲司から「緩急や残像、対角線、奥行き、投手の特性に打者の情報をプラスして、瞬時に答えを出せる」と評価されたが[121]、同年後半は直球を狙われている事に気づかず、ベンチからの指示も無視して痛打され、尾花と福澤に苦言を呈されたり[122][123]、初回に5連打を浴びるのが3試合を越えたため、「狙い球を察知できない」と評された[124]。また同年はサインミスをした年上の新人・大原慎司を怒鳴りつけるシーンもあった[125]。ソフトバンク時代には工藤公康から新人の時はリードがわかってなかったとコメントされた[126]

打撃編集

横浜時代は通算打率.171、三振率も.327と高く打撃力は課題であり、代打を出されることが多かったものの、阪神戦でのサヨナラヒットや2軍の最終試合で打った代打サヨナラ満塁ホームランなど、勝負強いバッティングを見せる場面も多い。

人物編集

明るい性格でチームをまとめる能力があり、大学時代はムードメーカーだった[11][110]

ドラフト時の横浜監督・大矢明彦の著書・『大矢明彦的「捕手」論』を愛読書として配球を学び大学のリーグ戦で生かし、横浜の指名挨拶を受けた際に「大矢監督の分身として頑張りたい」と述べた[127][115]。大矢が三国志の熱烈なファンと知り、1年目のキャンプで自身も小説版を購入した[128]。大矢が休養の形でチームを去った際は「まだ、教わりたいこともあった。大矢さんが監督でなければ、プロに入ってなかっただろうし、活躍して恩返しをしたい」と述べ、大矢も休養前に名指しで褒めていた[129]

2012年オフには前述の大幅な年俸のダウンのため、同年から参加していた大分県での内川聖一との自主トレに翌年度はお金が無くて参加できるかわからないと溢していたが[130]、ニュースを知った周囲の知人から食事を奢ってもらい参加した[131][132]

家族編集

細山田の父は大学で野球を続ける事に反対したが、何度も頭を下げる息子の熱意に打たれて「一度、決めたことをやり通すまでは、親の死に目に会えなくても帰ってくるな」と告げて続ける事を許した[133]

2008年の世界大学野球選手権大会の予選リーグ中にがんで父を亡くし、訃報を知った当日の韓国戦では斎藤が黒いTシャツを買って切り刻み、選手、関係者全員分の喪章を作り、斎藤は左腕に付けてマウンドに上がった。一度は帰国も考えたが父との約束を守って現地に留まり、同試合でスタメンを外されたが、「日本に帰っても会えない。金メダルを取って帰りたい」と発言し、味方が大量点を獲り逆転した後に途中出場した[22][134]。同試合後にはチームメイト全員のサインが入ったウイニングボールを手渡され、決勝戦で敗れたがグラウンドで「父ちゃん、メダル取ったぞ」と天に向かって叫んだ[133]

父の死後、細山田の母親は傷心の細山田を励まそうと鹿児島県から東京都の神宮球場に通い、スタンドで応援していた[135]

2008年11月中旬に父の同僚達から母を通じて一日署長の依頼があり、「父がどんなに同僚に信頼されていたのかを知りたい。プロ野球選手として、これから自分が生きていくうえでの糧にしたいです」と快諾、12月に父が勤務していた鹿児島西警察署鹿児島県警の制服を着て一日署長を務めた[136][133]

横浜時代の打席入場曲は父が好んで歌っていたと言う理由で鳥羽一郎の「兄弟船」にした[129]

2014年12月2日に大学2年時に先輩の紹介で知り合った福岡県出身の一般女性と7年の交際を実らせて入籍した[137][138]。本来は2013年オフに結婚式を予定していたが、トライアウトに専念するため延期していた[90]

ところが同年12月6日に結婚式を挙げた際に母親が式場で倒れ、クモ膜下出血のため4日後に亡くなり挙式から1週間も経たずに葬儀を行うことになった[139]。翌年一軍で移籍後初タイムリー打を打った際に「(両親に)本当はこの姿を見せたかった」と述べた[104]

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
2009 横浜 88 203 177 9 28 7 0 0 35 11 0 1 11 0 13 2 2 51 4 .158 .224 .198 .422
2010 19 33 32 1 3 1 0 0 4 1 1 0 0 0 1 1 0 6 0 .094 .121 .125 .246
2011 84 157 130 5 27 3 0 1 33 11 0 0 13 1 8 1 5 54 1 .208 .278 .254 .532
2015 ソフトバンク 12 8 6 2 1 1 0 0 2 2 1 0 1 0 1 0 0 0 0 .167 .333 .286 .619
NPB:4年 203 401 345 17 59 12 0 1 74 25 2 1 25 1 23 4 7 111 5 .171 .237 .214 .451
  • 2015年度シーズン終了時

年度別守備成績編集


捕手
試合 刺殺 補殺 失策 併殺 捕逸 守備率 企図数 許盗塁 盗塁刺 阻止率
2009 87 398 38 2 4 3 .995 75 62 13 .173
2010 19 86 7 1 0 2 .989 8 7 1 .125
2011 84 356 29 0 1 2 1.000 48 39 9 .188
2015 11 22 1 0 1 0 1.000 3 3 0 .000
通算 201 862 75 3 6 7 .997 134 111 23 .172

記録編集

背番号編集

  • 36 (2009年 - 2013年)
  • 125 (2014年 - 2015年4月2日)
  • 00 (2015年4月3日 - 同年終了)

登場曲編集

脚注編集

  1. ^ a b c 細山田武史選手の支配下選手契約について 2015年4月3日配信 プレスリリース 福岡ソフトバンクホークス オフィシャルサイト
  2. ^ a b 【新加入選手のお知らせ】細山田 武史(ほそやまだ たけし)
  3. ^ a b c d 秋山ホークス“佑ちゃんの恋女房”獲り 2008年10月29日スポニチ
  4. ^ 【鹿児島】夏翔る 鹿児島城西・細山田捕手 準々決勝 2004年7月20日asahi.com
  5. ^ 高校野球県大会速報 鹿児島 日刊スポーツ九州
  6. ^ 第86回全国高校野球選手権大会 イチオシ!地方大会 asahicom
  7. ^ Weekly Flash 1048 CAMPUS NEWS 2004年12月9日 早稲田ウィークリー
  8. ^ 決勝戦 亜 大 - 早 大 第37回明治神宮野球大会 公益財団法人 日本学生野球協会
  9. ^ a b DeNA 細山田らに戦力外通告…早大時代は「佑ちゃんの恋女房」 2013年10月3日スポニチ
  10. ^ 神宮が燃えた! リーグ戦優勝!慶大を破り2季連続39度目のV 東京六大学野球春季リーグ戦 2007年6月7日 早稲田ウィークリー
  11. ^ a b 首位打者・細山田武史インタビュー wasedasports.com
  12. ^ 野球部の活躍を振り返る 祝 東京六大学野球春季リーグ戦 優勝! 祝 全日本大学野球選手権大会 日本一! 2007年7月5日 早稲田ウィークリー
  13. ^ 日米大学野球の代表選手名簿 2007年6月25日 読売新聞
  14. ^ 日米大学野球、日本が2年ぶり15度目優勝…米国開催で初 2007年7月8日 読売新聞
  15. ^ 第36回日米大学野球選手権大会 法政大学野球部
  16. ^ おめでとう野球部 リーグ三連覇 40回目のリーグ優勝 2007年11月8日 早稲田ウィークリー
  17. ^ a b 細山田武史「もう一度、人生を賭けてみる」5 2013年11月23日 集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ公式サイト 著者:高森勇旗
  18. ^ 大場1人で27イニング完封/神宮大会 2007年11月15日 日刊スポーツ
  19. ^ 世界大学選手権代表に佑ちゃんら22人選出 2008年6月23日 日刊スポーツ
  20. ^ 第4回世界大学野球選手権大会 公益財団法人 日本学生野球協会
  21. ^ 明大・岩田が台湾相手に1失点完投 2008年7月21日スポニチ
  22. ^ a b 佑ちゃん5失点も連勝/世界大学選手権 2008年7月21日 日刊スポーツ
  23. ^ 佑ちゃん連投2回無失点/世界大学選手権 2008年7月22日 日刊スポーツ
  24. ^ 斎藤5失点翌日に即リベンジ 2008年7月22日スポニチ
  25. ^ ここぞで決める!斎藤、韓国戦で完投○ 2008年07月28日スポニチ
  26. ^ 第4回世界大学野球選手権大会 2008/07/27(日) (チェコ・ブルノ) SANSPO.COM
  27. ^ 田沢指名なくドラフト終了/ドキュメント 2008年10月30日 日刊スポーツ
  28. ^ 横浜満点だ早大松本引き当てた/ドラフト 2008年10月31日 日刊スポーツ
  29. ^ 早大V佑ちゃん2年秋で17勝/東京6大学 2008年11月2日 日刊スポーツ
  30. ^ 早大が完全V 佑ちゃん今季7勝目で締める 2008年11月3日スポニチ
  31. ^ 松本&細山田 早大コンビが横浜を変える! 2008年11月5日スポニチ
  32. ^ 準決勝 早稲田大 - 東北福祉大 第39回明治神宮野球大会 公益財団法人 日本学生野球協会
  33. ^ 佑ちゃん8回無失点も…早大サヨナラ負け 2008年11月19日スポニチ
  34. ^ 横浜4位細山田が契約、背番号「36」 2008年12月1日 日刊スポーツ
  35. ^ 横浜の新入団選手は全員1軍キャンプ 2008年12月12日スポニチ
  36. ^ 横浜細山田の正捕手「あると思います」 2009年2月22日 日刊スポーツ
  37. ^ カミナリから5日…細山田ハレバレ汚名返上 2009年2月22日スポニチ
  38. ^ a b 細山田打った!刺した!見えた新人開幕マスク 2009年3月9日スポニチ
  39. ^ 工藤 4回5失点…開幕ローテ入りに不安 2009年3月12日
  40. ^ 中日・野本、横浜・松本ら新人7選手が開幕1軍 2009年4月1日スポニチ
  41. ^ 【横浜】新人細山田が初マスクで好リード 2009年4月4日 日刊スポーツ
  42. ^ エキサイトベースボール | 4月4日(土) 中日 vs 横浜(試合詳細)
  43. ^ 工藤散々5回8失点…「申し訳ない」 2009年4月9日スポニチ
  44. ^ エキサイトベースボール | 4月8日(水) 横浜 vs 巨人(試合詳細)
  45. ^ プロ野球スコア速報 ヤクルト対横浜 nikkansports.com 2009年4月24日
  46. ^ 番長2勝目も反省…あと1人で完封逃した 2009年4月25日スポニチ
  47. ^ プロ野球スコア速報 ヤクルト対横浜 nikkansports.com 2009年4月26日
  48. ^ 横浜、ルーキー・細山田が3打点の活躍! 2009年4月28日SANSPO.COM
  49. ^ プロ野球スコア速報 阪神対横浜 nikkansports.com 2009年4月28日
  50. ^ ハマの番長、虎に二塁踏ませず20度目完封 2009年5月9日 日刊スポーツ
  51. ^ プロ野球スコア速報 横浜対阪神 nikkansports.com 2009年5月9日
  52. ^ 「SPECIAL INTERVIEW 細山田武史」 『週刊ベースボール』2009年6月1日号、ベースボール・マガジン社、2009年、雑誌20441-6/1、10-13頁。
  53. ^ 【横浜】オバQ采配最多19安打15点で大勝 2009年5月22日 日刊スポーツ
  54. ^ オバQマジックで台覧試合を勝利 2009年7月13日 日刊スポーツ
  55. ^ オバQ大敗で若い捕手に注文 2009年8月15日 日刊スポーツ
  56. ^ プロ野球スコア速報 横浜対阪神 nikkansports.com 2009年8月27日
  57. ^ 細山田がイニング2三振 2009年8月27日 時事通信
  58. ^ かき回されるバッテリー…田代代行オカンムリ 2009年8月20日スポニチ
  59. ^ 送りバント連続失敗…そりゃないぜ横浜 2009年8月25日スポニチ
  60. ^ 田代監督代行「選手は悔しいという気持ちを出してくれた」 巨人戦から 2009年9月27日カナロコ 神奈川新聞ニュース
  61. ^ 横浜細山田が負傷、佑ちゃん対決に黄信号 2009年10月11日 日刊スポーツ
  62. ^ 横浜細山田は500万円増の1500万円 2009年11月30日 日刊スポーツ
  63. ^ 横浜 “女房”に去られフリーパス状態だった 2009年12月31日スポニチ
  64. ^ 細山田 ハマの正捕手獲りへ“今年は刺す!” 2010年 2月16日スポニチ
  65. ^ 横浜 ベテラン続々 1、2軍大量入れ替え 2010年2月19日スポニチ
  66. ^ 「彼らも経験だから」/尾花監督 2010年4月5日 日刊スポーツ
  67. ^ 土日は任しとけ!横浜控え捕手 3戦負けなし 2010年4月17日スポニチ
  68. ^ 【横浜】尾花監督が細山田を熱血指導 2010年6月8日 日刊スポーツ
  69. ^ 横浜DeNAベイスターズ- 出場選手登録 2011年度 横浜DeNAベイスターズ公式サイト
  70. ^ 【横浜】10戦ぶり先制!細山田が2点打 2011年5月6日 日刊スポーツ
  71. ^ 10試合ぶりの先制点をもたらした細山田 攻守でけん引 2011年5月6日スポニチ
  72. ^ 攻守で魅せた細山田、初お立ち台に「最高です」 2011年5月7日スポニチ
  73. ^ 落合竜5位転落 吉見横浜に4年ぶり黒星 2011年8月6日 日刊スポーツ
  74. ^ 【横浜】細山田が均衡破る先制適時打 2011年8月5日 日刊スポーツ
  75. ^ 巨人“幻”の先制点も…9回守護神討ち逆転3連勝 2011年9月28日スポニチ
  76. ^ 「信じられない」横浜・細山田が初サヨナラ打 2011年10月9日SANSPO.COM
  77. ^ Yahoo!スポーツ - プロ野球 - 横浜ベイスターズ - 捕手・野手一覧 2011年シーズン終了時成績
  78. ^ 2011年度 セントラル・リーグ 個人守備成績(規定以上)
  79. ^ DeNAでバッテリー賞選考基準超え山口だけ 2011年12月14日スポニチ
  80. ^ DeNA細山田 制限超える65%減額 2012年11月22日デイリースポーツ
  81. ^ 細山田 65%ダウンで戦力外回避も「食事は松屋か吉野家」 2012年11月23日スポニチ
  82. ^ a b FOCUS BASEBALL 2013 細山田のトライアウト”. 朝日新聞 (2013年11月19日). 2013年11月19日閲覧。
  83. ^ ソフトB DeNA戦力外の細山田獲得へ 鶴岡も獲得秒読み 2013年11月22日スポニチ
  84. ^ 戦力外のDeNA・細山田 現役続行を熱望「このままでは終われない」 2013年10月14日スポニチ
  85. ^ 2014年度選手契約について”. 横浜DeNAベイスターズ (2013年10月3日). 2013年10月7日閲覧。
  86. ^ DeNA 細山田らに戦力外通告…早大時代は「佑ちゃんの恋女房」 2013年10月3日スポニチ
  87. ^ 65人参加 12球団合同トライアウト/詳細 2013年11月10日 日刊スポーツ
  88. ^ 育成選手の入団について 2013年12月12日配信 プレスリリース 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト
  89. ^ 細山田武史「もう一度、人生を賭けてみる」4 2013年11月23日 集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ公式サイト 著者:高森勇旗
  90. ^ a b TBS『プロ野球戦力外通告・クビを宣告された男達』2013年版
  91. ^ 育成枠入団の細山田選手、勧野選手、松冨選手が会見「自分の人生をかけて」 2013年12月24日配信 球団ニュース 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト
  92. ^ 【ソフトB】細山田「2回入団会見とは」 2013年12月24日 日刊スポーツ
  93. ^ 3軍打撃成績(ホークス) 2014年シーズン終了時 福岡ソフトバンクホークス オフィシャルサイト
  94. ^ 2014年度 自由契約選手(育成選手) 日本野球機構オフィシャルサイト 2014年11月7日閲覧。
  95. ^ 育成選手契約締結について”. 福岡ソフトバンクホークス公式サイト (2014年11月27日). 2015年4月20日閲覧。
  96. ^ ソフトバンク細山田捕手が支配下登録 即1軍登録 2015年4月3日 日刊スポーツ
  97. ^ 経験ある捕手、細山田選手が支配下登録 2015年4月3日配信 選手ニュース 福岡ソフトバンクホークス オフィシャルサイト
  98. ^ ソフトバンク 細山田を支配下登録「エイプリルフールかと思った」 2015年4月3日スポニチ
  99. ^ 細山田 移籍後初出場、7回からマスク 2015年4月19日 西日本スポーツ
  100. ^ ソフトB細山田4年ぶり1軍マスク「緊張しました」 2015年4月18日 日刊スポーツ
  101. ^ ソフトバンク、捕手強化へ細山田が緊急昇格 上林は抹消 2015年5月24日スポニチ
  102. ^ 「覚えてない」/工藤監督 2015年6月6日 日刊スポーツ
  103. ^ 一球速報 | 福岡ソフトバンクホークス オフィシャルサイト 2015年6月5日
  104. ^ a b ソフトB細山田V打 4年ぶりスタメン移籍後初安打 2015年6月6日 日刊スポーツ
  105. ^ 王会長も細山田称賛 「一生懸命やったら、いいこともあるよね」
  106. ^ 来季契約について
  107. ^ 元ヤクルト宮本慎也氏ら132人が学生野球資格回復 - 大学・社会人”. 日刊スポーツ (2017年2月8日). 2017年2月8日閲覧。
  108. ^ 細山田 武史
  109. ^ 第18回 アジア競技大会”. 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト. 2018-07-閲覧。
  110. ^ a b 虎の恋人早大・細山田は佑ちゃんの恋女房 2008年6月3日 日刊スポーツ
  111. ^ 2008年ドラフト会議結果 2008年10月30日発信トピックス 横浜ベイスターズ公式サイト
  112. ^ 細山田武史「もう一度、人生を賭けてみる」2 2013年11月23日 集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ公式サイト 著者:高森勇旗
  113. ^ 細山田武史「もう一度、人生を賭けてみる」1 2013年11月23日 集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ公式サイト 著者:高森勇旗
  114. ^ 細山田武史「もう一度、人生を賭けてみる」3 2013年11月23日 集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ公式サイト 著者:高森勇旗
  115. ^ a b 【特集】上本、細山田、松本啓 プロへの決意語る ドラフト共同記者会見 wasedasports.com
  116. ^ 神奈川新聞 「かなスポ」特集
  117. ^ 横浜細山田猛打賞も「守りが全然ダメ」 2009年3月9日 日刊スポーツ
  118. ^ 2009年度 セントラル・リーグ 盗塁阻止率(捕手)【リーダーズ(守備部門)】
  119. ^ 2011年度 セントラル・リーグ 盗塁阻止率(捕手)【リーダーズ(守備部門)】
  120. ^ スレッジ リーグトップ20号も空砲…借金24 2011年8月14日スポニチ
  121. ^ 横浜:惜敗も勢い持続 巨人戦から 2011年5月13日カナロコ 神奈川新聞ニュース
  122. ^ 横浜:もうひと押し出ず 広島戦から 2011年7月12日 カナロコ 神奈川新聞ニュース
  123. ^ 気づくのが遅かった 横浜 突き放す尾花監督「「自分でピーンとこないと」 2011年7月13日スポニチ
  124. ^ 横浜また初回に…先発・高崎5回5失点でKO 2011年7月20日スポニチ
  125. ^ 横浜:新人・大原慎、救援失敗を成長の糧に ソフトバンク戦から 2011年5月30日カナロコ 神奈川新聞ニュース
  126. ^ ソフトB細山田 恩返し打 天国の母、横浜でバッテリー組んだ監督に 2015年6月6日スポニチ
  127. ^ 横浜指名の早大松本&細山田“縁”感じる 2008年11月6日 日刊スポーツ
  128. ^ 細山田「三国志」読破し1軍狙う…横浜 2009年1月22日スポーツ報知
  129. ^ a b 日々研究 心もキャッチ 細山田武史(横浜・捕手) 2009年6月2日 asahi.com(朝日新聞社) スポーツ人物館 新戦力編
  130. ^ 年俸600万も税金450万 細山田「お金ないから大分行けるか…」 2012年11月23日スポニチ
  131. ^ 細山田「みんながおごってくれる」 貧乏脱出へ内川に学ぶ 2012年12月6日スポニチ
  132. ^ 【ソフトB】内川、自主トレに謎の練習生 2013年1月11日 日刊スポーツ
  133. ^ a b c 亡き父の職場あす一日署長 鹿児島 2008年11月29日 YOMIURI ONLINE 読売新聞 (リンク切れ)
  134. ^ 斎藤5失点翌日に即リベンジ 韓国戦にリリーフ登板した斎藤 Sponichi Annex
  135. ^ ソフトB細山田4年ぶりヒット 亡き母に、新妻に感謝のV二塁打 2015年6月5日スポニチ
  136. ^ ハマ内定の細山田が一日署長、亡き父勤めた鹿児島西署で 2008年12月2日 読売新聞
  137. ^ ソフトB細山田“DeNA戦力外”乗り越え結婚!7年愛実らせた 2014年12月6日スポニチ
  138. ^ ソフトB細山田が結婚 きょう挙式 2014年12月6日 日刊スポーツ
  139. ^ 細山田ショック 母・美智子さんが急逝 挙式直前倒れたまま… 2014年12月12日スポニチ
  140. ^ プロ野球スコア速報 横浜対阪神 nikkansports.com 2010年04月17日
  141. ^ 横浜ベイスターズ - チームデータ - 選手登場曲 2009年 横浜ベイスターズ公式サイト
  142. ^ 横浜ベイスターズ - 選手登場曲 2010年 横浜ベイスターズ公式サイト
  143. ^ 横浜DeNAベイスターズ - 選手登場曲 2011年 横浜DeNAベイスターズ公式サイト
  144. ^ 選手登場曲・応援歌 2012年 ファンコミュニティ 横浜DeNAベイスターズ公式サイト
  145. ^ 選手登場曲・応援歌 2013年 エンターテインメント 横浜DeNAベイスターズ

関連項目編集

外部リンク編集