メインメニューを開く

続サラリーマン出世太閤記

続サラリーマン出世太閤記』(ぞくサラリーマンしゅっせたいこうき)は、1957年11月12日東宝系で公開された日本映画。モノクロ。スタンダード。

続サラリーマン出世太閤記
監督 筧正典
脚本 笠原良三
製作 安達英三郎
出演者 小林桂樹
加東大介
安西郷子
白川由美
団令子
宝田明
音楽 松井八郎
撮影 鈴木斌
配給 東宝
公開 日本の旗 1957年11月12日
上映時間 93分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 サラリーマン出世太閤記
次作 続々サラリーマン出世太閤記
テンプレートを表示

概要編集

シリーズ第2作。本作では「日本自動車」の工場に転勤した主人公・木下秀吉が、ブローカー・黒田や仲間の誘いにもめげず、工場の機械を購入しようと悪戦苦闘し、本社転勤の辞令を貰うまでを描く。

ブローカー役は『社長シリーズ』で共演中の三木のり平

スタッフ編集

出演者編集

同時上映編集

おトラさん

参考文献編集

「演技者 小林桂樹の全仕事」(ワイズ出版) 393頁 1996年