細川 利寛(ほそかわ としひろ)は、江戸時代中期の大名肥後国熊本新田藩4代藩主。官位従五位下・采女正、若狭守

 
細川利寛
時代 江戸時代中期
生誕 享保元年8月17日1716年10月2日
死没 明和4年9月24日1767年10月16日
改名 大次郎(幼名)、利寛
墓所 東京都品川区北品川の東海寺妙解院
官位 従五位下采女正、若狭守
幕府 江戸幕府
主君 徳川吉宗家重家治
肥後熊本新田藩
氏族 高瀬細川家
父母 細川利方、えん(小林氏)
細川利恭
細川利恭娘房姫
及川氏、岸田氏
利業利意利致利庸戸川等之
テンプレートを表示

生涯編集

享保元年(1716年)8月17日、細川利方(2代藩主・細川利昌の長男)の長男として誕生。利方は病弱だったため家督を継げず、利方の弟・利恭が3代藩主となった。しかし利恭の長男・利久が早世したため、享保11年(1726年)に利寛は利恭の娘婿になった。寛保2年(1742年)3月7日、利恭が隠居したため、跡を継いだ。幕府の朝鮮通信使の接待役などを務めている。

明和4年(1767年)9月24日に死去した。享年52。跡を三男・利致が継いだ。

系譜編集