メインメニューを開く

細川 元有(ほそかわ もとあり)は、室町時代後期から戦国時代にかけての武将細川教春の弟・細川常有の四男[1]和泉半国守護細川和泉上守護家7代当主。細川藤孝(幽斎)の祖父にあたる。

 
細川元有
時代 室町時代後期 - 戦国時代
生誕 長禄3年(1459年
死没 明応9年9月2日1500年9月25日
改名 雪渓源猷(法名)→細川元有
別名 五郎
墓所 京都市東山区建仁寺
官位 刑部少輔
幕府 室町幕府 和泉半国守護
主君 足利義尚
氏族 細川和泉上守護家
父母 父:細川常有
兄弟 頼常政有元有
正室:三淵晴貞
元常三淵晴員
テンプレートを表示

略歴編集

長禄3年(1459年)、誕生。兄に頼常政有(将軍・足利義政より「政」の字を賜う)がおり、当初は兄・政有が家督を継承していたため、禅僧として建仁寺に入って雪渓源猷と号した。文明12年(1480年)に還俗し、その翌年に政有が死去したため、父の命令で家督を継ぐことになった。

明応4年(1495年)、同じ和泉半国守護(下守護)であった細川政久と共に畠山尚順と手を結び、本家筋細川政元と敵対したが、政元に敗れて降伏し、その家臣となった。しかしこのため、明応9年(1500年)9月2日に畠山尚順によって居城の和泉岸和田城を攻められることとなり、城は落城して戦死した。享年42。

死後は嫡男・元常が跡を継いだ。

脚注編集

  1. ^ 細川政有が兄ではなく、常有の子であり、その子が元有だという説が有力

関連項目編集