メインメニューを開く

宝塚歌劇団における組長(くみちょう)は、組役職のひとつである[1]。通常は組の最年長者(宝塚歌劇団では実年齢ではなく在団年数が長い者を指す)が選ばれる。舞台経験が豊かで、統率力のある生徒が任命される。

組長の役割編集

  • 公演中、組子の演技や役割はもちろんのこと、かつらや衣装・小道具のことまで全体を見なければならない。
  • 初日・千秋楽の挨拶。退団者の紹介スピーチが組長の主な役割としてよく知られている。
  • 公演中にトラブルが発生したときの対応(例:ダンスの振りを間違えたり出遅れたりするなど舞台上で失敗した組子の謝罪を聞き、二度と同じ間違いを繰り返さないよう注意を促すなど)。
  • 公私に渡って組子のケアにつとめる。

こぼれ話編集

  • 「組長」という名称は暴力団のリーダーを思い浮かべることから、宝塚歌劇団における組長の中には「組長」という名称で呼ばれることを苦手とする者もいる。

各組の組長・副組長編集

歴代組長・副組長編集

花組編集

月組編集

雪組編集

星組編集

宙組編集

出典編集

外部リンク編集