メインメニューを開く

結城 広綱(ゆうき ひろつな)は、鎌倉時代中期の武士御家人下総結城氏3代当主。

 
結城広綱
時代 鎌倉時代中期
生誕 安貞元年(1227年)?
死没 弘安元年6月23日1278年7月14日)?
別名 七郎
戒名 新福寺殿教阿弥陀仏
墓所 茨城県結城市浦町の称名寺
官位 上野介三郎兵衛尉中務大輔
幕府 鎌倉幕府
氏族 結城氏
父母 父:結城朝広
兄弟 関朝泰広綱祐広
金山時祐(時広)平山信朝
益戸(小川)義広
時広大内宗重小萱重広金山時綱小田盛広

略歴編集

2代当主・結城朝広の子として誕生。

吾妻鏡によれば建長年間の記録に名が見え、別の記録においては文永年間に斯波氏の祖・足利家氏らと共に廷尉を務めたとされるが、詳細は不明である。広綱と子・時広、孫・貞広の時代の下総結城氏の活動の記録は乏しい。

墓所は父・朝広や祖父・結城朝光、子・時広と同じ称名寺(結城称名寺)である。また、新福寺の寺伝によれば、文永年間に長楽寺(新福寺の前名)の開基となり、念仏宗に帰依し、没したとされている。法名は新福寺殿教阿弥陀仏と伝わる。