継子いじめ譚(ままこいじめたん)とは、昔話の形式の一種。名のとおり継子いじめ後妻が先妻の子を冷遇・虐待する)に関する昔話。

概説編集

継子が後に成功を掴み取るものと、殺された継子が姿を変えて告発するものとに大きく分けられる。後妻の実子が登場する場合、多くは『シンデレラ』のように実母(後妻)に加担したり、成功した継子を真似て失敗しひどい目に遭ったりするが、まれに『お月お星[1]のように継子を助ける話も存在する。

編集

脚注編集

  1. ^ a b お月お星』 - コトバンク
  2. ^ 紅皿欠皿』 - コトバンク
  3. ^ 姥皮』 - コトバンク
  4. ^ 伊豆箱根の本地』 - コトバンク
  5. ^ 白い嫁と黒い嫁』 - コトバンク

参考文献編集

  • 浜本隆志『シンデレラの謎――なぜ時代を超えて世界中に拡がったのか』河出書房新社、2017年。ISBN 4309625053

関連項目編集

外部リンク編集