統治者(とうちしゃ)、または、ソヴリン (Sovereign: Sovereign)は、様々なカテゴリーにおける最高位の指導者に適用され得る呼称であり、古フランス語の「Souverain」から拝借され、突き詰めればラテン語で「上」を意味する「superānus」から派生した。

今や「ソヴリン」という呼称は、君主元首から基礎自治体首長騎士団長まで様々な役職に対して使用され、その結果、より最近の「ソヴリン」という語句は、独立自治権などをも意味するようになってきている[1]

なお、立憲君主制を表現した格言である「君臨すれども統治せず」は、原語が「reigns but does not rule」であり、ソヴリンsovereign)と語源が同じ「reign」を「君臨」と日本語訳する一方、「rule」(支配)を「統治」と日本語訳している。

君主編集

「ソヴリン」という呼称は、君主同義語として頻繁に使用され、付随し得る多数の爵位称号君主制ルールにおいて存在する。

以下は、現代における「ソヴリン」の様々な称号の一例である。

天皇皇帝 徳仁(天皇) スルターン ハサナル・ボルキアブルネイ国王
国王 フィリップベルギー王 教皇 フランシスコバチカン君主)
大公 アンリルクセンブルク大公
アルベール2世モナコ公 共同公 ジュアン・エンリク・ビベス・イ・シシリアアンドラ共同公

騎士団編集

基礎自治体編集

出典編集

  1. ^ Definition of sovereign in English”. 2020=06-29閲覧。

関連項目編集