細川持隆

戦国時代の武将。阿波国守護。細川阿波守護家9代。讃岐守。

細川 持隆(ほそかわ もちたか)は、戦国時代武将阿波国守護細川阿波守護家9代当主。氏之(うじゆき)が正しい実名であるとする最近の研究[3][4]があるが、本項では従来の「持隆」を用いて記述する。

 
細川 持隆
時代 戦国時代
生誕 永正13年(1516年)頃または明応6年(1497年
死没 天文22年6月17日1553年7月27日
別名 持重、氏之
墓所 徳島県徳島市丈六寺
官位 讃岐守
幕府 室町幕府 阿波守護
主君 細川晴元
氏族 細川阿波守護家
父母 父:細川之持または細川澄元
兄弟 晴元持隆畠山義堯正室、有馬重則正室、久米義広[1]赤松晴政[2]
正室:大内義興の娘
側室:小少将岡本牧西の娘)
真之
テンプレートを表示

生涯編集

細川高国細川本家(京兆家)当主の座を奪い合っていた細川晴元をよく補佐し、享禄4年(1531年)には阿波国の軍勢を率いて和泉国に渡海し、高国の討伐戦(大物崩れ)で功績を挙げた。しかし、晴元とこれを擁してきた三好元長との不和により晴元が元長を攻めようとすると、持隆は晴元から離反して阿波に帰国してしまった[5]。その後、12代将軍足利義晴光勝院周適の仲裁で晴元と和解する一方で、義晴と将軍の座を争った足利義維を阿波に迎え入れた。

天文8年(1539年)に赤松晴政の要請を受けて備中国に出陣し、出雲国尼子晴久と戦ったが、このときは敗れた。

天文22年(1553年)、三好長慶の弟三好実休によって見性寺において殺される(勝瑞事件)。享年37または38。事件の原因として長慶に対抗するため足利義栄(義維の子)を擁して上洛を謀ったが実休に漏れたとする説、阿波国内での実休の力の増大に脅威を感じて暗殺を謀ったのが実休に漏れたとする説、長慶に敗れて没落していた細川晴元の再起を持隆が支援しているのが実休に漏れたとする説があるが、晴元と長慶の戦いの最中にも積極的な行動を起こさず、三好氏に好意的な立場にあった持隆が突然長慶・実休と対立するに至った背景には不明な点が多い[6]

系譜編集

持隆は明応6年(1497年)生まれ、細川之持の子で細川晴元は従弟にあたるとされてきた。

しかし馬部隆弘の近年の研究は細川之持の天文年間病死説を否定して永正9年(1512年)に没したとし、『細川両家記享禄5年(1532年)3月3日条に讃州(讃岐守=持隆)を晴元の御舎弟と記されていること、さらに享禄4年(1531年)6月の成立とする『細川高国晴元争闘記』という史料にも持隆が享禄4年(1531年)当時に15歳か16歳であるという記事[7]を見いだし、持隆が永正13年(1516年)または同14年(1517年)生まれの可能性があり、その場合は持隆は之持の子ではないと指摘した。そして現行の『尊卑分脈』にも之持の子の記述がなく、之持と持隆を父子とするのは後世に編纂された系譜類のみであり、これらのことから持隆は晴元の実弟細川澄元の子)とするのが正しく、永正8年(1511年)の船岡山合戦後に澄元が暫く高国との戦いを控えた原因の一つとして兄の之持が子がないまま没して後継者不在のため阿波から離れられなかったことにあると論じている[8]

脚注編集

  1. ^ 持隆を細川之持の子とした場合に妹。
  2. ^ 『昔阿波物語』
  3. ^ 三好実休の下克上で散った阿波守護の「細川持隆」 実名は「氏之」 徳島城博物館学芸員が調査、花押が一致”. 徳島新聞電子版. 徳島新聞社 (2021年10月9日). 2022年8月9日閲覧。
  4. ^ 森脇崇文「戦国期阿波守護細川家関係者「氏之」の素性について」『史窓』第52号、31-49頁、2022年。 
  5. ^ 『二水記』天文元年3月13日条
  6. ^ 若松 2013, pp. 441–446.
  7. ^ 「六郎君(細川晴元)高弟讃州府君、齢僅十五六、眉宇秀発、友愛之情、汎眉睫間、擁万騎、救兄於危難間」
  8. ^ 馬部 2018, pp. 215–239.

参考文献編集

  • 若松和三郎 『阿波細川氏の研究』戎光祥出版、2013年 (原著2000年)。ISBN 978-4-86403-087-8 (原著は私家版)
  • 馬部隆弘「細川澄元陣営の再編と上洛戦」『史敏』14号、2016年。/所収:馬部隆弘 『戦国期細川権力の研究』吉川弘文館、2018年。ISBN 978-4-642-02950-6 

関連項目編集