メインメニューを開く

経国集』(けいこくしゅう)は、平安時代初期の天長4年(827年)、淳和天皇の命により編纂された勅撰漢詩集。全20巻。良岑安世菅原清公らが編纂。作者は、淳和天皇、石上宅嗣淡海三船空海ら176人。なお、現存するのは第1巻など計6巻。先行の勅撰集から抜け落ちたものを補い、8世紀初頭以後の詩のほかに、・序・対策の漢文も含まれている。

関連項目編集