メインメニューを開く
細野三千雄君の碑
高清水公園内、秋田県護国神社の裏

細野 三千雄(ほその みちお、1897年3月22日[1] - 1955年6月25日[1][2])は、日本政治家日本社会党衆議院議員(5期)。立教大学教授[2]弁護士

経歴編集

愛知県海部郡八開村(現:愛西市)出身[1]。父、辰三郎も弁護士。東京帝国大学に入り、三輪寿壮らと新人会に参加する[1]。帝大卒業(1920年)後の1922年に立教大学教授となる[1]。その後弁護士となり、労働運動や農民運動に携わる。高野岩三郎主宰の大原社会問題研究所嘱託[2]星島二郎の中央法律研究所所員。阿仁前田小作争議では、終始小作農民側の弁護士を務めた。農民労働党日本労農党社会大衆党などの役員を務めた[1]この他法政大学講師も務めた[2]。昭和4年から横手町(現:横手市)で弁護士開業。

戦後の1946年第22回衆議院議員総選挙秋田県から日本社会党公認で立候補して初当選し、以来5期務める[1]芦田内閣では文部政務次官を務めた[1][2]。社会党内では中央執行委員、代議士会長などを歴任した[2]。社会党分裂後は右派に所属[1]、1955年在職中に死去した。

昭和32年9月に秋田市高清水公園に細野の碑が建てられた。碑文は河上丈太郎によるものである[3]

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』551頁。
  2. ^ a b c d e f 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』572頁。
  3. ^ 『秋田県人名大辞典』

参考文献編集