メインメニューを開く

続・社長学ABC』(ぞく しゃちょうがくエービーシー)は、1970年2月28日東宝系で公開された日本映画。カラー。シネマスコープ。

続・社長学ABC
監督 松林宗恵
脚本 笠原良三
製作 藤本真澄五明忠人
出演者 森繁久彌
加東大介
小林桂樹
藤岡琢也
小沢昭一
関口宏
音楽 宅孝二
撮影 長谷川清
編集 岩下広一
配給 東宝
公開 日本の旗 1970年2月28日
上映時間 91分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 社長学ABC
テンプレートを表示

概要編集

社長シリーズ』の第33作にして最終作。本作では、前作で大社長になれずに会長止まりだった網野(森繁久彌)が、広島の珍味会社との業務提携を成功させ、念願の大社長に就任してシリーズ大団円となるという内容。この後、翌1971年には小林桂樹が社長を演じた傍流作品『昭和ひとけた社長対ふたけた社員』2部作(監督:石田勝心)が製作されるが、ヒットせずに終わった。さらに前後して、同年1月公開の『若大将対青大将』(監督:岩内克己)をもって『若大将シリーズ』が終結、そして同年12月公開の『日本一のショック男』をもってクレージー映画も終結し、既に1969年に終結した『駅前シリーズ』を含めて、東宝4大喜劇シリーズが全て終了となった。

1958年公開の『社長三代記』以来、(一部を除き)小林の母親役を演じた英百合子は、本作公開21日前の1970年2月7日に逝去、本作が遺作となった。

スタッフ編集

出演者編集

同時上映編集

幕末

参考文献編集

  • 「演技者 小林桂樹の全仕事」(ワイズ出版) 430頁・431頁 1996年