続千載和歌集』(しょくせんざいわかしゅう)は、15番目の勅撰和歌集。20巻。二条為世撰。文保2年(1318年)10月30日、後宇多法皇の院宣によって編纂が開始され[1]、同年4月19日に奏覧[1]元応2年(1320年)7月25日に返納された[1](下命日や奏覧日は諸説ある[1])。和歌所は長舜、連署は二条為藤二条為定・長舜・津守国冬津守国道、奉行は吉田定房が担当した[1]

正保2年刊行『二十一代集』の歌数は2148首[1]。『国歌大観』の歌数は2159首[要出典]。部立は、春上下・夏・秋上下・冬・雑体・羈旅・神祇・釈教・恋1~5・雑上中下・哀傷・賀である[1]。主な歌人は、後宇多院(52首)・西園寺実兼(51首)・二条為氏(42首)・二条為世(36首)・藤原為家(29首)・藤原定家(28首)などである[1]

「新後撰集と同じ撰者の事なれば、多くはかの集に変わらざるべし」(『増鏡』)と評された[1]。また、『万葉集』の歌人を撰入していること、巻頭作者が藤原定家であること、約2150首という大部の歌集であること、入集歌人が多様であることから、藤原為兼撰『玉葉和歌集』に対抗しようとしたものとされる[1]

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j 日本古典文学大辞典編集委員会 『日本古典文学大辞典第3巻』岩波書店、1984年4月、411頁。