メインメニューを開く

結城 満広(ゆうき みつひろ)は、室町時代中期の武士下総結城氏10代当主。

 
結城満広
時代 室町時代中期
生誕 天授6年/康暦2年(1380年
死没 応永23年3月9日1416年4月6日
幕府 室町幕府
主君 足利満兼持氏
氏族 結城氏
父母 父:結城基光
兄弟 満広小山泰朝光義
多賀谷光義[1]
養子:氏朝(小山泰朝子)
テンプレートを表示

略歴編集

天授6年/康暦2年(1380年)、9代当主・結城基光の子として誕生。

父と同様に鎌倉公方に臣従した。父に倣って、2代公方・足利氏満偏諱を受け満広[2]と名乗り、親子ともに重用された。活動の内容としては基本的には父・基光と同様。詳しい時期は不明だが、父から家督を譲られて10代目の当主となっている。氏満亡き後も3代満兼、4代持氏に臣従したが、父に先立って応永23年(1416年)、死去。

家督は小山氏を継いだ弟・小山泰朝の子・氏朝を養子に迎え継承させている。満広の実子・光義多賀谷政朝の娘を娶ってその養子となり、多賀谷氏を継承している。

脚注編集

  1. ^ 初名は満義、後に光義。
  2. ^ 「広」は鎌倉時代の当主が代々使用していた字。