メインメニューを開く

結城 義綱(ゆうき よしつな)は、戦国時代武将白河結城氏9代当主。

 
結城義綱
時代 戦国時代
生誕 明応9年(1500年)?
死没 永禄2年(1559年)?
改名 義綱→道海(法名)
戒名 門舟院
官位 左兵衛佐
氏族 白河結城氏
父母 父:結城顕頼、または小峰朝脩
兄弟 義綱小峰義親?(子とも)、小峰義名柏木義雄
刀之助? 晴綱、小峰義親?

略歴編集

白河結城氏8代当主・結城顕頼の嫡男として誕生。小峰氏[1]の子とする説もある[2]永正7年(1510年)の内紛[3]では幼少であったためか義綱の名は見受けられないが、史料上では永正15年(1518年)よりその名が確認でき、この頃から武将としての活動を始めたと推測される。大永2年(1522年)、左兵衛佐に任ぜられた。

白河結城氏は、一時期佐竹氏の内紛[4]に乗じて勢力を拡大し、佐竹氏の本拠近くまで所領を広げたが、義綱の代には佐竹氏の反攻に遭い、次第に勢力を削られていった。南からの佐竹氏の侵攻の備えとして、白河結城氏は幾つもの支城を築き、諸将を配して守らせたが、義綱の治世下では、永正18年/大永元年(1521年)に常陸国依上保獅子城が落城し、天文10年(1541年)には陸奥国南端の南郷地域[5]東館城佐竹義篤によって攻落されている。この東館城は後に岩城重隆の仲介で、佐竹氏と白河氏の講和の条件として破却されている。

天文元年(1532年)に行われた二階堂氏との合戦では、白河結城氏の長男の刀之助を敵将須田永秀に討ち取られている。[6]確証はないが、時期的には義綱の長男と思われる。

天文3年(1534年)、岩城重隆の娘と嫡男・晴綱との婚姻をめぐって伊達氏と対立し、伊達氏と伊達側についた蘆名氏石川氏二階堂氏相馬氏らと争うが敗北し[7]岩城氏との婚儀は果たせず、所領の一部も失った。そのためか、次代の晴綱は天文の乱伊達晴宗から田村隆顕を背後から牽制するように要請を受けたが、晴綱はそれに応じず、積極的にこの乱に参加しなかった。

天文11年(1542年)頃に出家し道海と号し、嫡男・晴綱に家督を譲ったものと思われる。

天文13年(1544年)、鹿島神社別当寺である鹿王山最勝寺に銅鐘[8]奉納した。この銅鐘は現存し、福島県内では数例、白河市内では唯一の中世の銅鐘として、歴史的価値と併せて貴重な史料となっている。鐘銘に義綱・晴綱父子の他、奉行和知直頼斑目広基、一族の南恵綱新小萱篤綱、鋳物師の早山清次などの名が記されている。

弘治4年(1558年)の書状を最後にその後の事跡は不明であり[9]、この頃に死没したと思われる。

脚注編集

  1. ^ 小峰朝脩か?
  2. ^ 垣内和孝「白川氏・小峰氏と〈永正の変〉」(初出:『国史学』166号(1998年)/所収:垣内『室町期南奥の政治秩序と抗争』(岩田書院、2006年))。また、山田邦明「白河結城氏と小峰氏」及び市村高男「白河結城文書の形成と分散過程」(ともに、村井章介 編『中世東国武家文書の研究』(高志書院、2008年)所収)も同様に義綱を小峰朝脩の嫡男とし、小峰氏嫡流が白河結城氏を継承したことで小峰氏は吸収消滅したとする見解に立っている。
  3. ^ 永正の変
  4. ^ 山入一揆
  5. ^ 現在の棚倉町塙町矢祭町一帯
  6. ^ 『岩瀬郡須田氏の興亡』
  7. ^ 滑井合戦
  8. ^ 梵鐘
  9. ^ 『白河市史』第5巻 資料編2 古代・中世