メインメニューを開く

絶対に笑ってはいけない地球防衛軍24時

ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! > 笑ってはいけないシリーズ > 絶対に笑ってはいけない地球防衛軍24時

絶対に笑ってはいけない地球防衛軍24時』(ぜったいにわらってはいけないちきゅうぼうえいぐんにじゅうよじ)は、2013年12月31日18:30(午後6時30分)から2014年1月1日0:30(午前0時30分、JST)にかけて日本テレビ制作のバラエティー番組『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! 大晦日年越しSP』として放送された企画である[1]テレビ大分を除くNNS28局同時ネット。テレビ大分は2010年年越し特番である『絶対に笑ってはいけないスパイ24時』以来3年ぶりの遅れネットになり、1月2日0:55(1月1日24:55から) - 6:55に遅れネットで放送された。[注 1]。系列局外である琉球放送は1月3日23:10 - 1月4日5:10[2]に遅れネットで放送された。

絶対に笑ってはいけない
地球防衛軍24時
ジャンル 特別番組バラエティ番組
企画 松本人志浜田雅功(企画構成)
演出 大友有一
出演者 ダウンタウン
月亭方正
ココリコ
藤原寛 ほか
ナレーター 広中雅志
エンディング 斉藤和義やさしくなりたい
プロデューサー 大友有一
制作 日本テレビ
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2013年12月31日 - 2014年1月1日
絶対に笑ってはいけない地球防衛軍24時(本編)
放送期間 2013年12月31日 - 2014年1月1日
放送時間 18:30 - 翌0:30
放送枠 笑ってはいけないシリーズ
放送分 360分
回数 1
未公開映像一挙公開SP!!
放送期間 2014年1月3日
放送時間 金曜日18:30 - 20:54
放送枠 笑ってはいけないシリーズ
放送分 114分
回数 1
完結編
放送期間 2014年1月5日
放送時間 日曜日23:26 - 23:56
放送枠 ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!
放送分 30分
回数 1
テンプレートを表示

年明けの1月3日18:30 - 20:54には未公開シーンを集めた『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!お見逃し&未公開一挙公開SP!!』(ダウンタウンのガキのつかいやあらへんで おみのがしアンドみこうかいいっきょこうかいスペシャル)がテレビ大分を除くNNS28局[注 1]で放送された[注 2]。他、1月5日のレギュラー放送では未公開シーン、1月12日のレギュラー放送では番外編がそれぞれ放送された。レギュラー放送を遅れネットで放送しているNNS6局におけるレギュラー放送における未公開シーンの放送は、テレビ岩手中京テレビ広島テレビ四国放送福岡放送は通常の遅れ日数で放送した他、読売テレビ1月15日に10日遅れで放送順を入れ替える形で放送した[注 3]

概要編集

「笑ってはいけないシリーズ」の通算11作目で、オンエアが歴代シリーズ最長タイとなる6時間(未公開を含むと最長記録の8時間30分を超えて9時間に更新)となる。『絶対に笑ってはいけない病院24時』から引き続き、ガキの使いメンバー5人で罰ゲームを実施する。

この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。
地球防衛軍24時のメンバー
(セリフテロップの色)
第一印象 コードネーム お仕置き(ケツバット)を受けた回数
浜田(青 紅一点 女性隊員 オスゴリラ 226回(キス5回、電流3回)
松本(赤 マッチョパパ隊員 まつもときんに君 299回(キス1回、電流3回)
方正(緑 勝手に改名隊員 落研 240回(ビンタ2回、電流3回)
遠藤(橙 男前野球バカ隊員 ヒルナンデス! 208回(タイキック1回、キス1回、ヘッドバット1回)
田中(紫 ガリガリシャクレ隊員 アゴ人間 221回(タイキック1回、電流3回)
藤原(黒 男性隊員 - -

数字は罰を受けた回数、このうち一番多いメンバーを赤字、少ないメンバーを青字で示す。DVDは2014年12月3日第20弾としてブルーレイと通常版4巻に分けて発売された。

舞台編集

 
地球防衛軍訓練センターのロケ地・富士スピードウェイ(写真はピットレーン。2006年10月撮影)

舞台は「ガースー黒光り地球防衛軍」(ガースーくろびかりちきゅうぼうえいぐん、GAASUU KUROBIKARI DEFENCE FORCE OF EARTH、GDFE)として、静岡県御殿場市の「富士フェニックス短期大学」跡地(本部)[注 4]と静岡県駿東郡小山町の「富士スピードウェイ」内(訓練センター)でのロケが行われた。また、GDFEのコスチュームは科学特捜隊の制服がベースになっている[注 5]

視聴率編集

平均視聴率は第1部(18:30 - 21:00)が19.8%、第2部(21:00 - 翌0:30)が17.2%を記録し、シリーズ歴代最高視聴率を更新した(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)。『NHK紅白歌合戦』の裏番組として民放の中ではトップを記録した。

2014年1月3日に放送された『お見逃しも未公開も一挙大公開SP!!』は13.2%を記録した(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)。

 スケジュール 編集

・am8:00-勤務開始→バスネタ①(一部未公開)→ガースー銅像(未公開)→長官挨拶

・am9:30-引き出しネタ①→マツコネタ①(未公開)

・am10:30-マツコネタ②

・am11:00-昼食

・am11:30-合同訓練、サークル勧誘(未公開)

・pm0:30-マツコネタ③、査問委員会(未公開)

・pm1:30-バスネタ②

・pm2:30-引き出しネタ②

・pm3:00-劇団ひとりネタ

・pm3:30-捕まってはいけない地球防衛軍、ローラネタ(未公開)、武道場(未公開)

・pm7:00-なりすまし部隊①(未公開)、体張り対決

・pm9:00-帰還記念式典、中川礼二&次長課長河本(未公開)

・pm10:30-なりすまし部隊②(未公開)、報告会

・am0:00-ジミーVTR①、バスで本部へ、ジミーVTR②(未公開)

・am1:00-驚いてはいけない地球防衛軍

・am3:00-エンディング

出演者編集

本編編集

引率
バス内
GDFE本部行きバス内
GDFE訓練センター行きバス内
  • 日村勇紀バナナマン) - 売れない芸人「ダブルチーズケーキ」・ジョーカー
  • 土屋アンナ - 売れない芸人「ダブルチーズケーキ」・キャットウーマン
  • 板尾創路130R)- GDFE幹部
  • 板尾の嫁 - GDFE幹部
  • 菅賢治 - 老舗マッチングサイト「スガクル」のイメージキャラクター
GDFE本部
新人合同訓練
GDFE大阪寝屋川支部
GDFE保安部 報告会議
VTR内
親愛なる父へ
ガースー塩大福紹介VTR
GDFE託児所
宣戦布告の脅迫映像
  • コモド星人の司令官
GDFE訓練センター
  • LiLiCo - 男子トイレから出てきた女
  • 劇団ひとり - 卒業アルバムを破きに来た男
  • ロッカーの中に入ってた宇宙人(丸くて太ったグレイで、後に方正と友情を結んでしまった)
捕まってはいけない地球防衛軍
海上部隊基地
上島部隊
出川部隊
帰還記念式典
絶対に驚いてはいけない地球防衛軍
  • 叶恭子(叶姉妹) -ドロンジョに扮した侵略軍ボス
方正・ココリコのパート
ダウンタウンのパート
全員のパート
  • 木下隆行TKO)- 2013年のキングオブコントで披露した人形のキャラクター
  • エンドーマン[注 6]
    • 遠藤の父親 - エンドーマン1号
    • 遠藤の母親 - エンドーマン2号
    • ヤッターワン
終了時

未公開シーン編集

2014年1月3日OAの2時間30分特番と1月5日OAのレギュラー枠で放送。

2014年1月3日編集

バス内
GDFE本部行きバス内
GDFE本部
  • マツコ・デラックス - 女子高生
  • 竹内力 - GDFE査問委員会 議長
  • 千原ジュニア千原兄弟)- GDFE査問委員会 副議長
  • 新おにぃ(前島コーイチ) - ニセ地球人
  • 遠藤の父親 - 遠藤の最低知能指数未満疑惑の見届け人
  • 遠藤の母親 - 遠藤の最低知能指数未満疑惑の見届け人
  • 遠藤の弟 - 遠藤の最低知能指数未満疑惑の見届け人
  • 千秋 - 遠藤の最低知能指数未満疑惑の見届け人(遠藤の元嫁)
  • 森崎友紀 - 遠藤の最低知能指数未満疑惑の見届け人(遠藤が口説き損ねた女)
GDFE訓練センター
  • 関根勤 - GDFE護身術道場 師範代・藤岡弘、
  • 壇蜜 - GDFE護身術道場 師範代の一番弟子
  • 板尾創路(130R)- GDFEなりすまし部隊隊員
  • 板尾の嫁 - GDFEなりすまし部隊隊員
  • 礼二中川家) - 近所の酔っ払い
  • 河本準一(次長課長)- 警官
VTR内
GDFEコールセンター
  • ジミー大西 - オペレーター「大西秀子」
絶対に驚いてはいけない地球防衛軍
全員のパート

2014年1月5日編集

サークル勧誘
ものまねサークル
合気道サークル
プロレスサークル
アイドル同好会
ダンスサークル
GDFE本部
  • ローラ - 「月刊 地球防衛軍」記者

主な出来事編集

まず5人は地球防衛軍の衣装に着替えてスタート(浜田だけ女装)、山崎は今回より「月亭方正」名義で出演した。そのため、お仕置きのコールが「方正 OUT」に変更となった。さらに藤原のアウトボイスの新音声が導入された。

バス車内『絶対に笑ってはいけない新聞社24時』から引き続き
  • スタートとなるバスに乗り、藤原がヘルメットを回収したところ、浜田が笑ったが監視役が見逃したため、セーフになった。
  • 最初に罰を受けたのは、藤原の笑いにつられてしまった浜田。その際、浜田へのお仕置きが遠藤の顔にも当たってしまった。結果、つられて笑ってしまった松本と遠藤自身も罰を受けるという不運なスタートとなった。
  • 早くも蝶野が登場。方正が番組の進行を妨げた理由で1回目のビンタを受けた。
  • 土屋アンナ日村勇紀のパクリネタ。
  • 板尾の嫁が『絶対に笑ってはいけない警察24時』(2006年末)以来7年振りの復帰を果たした。体型は変わっていたが、ダンスは変わっておらず、メンバーを爆笑の渦に巻き込んだ。
GDFE本部
  • 昼飯を賭けて行った替え歌でお題の料理を褒めるゲームで、品川が藤原の替え歌に対して「うまい!!」と言った直後お仕置き隊が間違って登場。「アレッ?」と言って帰って行った。その直後に全員が笑ってしまい、結局は全員が罰を受けた。
DVD
  • 田中の机の引き出しにある封筒の中に入っていた2枚のDVDを再生すると、1枚目は方正の娘2人からの感謝をつづった手紙が再生された。2枚目は田中の息子からの感謝をつづった手紙が再生されて田中の嫁の小日向しえも登場するという2枚とも感動的な内容であったが、2枚目の最後には息子の名前に田中タイキックが現われ、田中がタイキックを受けることになった(方正の時には2人の実名が出てきて、罰はなかった)[3]
新人合同訓練
  • 「くしゃみを出せ」の最後にアニマル浜口が「パピオン」が言った後、MISSIONは失敗した。
  • 「激臭鼻スプレーを避けろ」の途中で遠藤が「くさっ」と言った後、MISSIONは失敗した。
  • 「5ワードしりとり」のMISSION成功したのは大阪寝屋川支部、MISSION失敗したのは地球防衛軍本部だった。
GDFE訓練センター
  • 訓練センターでは田中の引き出しにDVD、方正の引き出しに手紙と塩大福の入った箱、松本の引き出しに携帯電話とマジックバルーンキット、遠藤の引き出しに塩大福2個が入った箱、浜田の引き出しにM1号の動くフィギュア(非売品)が入っており、さらに冷蔵庫にももう1体別のフィギュアが入っていた。なお、田中の机に入っていたDVDでは上記の塩大福の作り方が説明され、使われている塩は蛭子能収がエリート隊員として110℃のサウナを浴び、その汗から不純物を取り除いて加熱して抽出した「エリート塩」というモノで、既にその塩大福をガッツリ食べてしまった方正と遠藤が後悔していた。他に「3番の引き出し」という名の大きな蔵の中には宇宙人が入っており、「アイム ハングリー」と言っていた宇宙人に方正がバウムクーヘンをあげると指先が光り、方正が隊員の裏切り者だと疑われる原因となり、2回目の蝶野ビンタに繋がる[注 8]。松本も同じことをしたが、宇宙人に合わなかったのか、容赦なく払いのけた。
捕まってはいけない地球防衛軍
  • 3年ぶりに登場。松本は人質として監禁されて不参加。代わりに溝端が助っ人として、江頭2:50が鬼役兼罰ゲーム(ケツ噴射)の執行役として、脇阪寿一が罰ゲーム(ドライブ)の執行役としてそれぞれ参戦した。
驚いてはいけない地球防衛軍
  • 日本テレビ系列での同時ネット局では驚いてはいけない地球防衛軍で、庄司が折り紙を足で折った瞬間に2014年の年が明けた。

未公開の出来事編集

バス内
  • ふなっしーとちっちゃいおっさんと梅宮辰夫扮するマグロ番長のトリオ漫才が行われた。
GDFE本部
  • ガースー一世の銅像
  • マツコのネタ(女子高生)が行われた。松本は「しっちゃかめっちゃかや」とコメントした。
  • サークル勧誘
  • ジミー大西のコールセンター
  • 査問委員会で疑惑の人物を尋問する調査が行われて遠藤は「去年と同じ…」と呟き。最低知能指数を満たしていないという疑惑で遠藤にAとBの簡単な問題を解き、見届け人(遠藤の両親、弟、元嫁、口説き損ねた女・森崎友紀)の目の前だった。

最終的には議長(竹内力)から知能の最低基準を満たしていないとみなされタイキックを受けた。

GDFE訓練センター
  • 「捕まってはいけない地球防衛軍」のあとローラが登場し、週刊紙のインタビューを受けたが内容が適当でメンバーを誘い笑いさせていた。その後、関根勤扮する藤岡弘、と壇蜜(田中以降)の護身術が行われたが、遠藤が彼女(関根勤の元マネージャー)がいるにもかかわらず他の女性を口説いたことが関根にも伝わっていた。
  • 板尾のなりすまし
  • 方正が2回目の蝶野ビンタを受けた後、酔っぱらい(中川家・礼二)と警察官(次長課長・河本)が乱入。
  • 驚いてはいけないではゆうたろうが登場しメンバーを寄席に案内し、みかん・ミラクルひかる、梅垣弘明、野性爆弾・川島とガリットチュウ・福島がネタ披露しゆうたろうが最後は射殺された。レイザーラモンRGが山崎まさよしに扮してあるあるを披露したが全く受けず、蜘蛛の糸も不発に終わった。

あいうえお作文編集

(エンディング)お題:うまどし 作者:菅賢治
  • …うその無い
  • …まじめな道を
  • …どんどん歩きたい
  • SHELLYと歩きたい

主要スタッフ編集

  • ナレーター:広中雅志山田真一1月5日の未公開シーンのみ)
  • 企画構成:松本人志、浜田雅功
  • 構成:高須光聖/塩野智章、西田哲也、八代丈寛、鈴木雅貴、堀江B面、ゴージャス染谷、渡辺陽介、深田憲作、ビル坂恵、林龍雄、米田匡篤、土橋敬弘、白石拓也、坂本貴彦、細井新
  • TM:石塚功
  • TD/SW:林洋介
  • TDsub:山内新太、藤沼大輔
  • SW:村田陸彦
  • CAM:岩倉康宏、石渡裕二、水谷元保
  • VE:荻野谷直樹、篠原昭浩
  • MIX:木村宏志、大場悟、高岡彰吾
  • AUD:林晃志、竹内義拡
  • モニター:吉邑光司
  • イントレ:土田聡士、三津山富士夫
  • LD:山内圭
  • LO:森田恵太郎、帯金貴子
  • 美術プロデューサー:高野泰人、山本澄子
  • デザイナー:柳谷雅美、北原龍一、松木修人
  • 大道具:入江豊、矢口幸二、長谷部健治、泉慎一、橋本洸平、和田修吾
  • 衣裳:川上紗也加、岡崎清美、中森恵
  • 電飾:原口まどか、二階堂哲也
  • 小道具:佐々木洋平、吉田研治
  • 持道具:宗像由佳、木南さおり
  • 特殊効果:内山栄一
  • 結髪:高橋加奈子
  • スタイリスト:高堂のりこ、北田あつ子
  • メイク:OfficeMakise、小室あい
  • 特殊メイク:自由廊
  • イラストデザイン:安居院一展(アパッシュ)
  • 車両:関谷匡範(アルタイル)
  • リサーチ:野村直子(vispo
  • CG加工:QuadRoot
  • 楽曲制作:坂本秀一
  • フードコーディネーター:あまこようこ
  • 編集:細谷大輔、上坂一史
  • MA:日吉寛(RAFT
  • 音効:梅田堅、平澤亜希
  • TK:前田淳子
  • 技術協力:NiTRo共立ジャパンテレビ、バンセイ、ヌーベルバーグ、東京オフラインセンター、スタジオヴェルト、ビデオウイング、SDTエンターブライズ、テクノマックス、エイコー、ティスマンサービス、小輝日文、SANY、FVA、アーク・ビデオ、ベスコ、ビデオサービス、サークル、PYG、銀座サクラヤ、タリー、テックス、クリエイティブコーブ、アズボンド、ミックビジョン
  • 美術協力:日テレアート、中央宣伝、テレフィットテルミック、東京衣裳、京阪商会俳優座劇場フジアール、トライブ
  • ロケ協力:加藤学園御殿場キャンパス、富士スピードウェイ、小山町フィルムコミッション、樹空の森、和菓子 千代田、ジョイポリス、ロボット遊園地、キューズプラス、ビリケン商会、オタキック、高橋レーシング、合気道 石芯塾、Jumpin' Jack's/円谷プロダクション
  • 編成:久保真一郎
  • 営業:中西紅美
  • 宣伝:永井晶子
  • AD:阪口悠樹、大川太郎、小倉徹也、石橋風吾、小林剛史、内藤丈嗣、杉本龍海、関口正樹、藤原藍子、東村文弥、小島克也
  • 制作進行:中野浩之、松林友聖子
  • デスク:内野幸
  • AP:小林智武、松本あゆみ、原田智美、池田千草、清千里、土屋良介、橋本直美、金沢紀子
  • ディレクター:堤本幸男、但木洋光、鶴田哲朗、山本カンスケ、近藤創、名嘉鎮士、諏訪裕紀、島田健作、小紫弘三、小倉大輔、佐藤真吾、高木大輔
  • 演出:高橋敬治、田中竜登
  • プロデューサー:斎藤政憲中村喜伸、大沼朗裕、小林宏充、本間正幸
  • 総合演出:斉藤敏豪
  • 監修:柳岡秀一
  • プロデューサー・演出:大友有一
  • チーフプロデューサー:大野彰作
  • 総指揮:菅賢治
  • 協力:吉本興業
  • 制作協力:charie's ZORO、オフィスぼくらFact/オリオンクルー、ズーイ、アンメック、ロジックエンターテインメント
  • 製作著作:日本テレビ

ハプニング、不祥事編集

放送倫理・番組向上機構(BPO)は2014年1月28日に行われた青少年委員会において、田中と江頭による「お尻の穴に白い粉を詰めてオナラとともに顔に吹きかけるシーン」・「股間でロケット花火を受け止めるシーン」と、ジミーとヘイポーによる「赤ちゃんに扮した男性のオムツ換えのシーン」の3つのシーンに問題があるとして、『絶対に笑ってはいけない地球防衛軍24時』を審議入りすることを決定した[4]。BPOは同年2月12日に日本テレビに回答を求め、日本テレビは同年2月20日に回答書を大野チーフプロデューサー名でBPOに提出した[5][6]。日本テレビは回答書の中で、3つのシーンの放送時間に関しては「民放連が定める青少年配慮時間(17時 - 21時)に配慮してすべて22時以降に放送した」、股間でロケット花火を受け止めるシーンに関しては安全テストを行った上で「改良した花火で安全に配慮し行っています。マネをしないでください。と2回テロップを挿入した」、オムツ換えのシーンに関しては「ヘイポーによる赤ちゃんコントは過去にレギュラー放送で放送しており、今回はジミーと組み合わせることで笑いを届けることができると判断し採用した」などとそれぞれ回答した。

2014年3月6日に両者の間で意見交換を行い[7][8]、BPOは同年3月16日に「委員会の考え」としてまとめを発表した[9]。『ガキの使い』の企画がBPOの審議対象となったのは、2008年9月7日・14日放送の「テレビ業界初! 著作権あり罰ゲームを考える」以来となった。

脚注編集

注釈編集

  1. ^ a b 。テレビ大分の火曜日・木曜日および金曜日のゴールデンタイムの編成はフジテレビ系列の編成のため。
  2. ^ 。なお、テレビ大分も1月19日13:00 - 15:25に遅れネット(16日遅れ)で放送された。
  3. ^ 。テレビ岩手は2013年12月8日放送分の翌週に未公開シーンを放送したため、2013年の『おもしろVTRベスト10』は未放送となった他、読売テレビも遅れ幅回復のため『おもしろVTRベスト10』、番外編、2013年1月19日放送分は未放送となった。
  4. ^ 廃校直前の2006年には『絶対に笑ってはいけない警察24時』で使用された。短大廃校後の正式な施設名は「加藤学園御殿場キャンパス」。
  5. ^ ただし、オリジナルの科特隊制服にはないスカートタイプのものも存在する。
  6. ^ エンドーマンのロゴおよびヤッターワンのデザインは、日本テレビ系列(読売テレビ制作)で2008年 - 2009年に放送されたリメイク版『ヤッターマン』のものを使用。
  7. ^ 当然ながら当番組だけのオリジナルキャラであり、実際の大間町のゆるキャラではない。
  8. ^ その際、宇宙人が連呼した「ホウセイ マイ フレンド」という言葉は5人を何度も笑わせた。

出典編集

  1. ^ “ガキの使い”年越し特番が「笑ってはいけない地球防衛軍24時!」に決定!!
  2. ^ RBC番組表(インターネットアーカイブ2013年12月26日分キャッシュ)
  3. ^ なお、タイキック宣言時に田中以外の4人が笑ってしまい、タイキックを見届けた後にお尻をシバかれた。特に浜田や遠藤に至っては、号泣するほどであった。
  4. ^ 第153回放送と青少年に関する委員会放送倫理・番組向上機構 2014年1月28日
  5. ^ 貴質問書に対する回答書日本テレビ 2014年2月20日
  6. ^ 第154回放送と青少年に関する委員会放送倫理・番組向上機構 2014年2月25日
  7. ^ 第155回放送と青少年に関する委員会放送倫理・番組向上機構 2014年3月6日
  8. ^ 第155回青少年委員会『絶対に笑ってはいけない地球防衛軍24時!』意見交換概要放送倫理・番組向上機構 2014年3月6日
  9. ^ 第156回放送と青少年に関する委員会放送倫理・番組向上機構 2014年3月16日

外部リンク編集

笑ってはいけないシリーズ
前番組 番組名 次番組
絶対に笑ってはいけない地球防衛軍24時
(2013年)