細菌性鼻炎(さいきんせいびえん、: bacterial rhinitis)とは細菌感染を原因とする鼻炎。原発性のものは稀であり、多くは日和見感染あるいは基礎疾患から二次的に発症する。イヌネコではBordetella bronchisepticaPasteurella multocidaなどが原因となる。アンピシリン系、セファロスポリン系、ニューキノロン系抗菌薬が第一選択薬として使用され、必要に応じて非ステロイド性抗炎症薬止血剤が使用される。

関連項目編集

参考文献編集

  • 日本獣医内科学アカデミー編 『獣医内科学(小動物編)』 文永堂出版 2005年 ISBN 4830032006