メインメニューを開く

絵手紙(えてがみ)とは、手紙の一種で「絵のある手紙をかき送ること」である。

「絵のある手紙」自体は古くからあるものだが、「絵手紙」というジャンルが確立されたきっかけは、書道家の小池邦夫1978年から1979年にかけて、芸術誌「季刊 銀花」(文化出版局)へ綴じ込み企画として、6万枚の直筆絵手紙を発表したこととされている。 現在は、中高年層を中心に趣味の一環として広まり始めている。

目次

絵手紙のスタイル編集

基本的な道具として、顔彩画仙紙はがきを用いる。 はがきに花や野菜など、身近にあるものをかき、絵手紙を送る相手に最も伝えたい気持ちを短い言葉で添える。 モットーは、「ヘタでいい・ヘタがいい」。 テクニックよりも、自分らしさがハガキの中に出ているかどうかを大切にする。 また、「手紙」という性質上、絵は添え物で言葉(かき手の気持ち)の方を重視する。

その他編集

  • 「絵手紙」は日本絵手紙協会から商標登録の出願がなされたが識別能力を有しないとして拒絶されている。[1][2]

脚注編集

  1. ^ 審判1999-12216 - 商標判例データベース
  2. ^ 平成 12年 (行ケ) 353号 審決取消請求事件 - 商標判例データベース

関連項目編集

外部リンク編集