メインメニューを開く

細川 バレンタインほそかわ ばれんたいん1981年4月16日 - )は、日本の男子プロボクサー宮崎県宮崎市出身。第40代日本スーパーライト級王者。宮田ジム・スポーツクラブ所属だったが2017年1月から角海老宝石ボクシングジム所属[1]

細川バレンタイン
基本情報
本名 細川繁
通称 バレン
階級 スーパーライト級
身長 163cm
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1981-04-16) 1981年4月16日(38歳)
出身地 宮崎県宮崎市
スタイルボクサーファイター
プロボクシング戦績
総試合数 33
勝ち 24
KO勝ち 11
敗け 6
引き分け 3
テンプレートを表示

外資系金融会社の正社員としてもプロボクサーとしても「自分の100%を出す」ために二足のわらじを履いている選手[2]。弟は同じくボクシング選手の細川チャーリー忍

来歴編集

2006年5月23日、宮田ジム・スポーツクラブ所属選手として後楽園ホールで神崎宜紀とデビュー戦を行い、4回1-1(39-37、38-39、38-38)の判定で引き分けた[3]

2006年7月24日、後楽園ホールで小林鋼介と対戦し、プロ初勝利となる初回14秒TKO勝ちを収めた[4]

2007年7月31日、後楽園ホールで行われた第64回東日本新人王トーナメントライト級部門予選で近藤明広と対戦し、プロ初黒星となる4回0-3(36-40、37-40、38-39)の判定負けを喫し東日本新人王トーナメントの予選で敗退した[5]

2008年1月25日、後楽園ホールで渡部智之とライト級4回戦を行い、2回1分9秒KO勝ちを収め再起を果たした[6]

2008年8月5日、後楽園ホールで行われた第65回東日本新人王トーナメントライト級部門準々決勝で加藤健太と対戦し、4回1-1(38-37、38-39、38-38)の判定で引き分けたが規定により細川が準決勝進出を果たした[7]

2008年9月25日、後楽園ホールで行われた第65回東日本新人王トーナメントライト級部門準決勝で小澤剛と対戦し、4回2-0(39-37、39-38、39-39)の判定勝ちを収め決勝進出を果たした[8]

2008年11月2日、後楽園ホールで行われた第65回東日本新人王トーナメントライト級部門決勝で麻生興一と対戦し、5回1-1(48-47、46-48、48-48)の判定で引き分けたが規定により細川が優勝、東日本新人王の座を射止めた[9]

2008年12月21日、後楽園ホールで行われた第55回全日本新人王決定戦ライト級部門決勝戦で浦秀晃と対戦し、5回3-0(50-46、50-47、49-47)の判定勝ちを収め全日本新人王の座を射止めた[10][11]

2008年12月26日、JBCは最新ランキングを発表し、細川を日本ライト級12位にランクインした[12]

2009年6月27日、JBCは最新ランキングを発表し、細川を日本ライト級11位にランクインした[13]

2009年7月7日、後楽園ホールで長崎大之とライト級8回戦を行い、8回3-0(80-73、78-74、78-76)の判定勝ちを収めた[14][15]

2009年10月23日、後楽園ホールで生田真敬とライト級8回戦を行い、3回58秒TKO勝ちを収めた[16][17]

2010年2月26日、後楽園ホールで島村国伸とライト級6回戦を行い、6回1-2(57-56、56-57が2者)の判定負けを喫した[18][19]

2010年5月9日、後楽園ホールで日本スーパーライト級5位の迫田大治とスーパーライト級8回戦を行い、8回3-0(3者共77-76)の判定勝ちを収め再起を果たした[20][21]

2010年5月26日、JBCは最新ランキングを発表し、細川を日本スーパーライト級7位にランクインした[22]

2012年10月25日、JBCは最新ランキングを発表し、細川を日本スーパーライト級1位にランクインした[23]

2012年10月31日、後楽園ホールでヌクン・チャイヨンジムとスーパーライト級8回戦を行い、5回1分31秒KO勝ちを収めた[24][25]

2013年2月11日、後楽園ホールで日本スーパーライト級王者の岩渕真也と対戦し、8回2分0秒TKO負けを喫し王座獲得に失敗した[26]

2013年8月18日、ソウルOPBF東洋太平洋スーパーライト級王者のキム・ミヌクと対戦し、11回TKO負けを喫し王座獲得に失敗した[27]

2014年5月29日、JBCは最新ランキングを発表し、細川を日本スーパーライト級10位にランクインした[28]

2014年6月17日、後楽園ホールで安達寿彦とスーパーライト級8回戦を行い、8回3-0(79-74、78-75、78-75)の判定勝ちを収め再起を果たした[29][30]

2014年10月28日、JBCは最新ランキングを発表し、細川を日本スーパーライト級9位にランクインした[31]

2014年11月25日、後楽園ホールで行われた「DANGAN116」で合田剛士とスーパーライト級8回戦を行い、5回2分12秒TKO勝ちを収めた[32]

2015年4月19日、大阪市立住吉区民センターでジャンボ織田信長書店ペタジーニとスーパーライト級8回戦を行い、8回3-0(79-74、78-74、77-76)の判定勝ちを収めた[33]

2015年11月25日、JBCは最新ランキングを発表し、細川を日本スーパーライト級4位にランクインした[34]

2015年12月8日、後楽園ホールで行われた「DANGAN147」で日本スーパーライト級5位の青木クリスチャーノとスーパーライト級8回戦を行い、8回2-1(77-75、78-75、75-76)の判定勝ちを収めた[35]

2016年3月24日、JBCは最新ランキングを発表し、細川を日本スーパーライト級3位にランクインした[36]

2016年4月13日、後楽園ホールで行われた「ザ・グレイテスト・ボクシング」で佐藤矩彰とスーパーライト級8回戦を行い、8回0-3(76-77が2者、75-77)の判定負けを喫した[37]

2016年11月1日、後楽園ホールで日本スーパーライト級王者の岡田博喜と対戦し、10回0-3(91-99、92-98が2者)の判定負けを喫し王座獲得に失敗した[38][39]。試合後、角海老宝石ボクシングジムに移籍した[40]

2017年3月27日、後楽園ホールで行われた第59回フェニックスバトルでクウエ・ピーターとスーパーライト級8回戦を行い、8回3-0(78-73、78-75、77-74)の判定勝ちを収め再起を果たした[41][42][43]

2017年11月30日、JBCは最新ランキングを発表し、細川を日本スーパーライト級6位にランクインした[44]

2017年12月14日、後楽園ホールで行われた「ダイヤモンドグローブ」で日本スーパーライト級王者の麻生興一と対戦し、10回3-0(96-95、95-94が2者)の判定勝ちを収め9年ぶりの再戦を制し王座獲得に成功した[45][46]

2018年1月11日、JBCは最新ランキングを発表し、上述の麻生戦を制し王座を獲得した細川を日本スーパーライト級王者としてランクインした[47][48]

2018年1月15日、東日本ボクシング協会月間賞選考委員会は上述の麻生戦の勝利を評価し、細川を2017年12月度の月間MVPに選出した[49]

2018年5月7日、後楽園ホールで行われた「SLUGFEST」で日本スーパーライト級1位のデスティノ・ジャパンと対戦し、7回1分21秒TKO勝ちを収め初防衛に成功した[50]

2018年6月11日、東日本ボクシング協会月間賞選考委員会は上述のデスティノ戦の勝利を評価し、細川を2018年5月度の月間MVPに選出した[51]

2018年12月1日、後楽園ホールで行われた「ダイナミックグローブ」で日本スーパーライト級10位の稲垣孝と対戦し、1回2分56秒TKO勝ちを収め2回目の防衛に成功した[52]

2019年4月6日、後楽園ホールで行われた「ダイナミックグローブ」で日本スーパーライト級1位の井上浩樹と対戦し、10回0-3(93-97、93-98、92-98)で判定負けを喫し、王座から陥落した[53]

獲得タイトル編集

戦績編集

日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
1 2006年5月23日 引分 4R 判定1-1 神崎 宜紀(戸高秀樹) 日本
2 2006年7月24日 勝利 1R 0:14 KO 小林 鋼介(極東) 日本
3 2006年12月10日 勝利 4R 判定3-0 安田 竜也(岐阜ヨコゼキ) 日本
4 2007年6月6日 勝利 4R 判定2-0 伊藤 彰浩(国際) 日本 第64回東日本新人王トーナメントライト級部門予選
5 2007年7月31日 敗北 4R 判定0-3 近藤 明広(日東) 日本 第64回東日本新人王トーナメントライト級部門予選
6 2008年1月25日 勝利 2R 1:09 KO 渡部 智之(川島 日本
7 2008年6月3日 勝利 3R 0:13 TKO 松下 明広(セレス) 日本 第65回東日本新人王トーナメントライト級部門予選
8 2008年8月5日 引分 4R 判定1-1 加藤 健太(三谷大和S) 日本 第65回東日本新人王トーナメントライト級部門準々決勝
9 2008年9月25日 勝利 4R 判定2-0 小澤 剛(18鴻巣) 日本 第65回東日本新人王トーナメントライト級部門準決勝
10 2008年11月2日 引分 5R 判定1-1 麻生 興一(ワタナベ) 日本 第65回東日本新人王トーナメントライト級部門決勝
11 2008年12月21日 勝利 5R 判定3-0 浦 秀晃(竹原) 日本 第55回全日本新人王決定戦ライト級部門決勝戦
12 2009年3月28日 勝利 6R 0:46 TKO 倉 健太郎(ビータイトS) 日本
13 2009年7月7日 勝利 8R 判定3-0 長崎 大之(F・I) 日本
14 2009年10月23日 勝利 3R 0:58 TKO 生田 真敬(ワタナベ) 日本
15 2010年2月26日 敗北 6R 判定1-2 島村 国伸(ワタナベ) 日本
16 2010年5月9日 勝利 8R 判定3-0 迫田 大治(横田S) 日本
17 2010年10月28日 勝利 6R 負傷判定3-0 鈴木 拓也(ワールド日立 日本
18 2011年7月12日 勝利 8R 判定3-0 大沼 弘宜(協栄) 日本
19 2012年1月26日 勝利 2R 2:35 TKO モンコンチャイ・マノプカンチャン(タイ) タイ
20 2012年4月26日 勝利 1R 2:32 TKO エッカチャイ・パクディジム(タイ) タイ
21 2012年10月31日 勝利 5R 1:31 KO ヌクン・チャイヨンジム(タイ) タイ
22 2013年2月11日 敗北 8R 2:00 TKO 岩渕 真也(草加有沢) 日本 日本スーパーライト級タイトルマッチ
23 2013年8月18日 敗北 11R TKO キム・ミヌク(韓国) 韓国 OPBF東洋太平洋スーパーライト級タイトルマッチ
24 2014年6月17日 勝利 8R 判定3-0 安達 寿彦(岐阜ヨコゼキ) 日本
25 2014年11月25日 勝利 5R 2:12 TKO 合田 剛士(草加有沢) 日本
26 2015年4月19日 勝利 8R 判定3-0 ジャンボ織田信長書店ペタジーニ(六島) 日本
27 2015年12月8日 勝利 8R 判定3-0 青木 クリスチャーノ(駿河) 日本
28 2016年4月13日 敗北 8R 判定0-3 佐藤 矩彰(新日本木村) 日本
29 2016年11月1日 敗北 10R 判定0-3 岡田 博喜(角海老宝石) 日本 日本スーパーライト級タイトルマッチ
30 2017年3月27日 勝利 8R 判定3-0 クウエ・ピーター(大橋) 日本
31 2017年12月14日 勝利 10R 判定3-0 麻生 興一 (三迫) 日本 日本スーパーライト級タイトルマッチ
32 2018年5月7日 勝利 7R 1:21 TKO デスティノ・ジャパン(ピューマ渡久地) ドミニカ 日本王座防衛1
33 2018年12月1日 勝利 1R 2:56 TKO 稲垣孝(フラッシュ赤羽) 日本 日本王座防衛2

脚注編集

  1. ^ 祖母のため!細川バレンタインが遅咲き新王者 日刊スポーツ 2017年12月14日
  2. ^ 細川バレンタイン「全部出す」会社員ボクサーの美学 日刊スポーツ 2016年11月15日
  3. ^ 公式試合結果 日本ボクシングコミッション(JBC) 2006年5月23日参照
  4. ^ 公式試合結果 日本ボクシングコミッション(JBC) 2006年7月24日参照
  5. ^ 2007年7月試合結果 日本ボクシングコミッション(JBC) 2007年7月31日参照
  6. ^ 2008年1月試合結果 日本ボクシングコミッション(JBC) 2007年7月31日参照
  7. ^ 2008年8月試合結果 日本ボクシングコミッション(JBC) 2008年8月5日参照
  8. ^ 2008年9月試合結果 日本ボクシングコミッション(JBC) 2008年9月25日参照
  9. ^ 2008年11月試合結果 日本ボクシングコミッション(JBC) 2008年11月2日参照
  10. ^ 2008年12月試合結果 日本ボクシングコミッション(JBC) 2008年12月21日参照
  11. ^ 内藤防衛戦へ弾み!ジム後輩が新人王に スポニチアネックス 2008年12月22日
  12. ^ 2008年12月度ランキング 日本ボクシングコミッション(JBC) 2008年12月26日
  13. ^ 2009年6月度ランキング 日本ボクシングコミッション(JBC) 2009年6月27日
  14. ^ 2009年7月試合結果 日本ボクシングコミッション(JBC) 2009年7月7日参照
  15. ^ 粉川、熊を判定に破る ボクシングニュース「Box-on!」 2009年7月7日
  16. ^ 2009年10月試合結果 日本ボクシングコミッション(JBC) 2009年10月23日参照
  17. ^ 渡部がMVP レイジングバトル ボクシングニュース「Box-on!」 2009年10月24日
  18. ^ 2010年2月試合結果 日本ボクシングコミッション(JBC) 2010年2月26日参照
  19. ^ 黒田TKO勝ち 細川は敗れる ボクシングニュース「Box-on!」 2010年2月27日
  20. ^ 2010年5月試合結果 日本ボクシングコミッション(JBC) 2010年5月9日参照
  21. ^ 内藤、5回KOで再起 ボクシングニュース「Box-on!」 2010年5月9日
  22. ^ 2010年5月度ランキング 日本ボクシングコミッション(JBC) 2010年5月26日
  23. ^ 2012年10月度ランキング 日本ボクシングコミッション(JBC) 2012年10月25日
  24. ^ 2012年10月試合結果 日本ボクシングコミッション(JBC) 2012年10月31日参照
  25. ^ 粉川がV2 日本フライ級戦 ボクシングニュース「Box-on!」 2012年10月31日
  26. ^ 2013年2月試合結果 日本ボクシングコミッション(JBC) 2013年2月11日参照
  27. ^ 細川、11回TKO負け 東洋太平洋S・ライト級戦 ボクシングニュース「Box-on!」 2013年8月18日
  28. ^ 2014年5月度ランキング 日本ボクシングコミッション(JBC) 2014年5月29日
  29. ^ 2014年6月試合結果 日本ボクシングコミッション(JBC) 2014年6月17日参照
  30. ^ 江藤光が大逆転KO勝ち! OPBFフライ級王座決定戦 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年6月17日
  31. ^ 2014年10月度ランキング 日本ボクシングコミッション(JBC) 2014年10月28日
  32. ^ 伊藤雅雪が初回TKO勝ち、無敗記録伸ばす Boxing News(ボクシングニュース) 2014年11月25日
  33. ^ 野中悠樹ドロー防衛、再戦約束 日本SW級戦 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年4月19日
  34. ^ 2015年11月度ランキング 日本ボクシングコミッション(JBC) 2015年11月25日
  35. ^ 土屋修平ランカー対決制す、松山和樹を初回TKO Boxing News(ボクシングニュース) 2015年12月8日
  36. ^ 2016年3月度ランキング 日本ボクシングコミッション(JBC) 2016年3月24日
  37. ^ 元法政大主将の佐藤矩彰、日本3位の細川に勝利 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年4月13日
  38. ^ 岡田博喜、大差判定でV6 日本卒業 デイリースポーツ 2016年11月1日
  39. ^ 岡田博喜がV6、大差判定で細川バレンタイン下す Boxing News(ボクシングニュース) 2016年11月1日
  40. ^ 帝拳沖縄キャンプ写真、日本ランカー移籍情報 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年1月12日
  41. ^ 2017年3月試合結果 日本ボクシングコミッション(JBC) 2017年3月27日参照
  42. ^ 松本亮がランカー坂本を初回TKO、井上浩樹7連勝 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年3月27日
  43. ^ 細川バレンタインが移籍初戦勝利 角海老宝石ボクシングジム 2017年3月29日
  44. ^ 2017年11月度ランキング 日本ボクシングコミッション(JBC) 2017年11月30日
  45. ^ 細川バレンタイン 新王者に 9年ぶり再戦「いつも飲みの場では勝っている リングでも負けられないと」 スポニチアネックス 2017年12月14日
  46. ^ 細川バレンタインが新王者、麻生興一に競り勝つ Boxing News(ボクシングニュース) 2017年12月14日
  47. ^ 2017年12月度ランキング 日本ボクシングコミッション(JBC) 2018年1月11日
  48. ^ 最新日本ランキング 小西伶弥と船井龍一が王座返上 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年1月11日
  49. ^ 12月のMVPは細川バレンタイン、敢闘賞は船井龍一 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年1月15日
  50. ^ 細川がダウン応酬制して7回TKO 日本S・ライト級V1 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年5月7日
  51. ^ 5月MVPは細川バレンタイン、敢闘賞は永野祐樹 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年6月11日
  52. ^ 細川バレンタイン快勝 初回TKOで日本SL級V2 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年12月1日
  53. ^ 井上浩樹が新王者 細川バレンタインに手堅く勝つ Boxing News(ボクシングニュース)2019年4月6日

関連項目編集

外部リンク編集