メインメニューを開く

結城 恭介(ゆうき きょうすけ、1964年12月28日- )は、日本の小説家

千葉市生まれ。弘前大学教育学部中退。1983年『美琴姫様騒動始末』で、再開第1回小説新潮新人賞を受賞。単行本はSFとミステリに大別できるが、そのどちらも(こんにちの)ライトノベル的なものが多く、アニメ化された作品とアニメのノヴェライズ作品もそれぞれある。 1995年から2007年にかけて個人ホームページ「深夜のお茶会」を主催、2016年6月からは「深夜のお茶会いまさら」と改名してリスタートしている。

著書編集

外部リンク編集