メインメニューを開く

続・社長太平記』(ぞく・しゃちょうたいへいき)は、1959年3月15日に公開された『社長シリーズ』第7作の映画。製作、配給は東宝カラー東宝スコープ

続・社長太平記
監督 松林宗恵
脚本 笠原良三
製作 藤本真澄
製作総指揮 清水雅[要出典]
出演者 森繁久彌
加東大介
小林桂樹
三木のり平
音楽 松井八郎
撮影 西垣六郎
編集 大井英史
配給 東宝
公開 日本の旗 1959年3月15日
上映時間 104分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 社長太平記
次作 サラリーマン忠臣蔵
テンプレートを表示

目次

概要編集

前作『社長太平記』の続編で、シリーズでは初のカラーとなったが、松林宗恵監督が前作で降板したため、青柳信雄に監督が代わった(青柳がシリーズ監督を担当するのは『おしゃべり社長』を除けば唯一)。また音楽も、宅孝二から松井八郎に代わっている。

なお『社長シリーズ』は、1960年12月25日公開の『サラリーマン忠臣蔵』(監督:杉江敏男)まで1年9ヶ月休止し、その間に傍系作品『新・三等重役』シリーズ4作が製作・公開された。

スタッフ編集

キャスト編集

同時上映編集

海から来た男

外部リンク編集