細川 興誠(ほそかわ おきざね)は、江戸時代中期の常陸国谷田部藩の世嗣。通称は主馬。

 
細川興誠
時代 江戸時代中期
生誕 貞享4年(1687年
死没 享保13年9月20日1728年10月22日
別名 主馬(通称)
常陸谷田部藩世嗣
氏族 姉小路家細川氏
父母 姉小路公量
細川興栄
兄弟 姉小路実固姉小路実紀姉小路実武
興誠
細川興栄
興虎
テンプレートを表示

略歴編集

大納言姉小路公量の四男として誕生。正室は細川興栄の娘。

父・公量の母方の祖母(高辻遂長室)が谷田部藩初代細川興元の娘である血縁であり、養子入り以前から興栄の許可を取って細川主馬と名乗っている。

宝永6年(1709年)、4代藩主・細川興栄の嫡子・興貞が早世したため、興栄の娘婿となって谷田部藩嫡子の座に就いた。公家の子弟が武家に養子入りするのは珍しい事例である。

しかし正徳5年(1715年)、病弱を理由に廃嫡された。廃嫡の理由は表向きは病弱だが、酔って家臣を斬殺したためとされる。代わって長男・興虎が嫡子となった。享保13年(1728年)に42歳で死去。