絶縁破壊(ぜつえんはかい、英語: Electrical breakdown)とは、絶縁体に加わる電場の強さがある値を超えた時、電気抵抗が急激に低下し大電流が流れることをいう[1]落雷は、雲と地面の間に大きな電位差がある時、その間にある空気に加わる電場の強さが、閾値(約300万V/m)を超え、絶縁破壊が発生することによって起こる。

樹形(リヒテンベルク図形)状に不可逆的な絶縁破壊を起こしたアクリル樹脂のブロック (寸法 76 × 76 × 51 mm)。一面に電子ビームを照射し、推定220万ボルトの電位差を発生させた結果、生じた。

電線路モーターなどの電気機器においては、短絡(ショート)を防ぐために導体間に一定の空間を確保したり、絶縁被覆を行う。しかし、雷サージや配線ミスなどにより、設計された耐電圧絶縁耐力)を超える高い電圧が加わると、導体間に放電現象が起こって想定外の導通が起こる。

MOS(金属-酸化物-半導体)半導体素子は非常に薄い酸化被膜を絶縁層とするが、この層は人体に帯電する程度の微弱な静電気でも容易に破壊されるため、開発当初はその取り扱いに注意を要した。その後、半導体素子内部に保護ダイオードを形成することで、電荷を逃がす構造へ改良が進み、日常的な静電気による電子回路の故障は低減している。

出典編集

  1. ^ 第2版,日本大百科全書(ニッポニカ),世界大百科事典内言及, ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典,デジタル大辞泉,百科事典マイペディア,世界大百科事典. “絶縁破壊(ぜつえんはかい)とは” (日本語). コトバンク. 2020年7月25日閲覧。

関連項目編集