メインメニューを開く

細川 持元(ほそかわ もちもと)は、室町時代前期の守護大名細川満元の嫡男。摂津国丹波国讃岐国土佐国守護細川京兆家9代当主。持之持賢の兄。幼名は聡明丸、通称は五郎。官途は右馬助右京大夫

 
細川持元
時代 室町時代前期
生誕 応永6年(1399年
死没 正長2年7月14日1429年8月14日
改名 聡明丸(幼名)→持元
別名 通称:五郎
戒名 性智院殿玉峰道秀
官位 右馬助右京大夫
幕府 室町幕府 摂津丹波讃岐土佐守護
主君 足利義量
氏族 細川京兆家
父母 父:細川満元
兄弟 持元持之持賢
テンプレートを表示

略歴編集

元服に際して4代将軍・足利義持より偏諱を受け、聡明丸から持元に改名。

応永33年(1426年)10月、父の死去に伴い細川京兆家の家督を継いだが、僅か3年後に31歳で死去した。法名は性智院殿玉峰道秀。嗣子は無く、家督は次弟の持之が継いだ。

参考文献編集