メインメニューを開く

絶対に笑ってはいけない空港24時』(ぜったいにわらってはいけないエアポート24じ)は、2011年12月31日18:30(午後6時30分)から2012年1月1日0:30(午前0時30分、JST)にかけて日本テレビのバラエティー番組『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! 大晦日年越しSP』として放送された企画である[1]日本テレビ系列(NNS加盟)29局同時ネット。「笑ってはいけないホテルマン」と「笑ってはいけないスパイ」と2年連続遅れネットだったテレビ大分は「笑ってはいけない新聞社」以来同時ネットとなった。

絶対に笑ってはいけない空港24時
ジャンル 特別番組バラエティ番組
企画 松本人志浜田雅功(企画構成)
演出 大友有一
出演者 ダウンタウン
山崎邦正
ココリコ
藤原寛 ほか
ナレーター 広中雅志
プロデューサー 大友有一
制作 日本テレビ
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2011年12月31日 - 2012年1月1日
放送時間 18:30 - 翌0:30
放送枠 笑ってはいけないシリーズ
放送分 360分
回数 1
テンプレートを表示

年明けの1月8日にはレギュラー放送にて未公開シーンが放送された他、1月13日の『金曜スーパープライム』(テレビ大分を除くNNS28局)でも未公開シーンを集めた『ガキの使いSP完全版!!絶対に見逃してはいけない空港24時』(ガキのつかいスペシャルかんぜんばん!!ぜったいにみのがしていけないエアポート24じ)が放送された。

目次

概要編集

この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。
空港24時のメンバー
(セリフテロップの色)
第一印象 お仕置きを受けた回数(ケツバット
浜田(青 巨乳&ミニスカCA 288回(股間鷲掴み1回)
松本(赤 自業自得の骨折CA 302回
山崎(緑 お笑い素人CA 227回(タイキック、ビンタ1回、のど輪3回)
遠藤(橙 男前ド変態CA 224回(タイキック、もみくちゃ1回、キス2回)
田中(紫 不潔ノッポCA 231回(タイキック1回)
藤原(黒 美人CA -

数字は罰を受けた回数、このうち一番多いメンバーを赤字、少ないメンバーを青字で示す。

「笑ってはいけないシリーズ」の通算9作目で、オンエアが歴代シリーズ最長タイとなる6時間(未公開を除く、未公開を含むと最長記録の7時間を超える8時間30分に更新。)、『絶対に笑ってはいけない病院24時』からガキの使いメンバー5人で罰ゲームを実施。

DVDは2012年12月5日に第18弾として発売された。通常版は昨年に続き上巻・下巻に分けて発売、初回限定版では本編ディスク4枚に加えて、メイキング映像などを収録した特典ディスク1枚が入っている。

舞台編集

ガースー黒光りエアラインシステム」(ガースーくろびかりエアラインシステム)、通称GASGaasuukurobikari Airline System)として、茨城県高萩市の旧茨城県立高萩工業高等学校跡地と茨城県小美玉市茨城空港と茨城県行方市の「玉造海洋センター」内でのロケが行われた。VTR内ドラマ『キャビンアテンダント物語』のロケ地は千葉県芝山町航空科学博物館

視聴率編集

平均視聴率は第1部(18:30 - 21:00)が18.7%、第2部(21:00 - 翌0:30)が16.6%を記録し、当時のシリーズ最高視聴率を更新した(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)。『NHK紅白歌合戦』の裏番組の中では唯一の二桁視聴率、民放の中ではトップを記録した。

2012年1月13日に放送された『金曜スーパープライム』では平均視聴率13.1%を記録した(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)。

コラボキャンペーン編集

ダウンタウンと吉本芸人が出演しているジョージアエメラルドマウンテンシリーズのCMとのコラボ企画があり、2011年の展開を総括したロングCMが放送された。最後に放送されたCMでは山崎とココリコにも出番が与えられ、ナレーションは通常放送での担当が多い山田真一が行っている。

出演者編集

本編編集

引率
  • 藤原寛(ダウンタウン元マネージャー) - 引率の先輩CA
  • 松本専属SP - 階段などの移動をサポートした2人の外国人
バス内
GAS本社行きバス内
空港行きバス内
バス外
GAS本社
新人研修現場テスト大会
新人研修現場テスト大会に出場したライバルCA
チュウネンタル航空[3]
キモイタリア航空[4]
オネールフランス航空[5]
VTR内
『キャビンアテンダント物語』(スチュワーデス物語のパロディ)出演者
CA研修用DVD
空港内
公民館
労働課
総務課
ブラックリスト空港従業員報告会
空港開港1周年記念式典
絶対に驚いてはいけない空港

山崎・遠藤のパート

浜田・田中のパート

松本を除く全員のパート

エンディング

未公開シーン編集

2012年1月8日OAのレギュラー枠と、1月13日OAの『金曜スーパープライム』で放送。

2012年1月8日未公開シーン出演者編集

GAS本社
空港内
  • 礼二(中川家) - 弁慶に扮した国際指名手配犯のテロリスト
  • 村上ショージ - 源義経に扮した国際指名手配犯のテロリスト
  • 剛(中川家) - 空港職員(荷物検査の保安官)

2012年1月13日未公開シーン出演者編集

バス内
GAS本社行きバス内
  • ワッキー(ペナルティ) - 猿の戦士
  • 原西孝幸(FUJIWARA) - 猿の戦士
  • あき竹城 - メスゴリラ
空港行きバス内
VTR内
GASおすすめスポットである箱根紹介VTR出演者
入国審査VTR出演者
  • ジミー大西 - 自称アメリカ人ダンサーの不法入国者
『混迷の世界経済〜復活への道〜』出演者
  • ジミー大西 - 国際派アナリスト「大西秀明」
  • 片山さつき - ジミーの対談相手
芸術鑑賞会(舞台『ベスト・キッド』)出演者
空港内
  • RYOTA - 無表情訓練に登場したマジシャン
  • 関暁夫 - 無表情訓練に登場したMr.都市伝説
  • 唐沢俊一 - 無表情訓練に登場した雑学王
  • 山口智充(DonDokoDon) - Mr.ビーンとヒクソン・グレイシーに扮した男

番組の流れ編集

ルール編集

  • お仕置きは「スパイ」と同じく、迷彩模様の服と赤い縁取りの黒い目出し帽を着用した「ブラックアーミー」による黒い棒でのケツバット
  • 判定方法は、監視役によって笑ったと判定された場合、不正解の判定音と藤原の声で「○○ アウト!」が放送される。今回は判定音がリニューアルされた。
  • 例外として遠藤・田中・山崎が1回タイキックを受けた。
  • また、「驚いてはいけない」に加えて「無表情訓練」が登場。

主な出来事編集

バス車内『絶対に笑ってはいけない新聞社24時』から実施
  • 初めに罰を受けたのは、松本が必死で笑いをこらえようと耐えていたのを噴出して笑った山崎。
  • 1亭目はバナナマンと伊藤の女子高生、2亭目はオリエンタルラジオの藤森と吉高由里子へ梅沢富美男にドッキリ2回にハッピーボーイ(岡田)。
GAS本社
  • 藤原によるスガダック(未公開)
  • スパルタ教育長(高橋恵子)がにしおかすみこに扮して登場。
  • マツコが遠藤をもみくちゃにし、山崎はのど輪を受ける。
引き出し
  • 訓練学校では山崎や浜田の机に自動引き出し(開けようとすると自動で飛び出す)、浜田の引き出しに似顔絵師や漫画家の書いた浜田の似顔絵と松本の娘が遊んだおもちゃ。
  • 松本の引き出しにメンバーのアイコラ写真とボタン(白地に『竜』)[8]、山崎の引き出しに、色黒の人形。田中の引き出しにDVDが2枚入っていた。
  • DVD1枚目は「キャビンアテンダント物語」(「スチュワーデス物語」のパロディ)というドラマが再生された。結末で堀ちえみが現われ、「実は、全員合格じゃなかったんです。田中だけアウトです。しかも、田中タイキックなんです。」という台詞を発言。ドラマが終わった後に田中がタイキックを受けた。
  • DVD2枚目は浜田のそっくりさん、マネージャー、中尾彬夫妻が登場(未公開)
  • 昼食では『頭文字長ワード選手権』でおかずを争奪しあう。(未公開)
  • 松本が携帯式トイレを使用。
  • 集会→集会のあと三田佳子が浜田の股間を鷲掴みする。
  • 部屋に戻ると机に黄色の『ゲ』とかかれたボタンがあり、ボタンを押すと白竜が鬼太郎に扮して山崎にのど輪。
  • その後、松本の引き出しに松本人形(『スパイ』で登場した浜田人形の松本バージョン)、遠藤の引き出しに松本人形と浜田人形(『スパイ』で登場したものと同じ)が入っていた。
新人研修現場テスト大会
  • この研修では、特別ルールとして、研修中は笑ってよい(笑ってもOUTになってケツをしばかれることはない)が、対決に負けた場合はタイキックを受けなければならない。
  • 1種類目のクイズ(10秒間で5人全員が答える問題)で遠藤と山崎が選ばれてタイキックを受けた[9]
  • 2種類目(もんまりバトル)は審査員の藤岡弘、の裁量で全員回避した。
研修室
  • 訓練の後、ジミーVTR、ミュージカル『ベストキッド』(未公開)、部屋に戻ると机にダウンタウン人形と番犬ガオガオの被り物。(一部未公開)
空港行きのバス
  • 1亭目はローラが乗るとき誘い笑いされる。
  • 2亭目はヤンキーと大滝秀治(関根勤)
  • 3亭目は2700と先程の関根勤がツネに扮して登場。
  • 4亭目はデヴィ夫人の子連れ狼(未公開)
茨城空港
  • 空港では菅人形、山崎のアイコラ写真(この2つは訓練学校で登場したものとまったく同じ)、松本の顔の福笑い、2人とも、ズボンが半分脱げてパンツ(イチゴ柄)が丸見えになっている松本人形・浜田人形(ちなみに菅人形はノーパンだった)が入っていた。
  • 無表情訓練(未公開)、笑ったり、笑ってなくても表情を崩したらアウトになる。
  • 公民館に行くときにしりとり(未公開)
    公民館『絶対に笑ってはいけないホテルマン24時』から実施。
  • 夕食(未公開)、チェックインカウンター
  • ジミーVTR『入国審査』(未公開)
  • 報告会
  • ジミーVTR(未公開)
  • 手荷物検査(一部未公開)
  • 荷物受け取り(未公開)
  • 空港1周年記念式典
絶対に驚いてはいけない空港(一部カット)
  • 日本テレビ系列での放送時、驚いてはいけないしりとりで八木真澄が出現した直後に2012年の年が明けた

DVDの出来事編集

  • 浜田と山崎の引き出しに番犬ガオガオの被り物が入っており、浜田に被らせ後ろを向くと(何故か)浜田以外のメンバーは笑いを誘わせた。

主要スタッフ編集

  • ナレーター:広中雅志
  • 企画構成:松本人志、浜田雅功
  • 構成:高須光聖、塩野智章/西田哲也、八代丈寛、鈴木雅貴、久保貴義、柳しゅうへい、ゴージャス染谷、渡辺陽介、福岡孝哲、深田憲作、山岡潤平
  • TM:石塚功
  • TD/SW:林洋介
  • SW:村田陸彦
  • CAM:石渡裕二、水谷元保、原島伸光、出野裕史
  • VE:中濱央友、篠原昭浩
  • VTR:町田和康、宮崎要祐
  • CCD:山内新太、藤沼大輔
  • MIX:木村宏志、大場悟、高岡彰吾、南雲長忠
  • モニター:吉邑光司
  • イントレ:稲葉和樹、日浅努
  • LD:山内圭、森田恵太郎
  • LO:帯金貴子/高橋政彦、横山杏奈
  • 美術プロデューサー:林健一、山本澄子
  • デザイナー:大竹潤一郎、高橋太一
  • グラフィックデザイナー:菊池眞純
  • 大道具:入江豊
  • 小道具:佐々木洋平、寺原吾一
  • 電飾:原口まどか
  • 造園:安澤淳
  • 花飾:花香恭子
  • 特殊効果:栗原寛亨
  • 衣裳:川上紗也加、有馬裕太
  • 持道具:三野尚子
  • スタイリスト:高堂のりこ、北田あつ子
  • メイク:興山洋子、外山奈津子
  • 結髪:高橋加奈子
  • イラストデザイン:安居院一展(アパッシュ)
  • リサーチ:野村直子(Vispo
  • 車両:関谷匡範(アルタイル)
  • CG加工:井鍋渉(QuadRoot)
  • 楽曲制作:坂本秀一
  • 編集:高野毅・一戸勇人(ヌーベルバーグ
  • MA:日吉寛(RAFT
  • 音効:梅田堅(佳夢音
  • TK:前田淳子
  • 技術協力:NiTRo共立ジャパンテレビジェイ・クルー、小輝日文、ティスマンサービス、バンセイ、FVA、SANY、ベスコ、ビデオサービス、アーク・ビデオ、サークル、PYG、西尾レントオール、共信コミュニケーションズ、銀座サクラヤ、麻布プラザ
  • 美術協力:日テレアート/中央宣伝企画、テルミックテレフィット、東京衣裳、京阪商会、奥松かつら、俳優座特功、ウエマサ、京花園、トライブ
  • ロケ協力:茨城空港、いばらきフィルムコミッション、高萩フィルムコミッション、茨城市立高萩清松高等学校、小美玉市役所、行方市玉造海洋センター、東京エー・アイ・シー、財団法人 航空科学館振興財団、箱根フィルムコミッション、箱根湯本観光協会、タカハシレーシング、栄光武道具、赤城乳業
  • 写真提供:アフロ日刊スポーツ
  • ウィッグ協力:フォンテーヌ
  • 衣裳協力:イーボル、キメラパーク、ブラック バイ マウジー、メルトヘルム澁谷
  • 編成:吉無田剛
  • 営業:阿部寿徳
  • 宣伝:永井晶子
  • ドラマ撮影:松原浩、難波利昭、森清知成
  • AD:鶴田哲朗/児玉萌、宮内聡仁、小坂道洋、三村美絵、大川太郎、前田匡寛、水谷洋平
  • 制作進行:小林智武、原田里美
  • AP:松本あゆみ、柳祐輔
  • デスク:内野幸
  • 映像コーディネイト:斎藤政憲
  • ディレクター:堤本幸男/名嘉鎮士、但木洋光、山本カンスケ、小紫弘三、島田健作、諏訪裕紀、荻原実、武石一也
  • 演出:高橋敬治、田中竜登
  • プロデューサー:中村喜伸、大沼朗裕、小林宏充、浜田和宏、所俊輔
  • 監修:柳岡秀一
  • 総合演出:斉藤敏豪
  • プロデューサー・演出:大友有一
  • チーフプロデューサー:竹内尊実(本編)、大野彰作(1月13日未公開)
  • 制作:森實陽三(1月13日未公開)
  • 協力:吉本興業
  • 制作協力:Fact、charie's ZORO、オフィスぼくらAX-ON
  • 製作著作:日本テレビ

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ “打倒紅白!「ガキ使」今年はCAでいくで〜”. デイリースポーツonline (デイリースポーツ). (2011年11月18日). http://www.daily.co.jp/gossip/article/2011/11/18/0004626114.shtml 2011年11月18日閲覧。 
  2. ^ 2012年1月14日公開、映画『ロボジー』の番宣として出演。
  3. ^ 元ネタはスターアライアンスに加盟していたコンチネンタル航空である。そのコンチネンタル航空も現在はユナイテッド航空へ統合された。
  4. ^ 元ネタはスカイチームに加盟しているアリタリア-イタリア航空である。
  5. ^ 元ネタはスカイチームに加盟しているエールフランスである。
  6. ^ この三県(当該地域に所在するNNS加盟局はテレビ岩手ミヤギテレビ福島中央テレビ)は2011年3月11日に発生した東日本大震災の被害が甚大であることから、アナログ放送の終了が延期となった。それ以外の地域では2011年7月24日に終了。
  7. ^ DVDではカットされている。
  8. ^ 白地に「竜」と書かれたボタンを松本が押すと白竜が登場。にらみを利かせながら入ってきて松本の前で「シー」と静かにするように促すと「プウッ!」っと屁をかまして去っていった。
  9. ^ 因みに遠藤がタイキックを受けた「名前に春夏秋冬の付く有名人」で千秋と答えたとみられているが、テロップには出なかったものの、キモイタリア航空にいた春日俊彰も正解である。

外部リンク編集

笑ってはいけないシリーズ
前番組 番組名 次番組
絶対に笑ってはいけない空港24時
(2011年)