メインメニューを開く

結城 庄司(ゆうき しょうじ、1938年2月20日 - 1983年9月3日)は、アイヌ民族解放運動活動家。

生涯編集

北海道釧路市に生まれる。1958年阿寒湖畔のアイヌコタン建設に関わる。1968年北海道ウタリ協会の理事に就任する。

1972年アイヌ解放同盟の創立に関わり、代表に選出される。この頃、元新左翼活動家の太田竜と知り合う[1]

この年8月25日に札幌で開催された第26回日本人類学民族学学会連合会の演壇に太田と実力で上り、公開質問状を読み上げてアイヌを「研究と解剖の客体」と位置付けてきたことを非難する[1]。9月20日には、静内町にあったシャクシャイン像にあった「北海道知事・町村金五」の文字を、太田や足立正生らと共に削り取る[1]。同じく1972年ごろ、札幌のデパート五番館でのアイヌ民芸品振興会による民芸品販売事業の運営委員長になる。

1974年日本社会党のアイヌ民族政策作成に関わる。同年、クナシリ・メナシの蜂起の犠牲者を弔う供養祭「ノッカマップ・イチャルパ」の実行委員会初代委員長に就任する。

1974年10月、1972年のシャクシャイン像の台座文字での削り取りの件で、全国指名手配犯人に指定され、北海道警察に逮捕されるが起訴猶予となる。結城は逮捕数日前に、太田の唱える「アイヌ革命論」とアイヌの主張や状況が乖離することを(仲間2人と共に)記者会見で訴えた[1]。釈放後、結城と太田は互いに相手を批判・侮辱する論説を発表し、絶縁した[1]

また、1975年アイヌ解放同盟の非喫煙者のメンバー山本一昭が、「ライター窃盗事件」で逮捕、起訴され、1976年5月に懲役1年の実刑判決が下りる事件があるが、結城らは、冤罪事件と主張して、裁判闘争を闘い、全国紙でも警察・司法当局を批判する記事がでてくる。警察権力は、結城を始めとする「アイヌ解放同盟」メンバーを「アイヌ過激派」として、当時勃発していた一連の爆弾事件と関連があるかのごとく見なしていたが、結城ら「アイヌ解放同盟」は爆弾事件には一切関わっていないことが明白となる。結城は、1976年3月2日の北海道庁爆破事件に関して、爆破犯人を厳しく非難する声明を出している。

1976年5月をもって、北海道ウタリ協会の理事を退く。1977年、北海道大学経済学部教授・林善茂の講義で、アイヌに対する差別があったとして「北海道大学差別講義糾弾闘争」を組織し北大経済学部前に12月21日にテントを張るが、林らの要請より萱野茂が仲介し林の謝罪を勝ち得て、翌年1月22日収拾しテント撤去となる。

1978年、当時の登別市長が、助役時代、アイヌの共同墓地を破壊して、自分の家の墓を建てることが発覚した事件に関連し、「登別アイヌ共同墓地破壊事件糾弾闘争」を組織する。

1980年2月28日の札幌市白石区の小学校教師が、新一年生父母懇談会で「アイヌ勘定」を持ち出し、「アイヌの人たちが、昔多い数の概念が十分でないことをいいことに和人がだましたのです」という発言をする。現場にいた結城が、北海道ウタリ協会札幌支部と共に、札幌市教育委員会を相手に責任追及を開始する。アイヌ語の数詞を取り上げ1万の数を表せることを挙げて、「アイヌ勘定」は和人側の無知と差別感情そのものと、結城庄司は論じている。教育現場でのアイヌへの理解を認識させるということで、札幌市教育委員会側は、善処することとなる。翌1981年3月に、結城は札幌市教育委員会のウタリ教育相談員に任命される。このことは、結城のアイヌ民族の尊厳を守る活動が、札幌市の行政側から評価されたということである。

1981年に、札幌アイヌ文化協会の副会長に就任する。1982年9月に、復活されて現在まで毎年開催されているアイヌの儀式「アシリチェップノミ」(新しい鮭を迎えるための儀式)の初代実行委員長となる。

1983年3月、横路孝弘の北海道知事選挙活動を応援し、アイヌ関係者に支援を要請するため、北海道内を精力的に動く。同年9月3日、札幌市白石区の自宅にて、急性心不全で死去する。当時の北海道ウタリ協会理事長で自民党員でもあった野村義一は、北海道新聞の取材に対し、「素晴らしい才能の持ち主で、それが十分理解されず、不遇な面もあったと思う」とのコメントを残した。

版画家結城幸司は息子。

著書編集

参考文献編集

  • 新谷行『コタンに生きる人びと』(1979年、三一書房)

脚注編集

  1. ^ a b c d e マーク・ウィンチェスター「近現代アイヌ思想史研究:佐々木昌雄の叙述を中心に」[1]一橋大学大学院、2009年(博士論文):p72 - 73を参照